Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

POWERPIVOTの元データの確認

投稿日:

Excel2010からのアドインであるPowerPivotは、便利なのであれこれ活用していますが、時々 このピボットテーブルの元データはどこのデータだったかしらと思い出せないことがあります。
そういう時にPowerPivotの元データを確認する方法です。
※PowerPivotはビッグデータを分析できるセルフBIツールです。下の画像のような分析を視覚的に動的に表現することができます。

[POWERPIVOT]タブにある[管理]をクリックして、データを表示します。

スポンサーリンク
[既存の接続]をクリックすると、[既存の接続の選択]ウィンドウが表示されますので、ここで確認することがきます。

[編集]ボタンをクリックして、[接続の表示名]なども変更することができます。

Excel2010のPowerPivotについては、PowerPivotの元データを確認するにはで解説しています。

お勧め記事と広告

関連記事

個人用マクロブックの作成

Excelでマクロを作成するときは、通常 作業中のブックに保存しますが、個人用マクロブックを作成すると、Excel起動時に常に起動されるので ...

個人用テンプレートの保存場所

Windows7のOffice2010をOffice2013にアップグレードしました。 今日、Word2013で自作のテンプレートを使おうと ...

波線を消すには

Wordで 文章を入力していると、赤や青の波線が表示されることがあります。これは、入力ミスや表記ゆれがある場合に表示されます。指摘された間違 ...

ボタンをポイントした時のカーソルを指の形にするには

Access2007からの機能なんですが、あまり知られていないようなので紹介します。 Accessのフォームでコマンドボタンを作成して、マウ ...

Ctrl+Oでダイアログボックスを開くには

Office2013では、開くダイアログボックスを開くためのショートカットキー[Ctrl]+[O]キーを押すと、 [ファイルを開く]ダイアロ ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.