Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

テーブルでスライサー

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013では、テーブルでも[スライサー]が使用できるようになりました。
Excel2010のピボットテーブルでスライサーが登場したのですが、Excel2013ではピボットテーブルだけでなくテーブルでもスライサーが使用できます。

スライサー

スライサーとは、ピボットテーブルとピボットグラフの絞り込み機能です。 YouTubeの音声はありません。 挿入タブのスライサーとは、ピボット ...

続きを見る

データ内のセルをアクティブにして、[挿入]タブから[テーブル]をクリックします。
テーブル

[テーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。自動選択された範囲を確認して、[OK]ボタンをクリックします。
[テーブルの作成]ダイアログボックス

[テーブルツール]タブ-[デザイン]タブにある[ツール]グループの[スライサーの挿入]をクリックします。
スライサーの挿入

スポンサーリンク
[スライサーの挿入]が表示されます。ここでは、[販売店]と[製品コード]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。
スライサーの挿入

2つのスライサーが表示されます。
スライサーの表示

スライサーの中のフィルードを選択することで絞り込みができるようになります。
スライサーで絞り込み

2つのスライサーを使って絞り込むこともできます。
2つのスライサーで絞り込み

絞り込みを解除するには、スライサーの右上にある[フィルターのクリア]をクリックします。
フィルターのクリア

また複数のフィールドを選択する場合は、[Ctrl]や[Shift]キーを使って選択します。
[Shift]キーは連続したフィールドの選択の時、[Ctrl]キーは離れたフィールドを選択する時に使用します。
フィールドの選択

また、スライサーを選択して、[スライサーツール]-[オプション]タブにある[スライサースタイル]からスライサーの配色を変更することもできます。
スライサースタイル

テーブルの関連記事です。

テーブルの活用

Excelのテーブルはとても便利なものです。通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分析 ...

続きを見る

テーブルのサイズ変更と解除

Excelでテーブルを作成した後、テーブルのサイズを変更する方法です。テーブルについては、テーブルの活用を参照されてください。 テーブルのサ ...

続きを見る

お勧め記事と広告

関連記事

リボンの表示オプション

Office2013には、ウィンドウ右上に[リボンの表示オプション]というボタンあります。[最小化]ボタンの左側にあります。 この[リボンの ...

3枚目のスライド番号を1にするには

PowerPointで、スライド番号を挿入したいが、1枚目と2枚目にはページ番号を挿入せずに、3枚目のスライドからスライド番号1を開始したい ...

フォームのレコードを並べ替える

Accessの分割フォームをよく利用しています。フォームビューとデータシートビューが同時が表示され、Excelのフィルターと同じようにフィル ...

Wordの表で計算

Wordでも表のセルに簡単な数式や関数を入力して計算をすることができます。 [売上件数]の合計を求めたいと思います。 合計の隣のセルにカーソ ...

円柱や円錐のグラフを作成するには

Excel2013では、[グラフの挿入]から選択できるグラフの種類が大幅に減りました。 下はExcel2010の[グラフの挿入]ダイアログボ ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.