Windows Xp & Office2003 Excel2003

Print Friendly, PDF & Email

折りたたみ機能

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelのワークシートで列や行の非表示/表示を度々行うのなら、グループ化の設定をしてボタンをつけておくのも一つの方法です。

下のような表があります。

列の表示/非表示

[合計]フィールドは非表示にしたいとき、合計の列(F列)番号で右クリックしてショートカットメニューの中から[表示しない]を選択する方法がありますね。
ショートカットメニュー 表示しない

再表示したい場合はE列とF列を選択して、右クリックのショートカットメニューから[再表示]を選択します。
ショートカットメニュー 再表示

グループ化

グループ化をすると・・
まず、グループ化したい列(F列)を選択します。列番号上で下向きの黒い矢印()のときにクリックするといいですね。
メニューバーの[データ]から[グループとアウトラインの設定]→[グループ化]をクリックします。
データメニュー

下のようになります。[詳細非表示ボタン](-)をクリックします。
詳細非表示ボタン

合計のフィールドを非表示にすることができました。
また表示したい場合は、[詳細表示ボタン](+)をクリックします。
詳細表示ボタン

B列からE列までを選択して、グループ化の設定をするとF列(合計)だけの表示にすることもできます。
合計のみ表示

グループ解除

解除する場合は、メニューバーの[データ]から[グループ化とアウトラインの設定]→[アウトラインのクリア]、または[グループ解除]をクリックします。
アウトラインのクリア

また、詳細の表示/非表示は[Shift]キーとマウスのホイールボタンを使って操作することもできます。
詳細表示/詳細非表示はShiftキーでで解説しています。

参考ショートカットキーも便利です。
グループ化したい(折りたたみたい)列や行を選択して、
[Alt]キー+[Shift]キー+[→]キーを同時に押すと グループ化することができます。
[Alt]キー+[Shift]キー+[←]キーを同時に押すと グループ解除です。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

Officeクリップボード

コピーや切り取りを行うと、データは[Officeクリップボード]に最大24個まで保存されます。 クリップボード作業ウィンドウの表示 [クリッ ...

オートカルクとは数式不要の簡易計算機能

Excelのワークシートで数値が入ってるセルを範囲選択すると、ステータスバーの右の方に合計結果が表示されます。 この機能のことを[オートカル ...

リンク貼り付け

Excelの表をWordに貼りつけて、Excelのデータが変更されたらWordの表も自動的に変更出来るように設定してみましょう。 Excel ...

ファイルを探す

フォルダの中のファイルやフォルダを探すとき、目的のファイルやフォルダの頭文字をキーボードから押すだけで探すことができます。 もし、ドライブや ...

エクスプローラに罫線をつける

フォルダの階層構造を見るには、エクスプローラが便利ですね。 フォルダの作成、ファイルのコピー、移動、削除なども簡単にできます。 また、複数起 ...

-Windows Xp & Office2003 Excel2003

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.