Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

行番号を使って連番を表示

投稿日:2017年1月9日 更新日:

関数を使って常に連番が並ぶようにすることができます。

行を削除しても連番を維持することができるので、番号を振り直す必要がありません。

サンプル表の確認

Excelで下の表のようにA列に[NO]フィールドがあって、1から連番が並んでいる表があります。

表

現状(関数未入力)

この表で4行目9行目を削除すると、下のように該当の番号が抜けてしまいます。

連番が抜けた表

連番にするためには、再度 セルを選択後、フィルハンドルをドラッグ(ダブルクリック)して、連番を振り直さなければなりません。

ちょっと面倒ですね。

連続データの振り直し

関数を使って常に連番を表示

こういうときに便利な関数があります。

セル[A3]には常に1を表示させたいので、[=ROW()-2]と入力します。

この関数をセル[A25]まで(連番を表示したいセルまで)コピーします。

フィルハンドルをダブルクリックしてもいいですね。

参考ROW関数は参照の行番号を返します。

ROW 関数 - Office サポート

ROW関数

関数の引数ダイアログボックスの説明には、下のように記されています。

参照には行番号を調べるセルまたはセル範囲を指定します。

範囲を省略すると、ROW関数が入力されている行番号が返されます。

ROW関数

下のように行を削除しても、

行の削除

連番を維持することができます。

便利ですね。

連番の維持

関連以下は、条件付き書式にROW関数を使った記事です。

アクティブセルの行に色を付ける

Excelで横に長い表を操作する場合、[ウィンドウ枠の固定]を使って列を固定して見やすくすることもできますが、それでも似たような数字が並んで ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.