Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly, PDF & Email

テーブルでスライサー

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013では、テーブルでも[スライサー]が使用できるようになりました。
Excel2010のピボットテーブルでスライサーが登場したのですが、Excel2013ではピボットテーブルだけでなくテーブルでもスライサーが使用できます。

スライサー

スライサーとは、ピボットテーブルとピボットグラフの絞り込み機能です。 YouTubeの音声はありません。 [挿入]タブのスライサーとは、ピボ ...

続きを見る

テーブルの作成

データ内のセルをアクティブにして、[挿入]タブから[テーブル]をクリックします。
テーブル

[テーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。自動選択された範囲を確認して、[OK]ボタンをクリックします。
[テーブルの作成]ダイアログボックス

スライサーの挿入

[テーブルツール]タブ-[デザイン]タブにある[ツール]グループの[スライサーの挿入]をクリックします。
スライサーの挿入

[スライサーの挿入]が表示されます。ここでは、[販売店]と[製品コード]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。
スライサーの挿入

2つのスライサーが表示されます。
スライサーの表示

スライサーで絞り込み

スライサーの中のフィルードを選択することで絞り込みができるようになります。
スライサーで絞り込み

2つのスライサーを使って絞り込むこともできます。
2つのスライサーで絞り込み

絞り込みの解除

絞り込みを解除するには、スライサーの右上にある[フィルターのクリア]をクリックします。
フィルターのクリア

複数フィールドの選択

また複数のフィールドを選択する場合は、[Ctrl]や[Shift]キーを使って選択します。
[Shift]キーは連続したフィールドの選択の時、[Ctrl]キーは離れたフィールドを選択する時に使用します。
フィールドの選択

配色の変更

また、スライサーを選択して、[スライサーツール]-[オプション]タブにある[スライサースタイル]からスライサーの配色を変更することもできます。
スライサースタイル

テーブルの関連記事です。

テーブルの活用

Excelのテーブルはとても便利なものです。通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分析 ...

続きを見る

テーブルのサイズ変更と解除

Excelでテーブルを作成した後、テーブルのサイズを変更する方法です。テーブルについては、テーブルの活用を参照されてください。 テーブルのサ ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

ビューの切り替えができない

Access2013に限ったことではありませんが、ビューの切り替えができるフォームと出来ないフォームがあるんですが・・ との質問を受けること ...

複数のセルの値を一気に100万倍にするには

Excelで表内のセルの数値を単純にN倍したいと言う場合の簡単な方法です。 今回の質問は、大きな表内のセルの値を一気に1000000倍(百万 ...

ぬるっとした動きをオフにする

Excel2013を使ったことがある人は、わかると思うのですが、Excelでアクティブセルが移動するたびに後を追ってくるようなぬるっとした動 ...

複数ページの表示

Word2013で複数ページを表示する方法です。 [表示]タブの[ズーム]グループにある[複数ページ]をクリックします。 自動で縮小されて、 ...

フォームで入力と検索

ExcelでもAccessの単票フォームのような形で入力したり、検索したりすることができます。 1レコードずつ表示することができ、検索も新規 ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.