Windows 7 & Office 2010 Excel 2010

文字列を指定した回数繰り返すREPT関数の活用

投稿日:2017年1月9日 更新日:

下の表のように点数を星の数で表すと見やすくなりますね。

これは、REPT関数を使うと簡単に作成することができます。

点数を★の数で表示した表

REPT関数

セル[C3]に[=REPT("★",B3)]と入力します。

=REPT("★",B3)

あとは、オートフィルで数式をコピーします。

REPT関数

[関数の引数]ダイアログボックスには、以下のように記されています。

文字列を指定された回数だけ繰り返して表示します。

この関数を使用して、セル幅全体に文字列を表示することができます。

文字列には繰り返す文字列を指定します。

参考REPT関数は、文字列を指定された回数だけ繰り返して表示する関数です。

REPT 関数 - Office サポート(Microsoft)

フォントの色を変更

関数を入力したセルを選択してフォントの色を赤に変更すると、以下のようになります。

セルを選択してフォントを赤に変更

いろいろ工夫してみてください。

★を赤くした表

下位バージョンのExcelでもできますので、ぜひお試しください。

参考以下の記事は、応用編です。

[REPT関数]を使って縦棒を繰り返して棒グラフのように見せる

セル内に縦棒を繰り返して棒グラフのように見せることができます。 以下の記事と同じ方法で、REPT関数を使用します。 上記Webページでは、R ...

続きを見る

人口ピラミッド型グラフを[REPT関数]で作成

関数を使って、人口ピラミッドをグラフのように見せる方法です。 ここで使用する[REPT関数]は、以下の記事でも解説しています。 人口ピラミッ ...

続きを見る

条件付き書式を使用すると、セル内にデータバーを表示することもできます。

条件付き書式のデータバーを活用して点数をグラフ化

Excelの条件付き書式のデータバーを使用すると、セルの中の数値をグラフのように表示することができます。 Excel2010で試験の点数をデ ...

続きを見る

条件付き書式のデータバー

セルの中央に点線や直線を入力したいという場合は、[セルの書式設定]の[繰り返し]で設定できます。フォントの種類を変更することで、点線を直線に見せることもできます。

セルの中央に点線や直線を引くには

セルの中央に点線や直線を入力したいという場合の方法です。 セルの幅や高さを変更しても、点線や直線の長さもそれに伴い変更されるので、意外と便利 ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Excel 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.