Windows8 & Office2013 Excel2013

PowerView

投稿日:

Excel2013では、[PowerView]という機能が追加されました。
どんなものだろうと何気に触っていたのですが、簡単に地図上にグラフを表示できたり・・・本当にびっくりしました。

PowerViewのポップヒントには、[より的確なビジネス上の意思決定を行い、魅力的な対話型のレポートを作成します。]となっています。いやいや確かにそうだと思います。
まだ、触ったばかりで諸々の機能はわかりませんが、まずは簡単に地図上にグラフを作成する方法を紹介します。

PowerViewを使用するための前準備です。
[開発]タブの[アドイン]グループにある[COMアドイン]をクリックします。
[開発]タブが表示されていない場合は、下記の方法で表示します。
開発タブの表示 Office2010での解説ですが、操作は同じです。

[PowerView]のチェックボックスをオンにします。
[Microsoft Office PowerPivot for Excel 2013]のチェックボックスがオフであれば、これもオンにしておいたほうがいいと思います。オフでもPowerViewを使用することはできますが、PowerPivotも一緒に使用されるほうがいいと思います。
開発タブ

Excel2013のワークシートに下のような表があります。行数は3744行です。
ワークシート

[挿入]タブにある[パワービュー]をクリックします。
挿入タブ

スポンサーリンク

プログレスバーが表示されて、しばらくすると下のようなシートが現れます。シート名は[PowerView1]となっています。
PowerViewシート

この時点でPowerPivotのデータモデルにデータは追加されています。
下の画像は、[POWERPIVOT]タブの[管理]をクリックして表示したところです。
POWERPIVOT

自動で追加されたフィールドを削除して、もっと簡単なテーブルにします。
通常のピボットテーブルと違い、ドラッグで削除はできないようです。各フィールドの右横の▼ボタンをクリックすると、メニューが表示されますので、[フィールドの削除]をクリックします。または、フィールドの一覧のチェックボックスをオフにします。
PowerViewフィールド

[都道府県]、[製品コード]、[売上]の3つのフィールドにします。フィルドの削除

このテーブルをマップにしたいと思います。私の操作が正しいかどうかわかりませんが・・・
テーブル内を選択した状態で、[デザイン]タブの[視覚エフェクトの切り替え]グループにある[マップ]をクリックします。[マップ]のポップヒントには、[データ領域の視覚エフェクトをマップに切り替えます。]とあります。
マップ

マップボタンをクリックすると、下のようなメッセージバーが表示されます。[コンテンツの有効化]をクリックします。初回だけのようです。
コンテンツの有効化

すると、下のように地図が表示されます。大きさは、四隅に合わせてドラッグすることで調整することができます。このままでは、まだレポートではありませんね。
マップの表示

見やすいように[フィルター領域の最小化]ボタンをクリックして、マップの領域を広げます。
フィルター領域の最小化

[都道府県]フィールドを[場所]アイテムへドラッグします。
場所アイテムへドラッグ

そうすると、下のようになります。びっくりです!あっという間にこういうグラフができるんですね。
各都道府県の製品コード別の売上の割合です。やっぱりグラフはわかりやすいですね。
都道府県別マップ

PowerViewフィールドの[縦軸のマルチブル]から[都道府県]フィールドを削除してみます。下のように日本地図上に円グラフが表示されます。
縦軸のマルチブルからフィールドを削除
地図の右上には、拡大縮小ボタンもありますし、ドラッグで地図の位置を移動させることもできます。
拡大縮小ボタン

最初に作成したテーブルに戻す場合は、[デザイン]タブの[視覚エフェクトの切り替え]グループにある[テーブル]をクリックします。

この地図の背景を変えることもできます。
[レイアウト]タブに切り替えて、[ラベル]グループにある[マップの背景]をクリックします。
[道路マップの背景]、[反転したグレースケールの道路マップの背景]、[航空写真(衛星写真)マップの背景]、[グレースケールの航空写真マップの背景]の中から選択することができます。
マップの背景

【道路マップの背景】
道路のマップの背景

【反転したグレースケールの道路マップの背景】
反転したグレースケールの道路マップの背景

【航空写真(衛星写真)マップの背景】
航空写真(衛星写真)マップの背景

【グレースケールの航空写真マップの背景】
グレースケールの航空写真マップの背景

ポイントするとデータを表示することできます。
円グラフをポイント

マップを作成後も[デザイン]タブの[視覚エフェクトの切り替え]グループにあるコマンドを使って、簡単にグラフやテーブルに変更することができます。
視覚エフェクトの切り替え

作成したビュー以下の領域でクリックして、同じテーブルで複数のビューを作成することができます。マップと縦棒グラフなどを並べて表示することができます。
マップとグラフ

YouTubeにもアップしました。
 

ブログの関連ページです。
PowerViewでできないこと
PowerViewのタイル

Microsoftのページです。
Excel 2013 で Power View シートを作成する
Power View: データの調査、ビジュアル化、プレゼンテーション
Excel2016では、[PowerView]ボタンが表示されていません。カスタマイズして表示させる必要があります。PowerViewボタンの表示を参照してください。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

リンクテーブルのリンク先変更

Accessのテーブルで下のようにアイコンの左側に矢印がついていれば、これはリンクテーブルです。 メッセージの表示 このリンクテーブルを開こ ...

3つの条件を満たす値を求めるには

Excelでリストの中から、3つの条件を満たす値を求める方法です。 先日、職場で ちょっと難しい課題にぶつかってしまいました。 リストの中か ...

折れ線グラフに系列名をつける

Excelで下のような折れ線グラフを作成しました。 凡例に系列名が表示されていますが、 下のように各折れ線グラフの横に系列名を表示した方が分 ...

POWERPIVOT2013の計算フィールド

Excel2013のPowerPivotでは、[計算フィールド]というボタンが追加されました。 Excel2010のPowerPivotでは ...

見えるセルだけをコピーするには

Excelで下のような表があって、集計行のみを別表にしたいということがあります。 フィルタリングしてコピー ひとつの方法として、フィルタリン ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.