リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

縦棒グラフや折れ線グラフに平均値を追加するには

投稿日:2018年1月15日 更新日:

Excelで支店別の売上を棒グラフや折れ線グラフで作成した後に、平均値のラインを追加したいなと思われることもあると思います。その場合の方法を解説します。

【縦棒グラフと折れ線グラフの複合グラフ(組み合わせグラフ)】
棒グラフと折れ線グラフの組み合わせグラフ

【折れ線グラフ】
折れ線グラフ

関連横棒に平均値を表示する方法については、以下の記事で解説しています。

横棒グラフに平均値を追加するには

横棒グラフに平均値のラインを表示しようとすると、少し工夫しないと作成できません。折れ線グラフは、縦方向には作成できないので、代わりに散布図を ...

続きを見る

データの確認

グラフを作成するためのデータは下のようになっています。
グラフのデータ

縦棒グラフの作成

上記のデータを元に縦棒グラフを作成します。セル[A3]からセル[B9]までを範囲選択します。注意項目名を含めて選択します。

2-D縦棒から

[挿入]タブの[グラフ]グループにある[縦棒/横棒グラフの挿入]をクリックして、[集合縦棒]をクリックします。参考メニューの中のグラフをポイントするだけで、グラフを確認することができます。リアルタイムプレビューという機能です。クリックして確定する前に結果のグラフを確認することができます。確定前に結果を確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。

集合縦棒のポップヒントには以下のように記されています。ポップヒントには、グラフの使用目的などが記されていますので、グラフの選択に迷ったら、ポップヒントで確認するのもいいと思います。

この種類のグラフの使用目的:いくつかの項目の値を比較します。
使用ケース:項目の順序が重要でない場合に使います。

集合縦棒

下のようなグラフが挿入されます。
集合縦棒グラフの挿入

おすすめグラフから

または、[挿入]タブの[グラフ]グループにある[おすすめグラフ]をクリックします。[グラフの挿入]ダイアログボックスが表示されますので、[集合縦棒]をクリックします。参考[おすすめグラフ]は、Excel2013からの機能です。
おすすめグラフ

おすすめグラフについては、以下の記事が参考になると思います。

おすすめグラフに複合グラフを表示するには

Excel2013のおすすめグラフはとても便利です。 複合グラフの作成ならExcel2013の「おすすめグラフ」が便利 複合グラフですが、あ ...

続きを見る

Excel2016のおすすめグラフ

Excel2013から追加された機能に、「おすすめグラフ」というのがあります。集合縦棒グラフと折れ線グラフの複合グラフも数回のクリックで作成 ...

続きを見る

平均値を求める列を追加

データリストに平均値の列を追加します。セル[C3]に[平均]と入力します。
平均列の追加

隣のセルと同じ書式にするには

左隣りのセルを選択して、セルの右下に現れるにマウスポインタを合わせて、になったときに右へドラッグします。
フィルタオプションをドラッグ

右下に現れる[オートフィルオプション]をクリックして、メニューの中から[書式のみコピー]をクリックします。
オートフィルオプションの書式のみコピーをクリック

下のようになります。
書式のみをコピーした後のセル

[売上]と[平均]のセルには、[ホーム]タブの[数値]グループにある[桁区切りスタイル]の設定を事前に行なっています。
桁区切りスタイル

数式の入力

セル[C4]を選択して、[ホーム]タブの[編集]グループにある[合計]の▼ボタンをクリックして、メニューの中から[平均]をクリックします。
平均をクリック

下のように[AVERAGE]関数が挿入されます。売上値の範囲を選択します。ここではセル[B4]からセル[B9]までを選択します。
範囲選択

そして、絶対参照を付けるために[F4]キーを押します。範囲選択した後、[F4]キーをポンと押すと、下の数式バーのように[$]マークが挿入されます。(数式を下へドラッグしてコピーしても参照範囲が変わらないようにするためです。)
[Enter]キーを押して確定します。参考絶対参照については、以下の記事で解説しています。

相対参照と絶対参照と複合参照は【 F4 】キーで切替

セルの参照方法は、相対参照、絶対参照、複合参照があります。絶対参照と複合参照では、[$]を挿入する必要があります。このとき、直接入力しても構 ...

続きを見る

絶対参照を付加

求めた平均値を下のセルへコピーします。数式を入力したセル[C4]を選択すると、セルの右下にが現れます。そのにマウスポインタを合わせると、になるので、その時に下へドラッグします。ここでは、セル[C9]までですね。または、フィルハンドルがの時にダブルクリックします。ダブルクリックすると、隣の列と同じ行までコピーされます。注意隣の列に空白行があると、空白行の上の行までとなります。

C列に平均値が入力されました。
平均値

この平均値を追加したデータから、新しいグラフを作成する場合は、平均値を求めた表を作成後に新しいグラフを作成する場合を参照してください。

グラフにデータを追加

グラフを選択すると、データが選択されます。選択した範囲の右下の■にマウスポインタを合わせるとマウスポインタがの形に変わるので、その時に隣のセルへドラッグします。
データ範囲の拡大

グラフの対象範囲が拡大されて、平均値の棒グラフが追加されます。
グラフのデータを拡大後

平均値の棒グラフを折れ線グラフに変更

追加した平均値の棒グラフを折れ線グラフに変更します。平均値の棒グラフを選択して、右クリックします。ショートカットメニューから[系列グラフの種類の変更]をクリックします。
系列グラフの種類の変更

[グラフの種類の変更]ダイアログボックスが表示されます。[平均]の▼ボタンをクリックします。
[グラフの種類の変更]ダイアログボックス

グラフの種類の中から[折れ線]をクリックします。
折れ線グラフを選択

[平均]には、[折れ線]が選択されていることと、グラフのプレビューも確認して問題がなければ、[OK]ボタンをクリックします。
折れ線グラフを選択した状態の[グラフの種類の変更]ダイアログボックス

