Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

Power View(パワービュー)ボタンの表示

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2016では、[Power View]ボタンは標準ではリボンに表示されていません。

[クイックアクセスツールバー]に表示させる方法と、[挿入タブ]に表示させる方法を紹介します。

一番簡単に表示させるのは、クイックアクセスツールバーに登録する方法だと思います。

クイックアクセスツールバーの[Power View レポートの挿入]

注意いつの頃からか分かりませんが、Excel2016でPower Viewを起動しようとすると、メッセージが表示されるようになっています。

セキュリティ上の理由から、ExcelのPower Viewなど、Silverlightのコントロールのアクティブ化がOfficeでブロックされました。

詳細:https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2011909

メッセージウィンドウ

メッセージウィンドウに記されているURLにアクセスしてみました。以下は日本語のページをリンクしています。

Microsoft Office でブロックされている Flash、Silverlight、衝撃波の制御 - Office サポート

なにやら、レジストリをいじらないと利用することはできないようです。

Officeサポートページ

レジストリキーのパッケージをダウンロードしてみることにしました。以下の箇所をクリックします。

Officeサポートページのリンク

上記のリンクをクリックすると、以下のページに移動します。説明に従って、操作しました。

スクリプト Registry keys to reenable Flash, Silverlight, and Shockwave in Office 2016

Excelを再起動すると、Power Viewを利用できるようになりました。

[クイックアクセスツールバー]に登録する方法

クイックアクセスツールバーの▼ボタンをクリックして、[その他のコマンド]をクリックします。

その他のコマンド

[Excelのオプション]の[クイックアクセスツールバー]が表示されます。

[コマンドの選択]のプルダウンから[リボンにないコマンド]をクリックします。

メニューの中から[Power Viewレポートの挿入]を選択して[追加]ボタンをクリックします。

右側に[Power Viewレポートの挿入]が追加されたことを確認して[OK]ボタンをクリックします。

コマンドボタンの選択

これでクイックアクセスツールバーに[Power Viewレポートの挿入]ボタンが登録されます。

クイックアクセスツールバーに表示されたコマンドボタン

[Power Viewレポートの挿入]ボタンをクリックして、下のメッセージが表示されたら[有効]ボタンをクリックします。

これでPower Viewを使用できるようになります。

メッセージウィンドウ

Power Viewの有効/無効は、[開発]タブの[COMアドイン]を表示して、[Microsoft Power View for Excel]のチェックボックスで切替えることができます。

[開発]タブの表示の方法は、開発タブの表示を参照してください。

Office2010で解説していますが、方法は同じです。

COMアドイン

データがないままPower Viewを起動すると、Power Viewフィールドには、下のように記されています。

データが含まれているセルの範囲を選択し、[挿入]タブの[Power View]をクリックします。

[挿入]タブに[Power Viewレポートの挿入]ボタンを追加するためには、リボンをカスタマイズする必要があります。

フィールドのポップヒント

[挿入]タブに登録する方法

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。

または、リボンで右クリックして、ショートカットメニューから[リボンのユーザー設定]をクリックします。

リボンのユーザー設定

[Excelのオプション]ダイアログボックスが表示されます。

右側の[リボンのユーザー設定]で[メインタブ]にしたまま[挿入]をクリックします。

参考[挿入]タブでなくても、ほかのタブでも構いません。

そして、[新しいグループ]をクリックします。

[バーコード]の下に[新しいグループ(ユーザー設定)]が追加されます。

新しいグループの作成

[新しいグループ(ユーザー設定)]を選択した状態で、[名前の変更]をクリックします。

任意の名前を付けます。

ここでは、「分析レポート」と付けています。

グループに名前付け

そのまま、今度は左側のコマンドの選択から[リボンにないコマンド]から[Power Viewレポートの挿入]を選択して[追加]ボタンをクリックします。

Powerviewレポートの挿入ボタンの追加

下のように左側に[Power Viewレポートの挿入]が追加されたことを確認して[OK]ボタンをクリックします。

リボンのユーザー設定確認

これで[挿入]タブを表示すると、[Power Viewレポートの挿入]ボタンが表示されます。

挿入タブ

Power Viewについては、Excel2013で解説しています。

PowerView(パワービュー)

Excel2013では、[Power View]という機能が追加されました。 どんなものだろうと何気に触っていたのですが、簡単に地図上にグラ ...

続きを見る

3Dマップを使って地図上にグラフを簡単作成と同じように地図上にグラフを表示させたりすることができます。

面白いですよ。

3Dマップを使って地図上にグラフを簡単作成

Excel2016の新機能です。 3Dマップというコマンドを使って、下のように地図上にグラフを簡単に作成することができます。 下の画像は、福 ...

続きを見る

PowerViewで作成

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.