リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

Print Friendly, PDF & Email

ゴールシークを使って目標を達成するための値を求める

投稿日:2017年6月23日 更新日:

Excelのゴールシークという機能を使うと、目標値を設定して特定のセルの値を変化させて、目標達成に必要な値を求めることができます。ここでは、例として年間100万円の貯蓄を目標として、毎月いくらの副収入があれば達成できるかというシミュレーションを行います。
ゴールシークのアニメーション

表の作成

表は、下のように作成します。お給料から毎月5,000円の貯金をして、年2回のボーナスでは10万円ずつ貯蓄できるという試算です。
変化させるセルは、副収入の値であるセルE4です。目標値となるセルは、セルG5です。
表の作成

数式の確認

数式は下のようになっています。下の画像は、[数式]タブの[ワークシート分析]グループにある[数式の表示]をクリックした状態です。[数式の表示]を再度クリックすると、数式は非表示になり元の状態になります。
数式の表示

ゴールシークの実行

[データ]タブの[データツール]グループにある[What-If 分析]をクリックしてメニューの中から[ゴールシーク]をクリックします。ポップヒントには、以下のように記されています。

必要な値に対し、適切な入力を探します。

ゴールシークの実行

[ゴールシーク]ダイアログボックスが表示されます。参考表内をクリックしたり、範囲選択する必要はありません。

  • [数式入力セル]には、目標値を求める数式が入力されているセルを指定します。
  • [目標値]には、目標値を直接入力します。
  • [変化させるセル]には、値を変化させるセルを指定します。

設定を確認したら、[OK]ボタンをクリックします。
ゴールシークダイアログボックス

結果は下のようになります。年間100万円貯蓄するには、毎月およそ6万円の副収入が必要ということになります。
ゴールシークの結果

反復計算の設定

数式によっては、ゴールシークは解答が見つからずに何度も計算を繰り返すことがあります。反復計算の設定をしておくと、計算を中断させたりすることができます。
設定するには、[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリックします。[Excelのオプション]の[数式]にある[反復計算を行う]から設定します。
Excelのオプション

ゴールシークについては、以下の記事でも解説しています。
ゴールシーク(逆算シミュレーション)

また、[ゴールシーク]はバージョンによってボタンの位置が変わっています。以下の記事を参考にしてください。
ゴールシークのボタンの位置

[What-If 分析]のメニューにある[シナリオの登録と管理]と[データテーブル]については、以下の記事を参照してください。

シナリオの登録と管理でシミュレーション

Excelには、[What-If 分析]ツールというのがあり、複数の異なる値を入力して結果をシミュレーションすることができます。[データ]タ ...

続きを見る

データテーブルを使って複数の計算結果を同時に表示する

Excelの[データ]タブにある[What-If 分析]の中にある[データテーブル]を使うと、複数の計算結果を同時に一覧形式で表示することが ...

続きを見る

ソルバーという分析ツールもあります。

ソルバーを使用して最適値を求める

Excelには、ソルバーという機能があります。ソルバーとは、数式の計算結果を目標値として設定して、その結果を得るために複数の制約条件を指定し ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

Excelを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

起動時に特定のフォームを開くには

Accessを起動したときに特定のフォームを開くようにするための設定です。特にメニューフォームを作成したら設定が必要になりますね。オプション ...

Edgeでリンクを新しいウィンドウで開くには

Windows10に標準搭載のEdgeでリンク先ページを新しいウィンドウで開く方法です。 Edgeでは、リンクをそのままクリックすると、同じ ...

ウィザードによるボタン作成後の埋め込みマクロ

Accessでは、ウィザードを使用して簡単にボタンを作成することができます。これについては、ウィザードを使ったコマンドボタンの作成で解説して ...

プレースホルダーのコピーはマスターで

PowerPointでプレースホルダー追加する場合は、スライドでコピーして追加するより、マスターで追加したほうが後々便利だと思います。Pow ...

ルックアップウィザードを使用して値のリストを設定(表示する値を入力して設定)

テーブルのデータ型には、[ルックアップウィザード]というのがあります。ルックアップウィザードを指定して、ウィザードに従って設定していくと、フ ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.