Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

テーブルでスライサー

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013では、テーブルでも[スライサー]が使用できるようになりました。
Excel2010のピボットテーブルでスライサーが登場したのですが、Excel2013ではピボットテーブルだけでなくテーブルでもスライサーが使用できます。

スライサー

スライサーとは、ピボットテーブルとピボットグラフの絞り込み機能です。 YouTubeの音声はありません。 挿入タブのスライサーとは、ピボット ...

続きを見る

データ内のセルをアクティブにして、[挿入]タブから[テーブル]をクリックします。
テーブル

[テーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。自動選択された範囲を確認して、[OK]ボタンをクリックします。
[テーブルの作成]ダイアログボックス

[テーブルツール]タブ-[デザイン]タブにある[ツール]グループの[スライサーの挿入]をクリックします。
スライサーの挿入

スポンサーリンク
[スライサーの挿入]が表示されます。ここでは、[販売店]と[製品コード]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。
スライサーの挿入

2つのスライサーが表示されます。
スライサーの表示

スライサーの中のフィルードを選択することで絞り込みができるようになります。
スライサーで絞り込み

2つのスライサーを使って絞り込むこともできます。
2つのスライサーで絞り込み

絞り込みを解除するには、スライサーの右上にある[フィルターのクリア]をクリックします。
フィルターのクリア

また複数のフィールドを選択する場合は、[Ctrl]や[Shift]キーを使って選択します。
[Shift]キーは連続したフィールドの選択の時、[Ctrl]キーは離れたフィールドを選択する時に使用します。
フィールドの選択

また、スライサーを選択して、[スライサーツール]-[オプション]タブにある[スライサースタイル]からスライサーの配色を変更することもできます。
スライサースタイル

テーブルの関連記事です。

テーブルの活用

Excelのテーブルはとても便利なものです。通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分析 ...

続きを見る

テーブルのサイズ変更と解除

Excelでテーブルを作成した後、テーブルのサイズを変更する方法です。テーブルについては、テーブルの活用を参照されてください。 テーブルのサ ...

続きを見る

お勧め記事と広告

関連記事

Do Not Trackの有効/無効

IE10のインターネットオプションには、[常にDo Not Trackヘッダーを送信する]というチェック項目があります。 ウィンドウの右上に ...

条件付き書式で複数条件を結び付ける

Accessのフォームやレポートでは条件付き書式を設定することができます。 この条件付き書式で、複数の条件を満たされているかどうかを判定する ...

自動文章校正をオフにしても波線が消えない

Wordで 文章を入力していると、赤や青の波線が表示されることがあります。この波線は、スペルチェックや文章校正で指摘された箇所です。この波線 ...

氏名を姓と名のフィールドに分ける

Accessでしっかりテーブル設計をしていればいいのですが、なかなかそうはいかず、後からいろいろ注文を受けることになります。 氏名フィールド ...

図形やテキストボックスを固定する

Wordで図やテキストボックス、図形などを挿入した後、Enterキーを押すと図やテキストボックスまで移動してしまうことがあります。 改行して ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.