Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

選択したセルの色でフィルター

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelで色分けした表を作成して、セルの色で絞り込む方法です。

Excel2007からの機能です。

便利なので、ぜひ活用してみてください。

色分けされた表

選択したセルの色でフィルター

絞り込みしたい(フィルタリングしたい)色が付いたセルで右クリックします。

ショートカットメニューから[フィルター]をポイントして[選択したセルの色でフィルター]をクリックします。

選択したセルの色でフィルター

参考ショートカットメニューの[フィルター]には、以下の4つのフィルターコマンドがあります。

かなり便利だと思います。

該当のセルがない場合は、フィルターは実行されません。

  • 選択したセルの値でフィルター
  • 選択したセルの色でフィルター
  • 選択したセルのフォント色でフィルター
  • 選択したセルのアイコンでフィルター

セルの色で抽出された表

表は、下のようにセルの色のみの表になります。

そして、自動的に[データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[フィルター]がオンになり、表の先頭行にフィルターボタン(▼ボタン)が表示されます。

フィルターボタン

参考このフィルターの設定は、色だけでなくさまざまな活用ができます。

フィルターと置換機能を使って不揃いのデータを整える

Excelのフィルター機能は、データのチェックをして整えるときにも便利です。 ピボットテーブルの元表には、統一されたデータがなければ、分析も ...

続きを見る

フィルターのクリア

フィルターを解除して元に戻すには、フィルターボタンをクリックして、プルダウンメニューの[フィルターをクリア]をクリックします。

または、プルダウンメニューの[色フィルター]の[セルの色でフィルター]にあるチェックボックスをクリックしてオフにします。

フィルターをクリア

フィルターモードの解除

フィルターボタンもオフにしたい場合は、[データ]タブの[フィルター]をクリックしてオフにします。

フィルターボタンは、印刷されることはありません。

フィルターボタン

下のようにもとに戻すことができます。

元に戻した表

フィルターモードのショートカットキー

Excel2007からですが、フィルターモードをオン/オフにするショートカットキーがあります。

頻繁に切り替える必要がある場合は、覚えておかれるといいと思います。

キーボード フィルターモードのオン/オフ

関連色付きのセルのみを集計する方法も解説しています。

Excel2010で解説しています。

色付きセルの集計はテーブルで(合計・個数など)

Excelの表でセルに色を付ける方は多いと思います。 この色付きのセルのみを合計したいという場合、Excel2007以降のバージョンであれば ...

続きを見る

また、セルの色で並べ替えを行うこともできます。

セルの色で並べ替え(条件を追加して複数キーによる並べ替えもできる)

Excel2007からセルの塗りつぶしの色で並べ替えや絞り込みができるようになりました。 ここでは、Excel2010でセルの塗りつぶしの色 ...

続きを見る

[並べ替え]の[レベルの追加]で複数の基準でデータを並べ替え

Excelのデータでセルに塗りつぶしを設定して色分けした表を作成している場合、セルの塗りつぶしの色で並べ替えることができます。 [並べ替え] ...

続きを見る

フィルターを実行して抽出したセル範囲に連番を振りたい場合の方法は、以下で解説しています。

フィルターで抽出したセル範囲に連番を振るには[可視セル]選択で

Excelのフィルターは、とても便利な機能です。さまざまな内容でデータを抽出できます。 その抽出したセル範囲に連番を振りたいという場合の方法 ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Profile

執筆者/はま

-Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.