リンクユニット

Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

[名前の管理]ダイアログボックスに削除できない名前がある

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Excelのワークシートで使用していない名前があるので、削除しようとしたら、削除できない名前があって少し考えてしまいました。

[名前の管理]ダイアログボックスで[削除]ボタンが無効になっているものは、テーブルで使用されている名前です。

[名前の管理]ダイアログボックスの表示


[数式]タブにある[名前の管理]をクリックして、[名前の管理]ダイアログボックスを表示させます。

名前の管理

ショートカットキーは、[Ctrl]+[F3]です。

キーボード[Ctrl」+[F3]

複数の名前がある中で選択して[削除]ボタンをクリックして削除できるものもあるのですが、

名前の削除

中には、[削除]ボタンが無効のものもあります。

この削除できない名前は、テーブル名として使用されているものです。

削除できない名前を削除する方法を以下で紹介します。

削除ボタンが無効

[名前ボックス]で削除できない名前を選択

シートの左上にある[名前ボックス]で削除できない名前を選択します。

名前の範囲が選択されます。

名前ボックス

テーブルを標準の範囲に変換

範囲内をアクティブにすると、[テーブルツール]タブが現れると思います。

[デザイン]タブにある[ツール]グループにある[範囲に変換]をクリックします。

範囲に変換

下の「テーブルを標準の範囲に変換しますか?」というメッセージウィンドウが表示されますので、[はい]をクリックします。

これで名前は削除されています。

メッセージウィンドウ

書式のクリア

範囲に変換しても、セルの背景色、文字色、罫線などの書式はテーブルのままになります。

書式が不要であれば、[書式のクリア]で削除してください。

範囲選択して、[ホーム]タブの[編集]グループにある[クリア]の▼ボタンをクリックして、[書式のクリア]をクリックします。

書式のクリア

また、書式を残したくなければ、先にテーブルのスタイルをクリアして、[範囲に変換]を実行する方法もあります。

テーブルのスタイルをクリアして[範囲に変換]

名前の管理で確認

確認のために[数式]タブの[名前の管理]をクリックして、[名前の管理]ダイアログボックスを表示してみます。

名前は削除されています。

名前の管理

Blogでも解説しています。

定義された名前とテーブル名

名前定義については、下のページも参考になると思います。

範囲が可変する名前定義

参考テーブルは便利な機能が多くあります。

テーブルの便利機能(テーブルに変換して効率アップ)

Excelのテーブルはとても便利なものです。 通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分 ...

続きを見る

Power Queryエディターで指定フォルダー内の複数ブックのテーブルを結合する場合は、テーブル名が統一されている必要があります。

Power Queryでフォルダー内のすべてのファイルのデータを結合

ExcelのPower Queryを使って、指定したフォルダー内の複数ファイルのデータを1つのテーブルに結合することができます。後でそのフォ ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.