Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Excel2003

折りたたみ機能

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelのワークシートで列や行の非表示/表示を度々行うのであれば、グループ化の設定をしてボタンをつけておくのも一つの方法です。

下のような表があります。

列の表示/非表示

[合計]フィールドは非表示にしたいとき、合計の列(F列)番号で右クリックしてショートカットメニューの中から[表示しない]を選択する方法がありますね。

ショートカットメニュー 表示しない

再表示したい場合はE列とF列を選択して、右クリックのショートカットメニューから[再表示]を選択します。

ショートカットメニュー 再表示

グループ化

グループ化をすると・・

まず、グループ化したい列(F列)を選択します。列番号上で下向きの黒い矢印()のときにクリックするといいですね。

メニューバーの[データ]から[グループとアウトラインの設定]→[グループ化]をクリックします。

データメニュー

下のようになります。[詳細非表示ボタン](-)をクリックします。

詳細非表示ボタン

合計のフィールドを非表示にすることができました。

また表示したい場合は、[詳細表示ボタン](+)をクリックします。

詳細表示ボタン

B列からE列までを選択して、グループ化の設定をするとF列(合計)だけの表示にすることもできます。

合計のみ表示

グループ解除

解除する場合は、グループ化した行や列を選択して、メニューバーの[データ]から[グループ化とアウトラインの設定]→[アウトラインのクリア]、または[グループ解除]をクリックします。

アウトラインのクリア

また、詳細の表示/非表示は[Shift]キーとマウスのホイールボタンを使って操作することもできます。

以下の記事で解説しています。

詳細表示/詳細非表示は[Shift]キーで

参考ショートカットキーも便利です。 グループ化したい(折りたたみたい)列や行を選択して、

[Alt]キー+[Shift]キー+[→]キーを同時に押すと グループ化ができます。

[Alt]キー+[Shift]キー+[←]キーを同時に押すと グループ解除です。

関連Excel2016でも解説しています。

アウトラインの自動作成とグループ化

データをグループ化すると、アウトラインを作成することができます。 アウトラインが設定された表は、目的にあったレベルの詳細を表示したり、または ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows Xp & Office2003 Excel2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.