リンクユニット

Google検索

Office 2019 Excel 2019

セルの動きがおかしい(範囲選択の解除ができない・シートが移動する)

投稿日:2020年2月28日 更新日:

Excelで操作中に、あれ?セルの動きがおかしいぞ!という現象に遭遇した方は多いと思います。

まず、Excelのステータスバーを確認してください。[選択範囲の拡張]や[ScrollLock]の文字があれば、解除は簡単です。

機能を知っていて使うのであればいいのですが、多くの場合は不意にキーボードのキーを押して普段の操作ができなくなるというケースです。

また、ノートパソコンで解除しようにも割り当てられたキーが分からないという時は、スクリーンキーボードを起動すると便利です。

Excelのステータスバー[選択範囲の拡張]と[ScrollLock]

参考セル移動時のアニメーションは、設定でオフにすることができます。

Excelのアニメーションをオフにするには

Windows10でExcelを起動して操作すると、下のようにセルを移動するたびにぬるっとした動きがあり、妙にイラッとします。 このアニメー ...

続きを見る

選択範囲の拡張

セルをクリックするたびに、選択範囲が変更される。どのセルをクリックしても、選択範囲の解除ができないという場合は、選択範囲の拡張モードになっていると思います。

何気にキーボードの[F8]キーを押してしまったのだと思います。

ステータスバーを確認

ステータスバーを確認すると、以下のように[選択範囲の拡張]という文字がありませんか?

ステータスバーの[選択範囲の拡張]

もし、表示されていなければ、以下の操作をして[ステータスバーのユーザー設定]を表示して設定を確認してみてください。

ステータスバーを右クリックして、[ステータスバーのユーザー設定]を表示します。

その中の[選択モード]のチェックが外れているかもしれません。既定ではオンになっています。

できれば、ここはオンにしておいたほうがいいと思います。

[ステータスバーのユーザー設定]-[選択モード]

[選択範囲の拡張]モードを解除するには

キーボードから[F8]キーを押してください。

キーボード[F8]キー

あるいは、[Esc]キーを押します。

参考[Esc]キーは解除キーとして覚えておいたほうがいいです。何か間違った操作をしたかもしれないという場合は、慌てずに[Esc]キーを押してみてください。キャンセルできる場合があります。

Excelで数式を入力している時なども間違えたと思ったら[Esc]キーを押してみてください。

キーボード[Esc]キー

ステータスバーの[選択範囲の拡張]の文字は消えて、通常通りのセル選択ができるようになります。

ステータスバーに[選択範囲の拡張]がない

[選択範囲の拡張]モードとは

キーボードから[F8]キーを押すことで、[選択範囲の拡張]モードに切り替わります。

これは、広い範囲を選択する場合に便利です。

通常であれば、[Shift]キーを使って範囲選択する操作が、[選択範囲の拡張]モードでは、[Shift]キーを使わずにセルをクリックするだけで、範囲選択ができるようになります。方向キーでも操作できます。

例えば、セル[A1]がアクティブになっています。セル[D5]まで範囲選択するとします。

[Shift]キーを押したまま、セル[D5]をクリックすると、範囲選択できます。

[Shift]キーを使って範囲選択

[F8]キーを押して、[選択範囲の拡張]モードにします。

セル[D5]をクリックするだけで、範囲選択ができます。

[選択範囲の拡張]モードで範囲選択

上記のような狭い範囲では、ドラッグしても変わりないですが、広い範囲を選択するような場合は[選択範囲の拡張]モードにすると効率的です。

知っていれば便利な機能ですね。

参考以下の記事でも解説しています。

範囲選択の解除ができない(範囲選択の拡張)

方向キーでセル選択ができずにシートが移動する

方向キーを使ってセルを選択しようとすると、セルはそのままで、なぜかシートが移動する。こういう場合は、スクロールロックモードになっていると思います。

何気にキーボードの[ScrollLock]キーを押してしまったのだと思います。

ステータスバーを確認

ステータスバーを確認すると、以下のように[ScrollLock]と表示されていませんか?

ステータスバーに[ScrollLock]と表示

もし、表示されていなければ、以下の操作をして[ステータスバーのユーザー設定]を表示して設定を確認してみてください。

ステータスバーを右クリックして、[ステータスバーのユーザー設定]を表示します。

その中の[ScrollLock]のチェックが外れているかもしれません。既定ではオンになっています。

[ステータスバーのユーザー設定]-[ScrollLock]

スクロールロックを解除するには

キーボードから、[ScrollLock]キーを押します。

キーボードによっては、[ScrLk]と印字されているキーボードもあります。

キーボードの[ScrollLock]キー

スクロールロックが解除されると、ステータスバーの[ScrollLock]の文字は消えて、通常通りのセル選択ができるようになります。

[ScrollLock]が解除されたステータスバー

参考ノートパソコンの場合は、[Fn]キーと他のキーとの組み合わせで割り当てられている場合があります。

[Fn]キーと[C]キーというような組み合わせの場合があります。ただし、メーカーによって異なります。

スクリーンキーボードを起動して解除

ノートパソコンなどで[ScrollLock]に割り当てられたキーが分からない場合は、スクリーンキーボードを使用する方法をお勧めします。

スクリーンキーボードは、[スタート]ボタンをクリックして、スタートメニューを表示させて[W]を探すと、[Windows簡単操作]があります。

その[Windows簡単操作]をクリックして展開すると、[スクリーンキーボード]がありますのでクリックして起動します。

Windows10のスタートメニュー

スクリーンキーボードの[ScrLk]をクリックすることで解除できます。

[ScrollLock]がオンになっていると、以下のように[ScrLk]キーは青くなっています。

スクリーンキーボード

参考スクリーンキーボードについては、以下の記事で解説しています。

設定でショートカットキー[Windows]+[Ctrl]+[O]で、スクリーンキーボードの使用を切り替えることもできるようになります。

スクリーンキーボードの起動とショートカットキー

Windows10でスクリーンキーボードを起動する方法です。Windowsの起動時の画面でも使用できるので、ログインパスワードもスクリーンキ ...

続きを見る

スクロールロックモードとは

スクロールロックをオンにすると、広い範囲の表を方向キーで表示することができます。マウスを使用したくない場合に便利です。

例えば、スクロールロックがオフの場合、セル[C1]がアクティブになっている時に[→]キーを押すと、セル[D1]へアクティブセルは移動します。

スクロールロックがオフで[→]キーを押す

スクロールロックがオンの場合は、[→]キーを押すと、アクティブセルは[C1]のままで、シートがスクロールします。

スクロールロックがオンで[→]キーを押した状態

参考スクロールロックについては、以下の記事でも解説しています。

方向キーでセルが動かず、ワークシート画面が動く

Profile

執筆者/はま

バージョンの確認

おすすめ記事と広告

-Office 2019 Excel 2019

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.