グラフは下のようになります。
変更後のグラフ

レイアウトの変更

レイアウトを変更する場合は、グラフを選択した状態で[デザイン]タブの右端にある[グラフのレイアウト]グループにある[クイックレイアウト]をクリックします。ここもリアルタイムプレビューの機能があるので、各レイアウトをポイントするだけで結果を確認することができます。ここでは、[レイアウト3]を選択します。
レイアウトの変更

グラフは下のようになります。
グラフレイアウトの変更後

グラフタイトルはセル参照で

グラフタイトルは、セル[A1]の文字列をリンクしたいと思います。
グラフタイトルのテキストボックスを選択します。数式バーにカーソルをおいて、[=]を入力した後にセル[A1]をクリックします。
グラフタイトルの変更

[Enter]キーで確定すると、下のようにグラフタイトルを変更することができます。もちろん、グラフタイトルは直接入力しても構いません
グラフタイトルの変更後

棒グラフを折れ線グラフに変更

もし、上記のような縦棒グラフと折れ線グラフの複合グラフ(組み合わせグラフ)ではなく、折れ線グラフのみのグラフにする場合は、売上の縦棒グラフを選択して右クリックします。ショートカットメニューから[系列グラフの種類の変更]をクリックします。
売上の系列で右クリック

[グラフの種類の変更]ダイアログボックスが表示されるので、[売上]の[集合縦棒]を[折れ線]に変更します。[売上]の▼ボタンをクリックして、グラフの種類を折れ線に変更します。
[グラフの種類の変更]ダイアログボックス

グラフは下のようになります。
折れ線グラフ

折れ線グラフの重なりを変更

[平均値]の折れ線を[売上]の背景へ移動させる場合の方法です。今は、[平均値]の折れ線が[売上]の折れ線の手前にあるので、それを逆にします。
グラフエリアを選択した状態で[デザイン]タブの[データ]グループにある[データの選択]をクリックします。
デザインタブのデータの選択

[データソースの選択]ダイアログボックスが表示されます。[平均]を選択して、[▲](上へ移動)ボタンをクリックします。[OK]ボタンをクリックして閉じます。
データソースの選択

グラフは下のようになります。
変更後のグラフ 平均値が売上の背景に配置されたグラフ

参考上記のグラフの重なりの変更方法は、同種類のグラフの場合のみに有効です。

データ系列の書式変更

データ系列の色を変更したい場合は、データ系列を選択して、ショートカットメニューから[データ系列の書式設定]をクリックします。

参考データ系列をダブルクリックしても書式設定を表示することができます。
ショートカットメニューから[データ系列の書式設定]をクリック

ウィンドウの右側に[データ系列の書式設定]が表示されますので、[線]の[色]から任意の色を選択して変更することができます。
[データ系列の書式設定]から色の変更

設定変更後、グラフは下のようになります。
設定変更後のグラフ

平均値を求めた表を作成後に新しいグラフを作成する場合

もし、売上グラフを作成する前で、平均値を求めた列を追加した後にグラフを新規に作成するのであれば、データ範囲を選択して[挿入]タブの[グラフ]グループにある[おすすめグラフ]をクリックします。

[グラフの挿入]ダイアログボックスが表示されますので、サンプルの中に目的のグラフがあれば、それをクリックして作成すると効率的です。おすすめグラフは、Excel2013からの機能です。
おすすめグラフ

関連以下は、折れ線グラフに関する記事です。

折れ線グラフの縦に目盛線や降下線を表示する

Excel2016で折れ線グラフを作成したとき、折れ線グラフと横軸の目盛の対応をはっきりさせるために下のように縦の目盛線を表示したい場合の方 ...

続きを見る

折れ線グラフに系列名をつける

Excelで下のような折れ線グラフを作成しました。 凡例に系列名が表示されていますが、 下のように各折れ線グラフの横に系列名を表示した方が分 ...

続きを見る

折れ線グラフを途切れさせない

Excel2013でデータに空白セルがあっても、折れ線グラフを途切れさせないようにする機能を紹介します。 たとえば、下のような空白セルがある ...

続きを見る

体重推移表と体重推移グラフを作ろう(朝と夜計測して平均を求める)

ダイエットのためには、毎日体重計に乗ることが一番なのだそうです。健康のためにも自分の体重の推移は記録して意識しておいたほうがいいですね。 E ...

続きを見る

折れ線グラフの種類と積み上げ折れ線グラフについて

Excelには、多くのグラフの種類があります。用途や目的に合わせてグラフを選択することができます。以下は、Microsoftのページです。 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数を学び直したい人はぜひ!

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

住所入力支援ウィザードを使って、郵便番号から住所を自動入力

Accessの住所入力支援機能を使うと、郵便番号を入力して、自動的に住所を入力することができます。郵便番号で変換できる住所までですが、入力の ...

ピボットグラフに展開/折りたたみボタン

Excel2016では、ピボットグラフに[フィールド全体の展開ボタン]と[フィールド全体の折りたたみボタン]が追加されました。 フィールド全 ...

テーブルの便利機能(テーブルに変換して効率アップ)

Excelのテーブルはとても便利なものです。通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分析 ...

スライドの向きを縦にするには

PowerPointでは、スライドの向きは既定では横向きになっています。それを縦向きにする方法です。 PowerPoint2007、2010 ...

予定表からすべての予定を削除するには

Outlookの予定表のスケジュールを1つずつ削除するには、削除したいアイテムで右クリックして、ショートカットメニューから[削除]をクリック ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.