Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Excel2003

ピボットテーブルの編集

投稿日:2017年1月9日 更新日:

作成したピボットテーブルを編集してみましょう。

日付のグループ化

日付を月単位に変更することができます。

[日付]フィールドで右クリックします。

ショートカットメニューの中から[グループと詳細の表示]→[グループ化]をクリックします。

ショートカットメニュー

[グループ化]ダイアログボックスが表示されます。

単位から[月]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。

グループ化

日付が月単位に変更されました。

月単位

データの種類によって、グループ化の基準は違います。

日付(秒、分、時、日、月、四半期、年) 数値(10ごとの範囲)

関連グループ化の関連ページです。

一週間単位の表示(Excel2010)

ピボットテーブルでの四半期(Excel2010)

ピボットテーブルの月グループを4月から並べたい(Excel2010)

ピボットテーブルで日付のグループ化ができない(Excel2013)

ピボットテーブルで日付のグループ化ができない

Excelでピボットテーブルを作成して、日付フィールドで[月]ごとのグループ化をしようとしてもできないことがあります。これは、見た目は日付に ...

続きを見る

グループ化を解除するには、グループ化したエリアで右クリックします。

ショートカットメニューの[グループと詳細の表示]から[グループ解除]をクリックします。

グループ解除

表示形式の変更

データエリアの金額を3桁区切りにしたいと思います。

データエリアのどこでもいいですから、クリックします。

右クリックしてショートカットメニューの中から、[フィールドの設定]を選択します。

ショートカットメニュー

あるいは、データエリアの中のセルを選択している状態で、[ピボットテーブル]ツールバーの[フィールドの設定]をクリックします。

ピボットテーブルツールバー

[ピボットテーブル フィールド]ダイアログボックスが表示されます。[表示形式]ボタンをクリックします。

ピボットテーブルフィールド

[セルの書式設定]ダイアログボックスが表示されます。

分類から、数値を選択して、[桁区切り(,)を使用する]にチェックを入れます。

[OK]ボタンをクリックします。

[ピボットテーブルフィールド]ダイアログボックスに戻りますので、[OK]ボタンをクリックします。

セルの書式設定ダイアログボックス

金額に桁区切りが表示されました。

金額に桁区切り

また、桁区切りを表示したい範囲を選択して、ツールバーの[桁区切りスタイル]をクリックでもできますが、できるだけ、上記のピボットテーブルフィールドの表示形式から設定されることをお勧めします。

[0]が[-]になったり、ピボットグラフへ反映しないことがあります。

桁区切りスタイルボタン

空白セルに[0]を表示する

ピボットテーブル内でクリックします。どこでもいいです。

[ピボットテーブル]ツールバーの[ピボットテーブル]をクリックして[オプション]をクリックします。

ピボットテーブルツールバー

[ピボットテーブル オプション]ダイアログボックスが表示されます。

[空白セルに表示する値]に[0]を入力します。

[OK]ボタンをクリックします。

ピボットテーブルオプションダイアログボックス

空白セルに[0]が表示されました。

空白セルに0を表示

ページエリアへの配置

ページエリアにピボットテーブルのフィールドリストから[担当]をドラッグします。

ページエリアへドラッグ

担当フィールドの▼をクリックします。

担当者別の集計結果を表示することができます。

[山本]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。

下のようになりました。このページエリアにはフィールドを4つまでドラッグで指定することができます。

ページエリアの切り替え

ページの表示

ページエリアの項目ごとにシートも作成できます。

担当は、[すべて]にしておきます。

ピボットテーブルを選択して(どこでもいいです)、ピボットテーブルツールバーの[ピボットテーブル]から[ページの表示]を選択します。

ピボットテーブルツールバー

[ページの表示]ダイアログボックスが表示されます。

[担当]が選択されているののを確認して、[OK]ボタンをクリックします。

ページの表示

下のように各担当ごとのピボットテーブルがワークシートに作成されます。

ワークシートの作成

ピボットテーブルツールバー

  • レポートの書式設定
    [オートフォーマット]ダイアログボックスが表示され、書式を自動的に設定できます。[レポート形式]と[テーブル形式]があります。
  • 詳細データの表示
    データエリア内のセルを選択して[詳細データの表示]をクリックすると、新しいシートに詳細データが表示されます。
    列エリア、行エリアの項目を選択して[詳細データの表示]をクリックすると、そのエリアに詳細が表示されます。
  • データの更新
    元データが変更された場合に使用します。
  • フィールドリストを表示しない
    フィールドリストは表示したり、非表示にすることができます。

ピボットテーブルツールバー

並べ替え

Blogのピボットテーブルの並べ替えで解説しています。

ピボットテーブルの削除

Blogのピボットテーブルの削除で解説しています。

関連以下は、ピボットテーブルに関する主なページです。

ピボットテーブルの作成

ピボットテーブルの作成

一つのデータをいろいろな視点から統計をとったり、分析したりする場合に使います。 元になる表は、領収書の項目をただ横並びに入力したようなものが ...

続きを見る

ピボットグラフ

ピボットグラフの作成

ピボットテーブルをもとにピボットグラフを作成することができます。 グラフウィザード ピボットテーブル内をクリックします。[ピボットテーブル] ...

続きを見る

ピボットテーブルのフィルター項目を各シートに分割(レポートフィルター ページの表示)

ピボットテーブルのフィルター項目を各シートに分割(レポートフィルター ページの表示)

Excel2010のピボットテーブルで、Excel2003のときに使用していた[ページの表示]はどこだろうと探してしまいました。 [ページの ...

続きを見る

ピボットテーブルの元データにはテーブルを適用すると便利(Excel2010)

ピボットテーブルの元データにはテーブルを適用すると便利

ピボットテーブルを作成した後、ピボットテーブルの元データの範囲が変わると、その度に[オプション]タブの[データソースの変更]をクリックしてダ ...

続きを見る

ピボットテーブルの日付のグループ化が自動に(Excel2016)

ピボットテーブルの日付のグループ化が自動に

Excel2016では、ピボットテーブルを作成した時に日付のグループ化が自動で設定されるようになりました。 例えば下のような売上数一覧の表か ...

続きを見る

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成(Excel2016)

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成

Excel2013以降には、ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成できるコマンドがあります。 ピボットテーブルの作成に慣れた方なら、グ ...

続きを見る

ピボットテーブルで合計値を横に並べたい

ピボットテーブルの元データ範囲の拡張を反映させるには(Excel2003)

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

記事を更新しました

複製コマンド

PowerPointには、オブジェクトを移動した位置と同じ間隔で複製することができる[複製]という機能があります。 その[複製]の使い方を解 ...

ダイアログボックスの各部の名前とその説明

設定などを行うときにダイアログボックスを表示しますね。 ダイアログ(dialog)とは[話し合い]という意味があるそうです。 ダイアログボッ ...

折りたたみ機能

Excelのワークシートで列や行の非表示/表示を度々行うのであれば、グループ化の設定をしてボタンをつけておくのも一つの方法です。 下のような ...

ハイパーリンクを一度に削除するには

Excelでハイパーリンクの設定してあるセルがたくさんある場合、一つ一つ消すのは面倒ですね。 参考Excel2010以降のバージョンでは一括 ...

生まれてから何日目?

今日は生まれてから何日目になるのか 計算してみましょう。 セル[A2]に誕生日を入力します。半角数字で区切りは/(スラッシュ)を使います。 ...

-Windows Xp & Office2003 Excel2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.