Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

アンケート結果はピボットテーブルで簡単集計

投稿日:2017年12月19日 更新日:

アンケートをとって、顧客満足度などの調査をすることがあると思います。

アンケートをとった後は、集計しますね。その時、テーブルやピボットテーブルを活用すると、簡単に集計結果を求めることができます。

今は、Webでアンケートをとることも多いかと思います。

その場合もデータはダウンロードしてExcelで確認することができるようになっていると思います。

簡単なアンケート結果を元にピボットテーブルの機能を知っていただければと思います。

ピボットテーブルで分析

例えば、下のようなアンケートを作成したとします。

アンケート用紙

テーブルの作成

20名のアンケートを集計します。テーブルを使って、入力したものです。

テーブルを使って入力すると、下へ行を増やしたときも自動的にテーブルが拡張されていきます。

書式も引き継がれます

アンケート結果をテーブルで作成

テーブルの機能については、以下の記事にまとめています。

テーブルの便利機能(テーブルに変換して効率アップ)

Excelのテーブルはとても便利なものです。 通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分 ...

続きを見る

ピボットテーブルの作成

テーブルを元にピボットテーブルを作成します。

ピボットテーブルを作成するときは、テーブルを元に作成した方が便利です。理由は、以下の記事で解説しています。

ピボットテーブルの元データにはテーブルを適用すると便利

ピボットテーブルを作成した後、ピボットテーブルの元データの範囲が変わると、その度に[オプション]タブの[データソースの変更]をクリックしてダ ...

続きを見る

テーブル内のセルをアクティブにして、[ツール]グループにある[ピボットテーブルで集計]をクリックします。

ピボットテーブルで集計

以下のように[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。

[テーブル名]を確認します。

レポートを作成する場所は、[新規ワークシート]を選択した状態で[OK]ボタンをクリックします。

[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックス

新規ワークシートにピボットテーブルが作成されます。

空のピボットテーブルです。

[ピボットテーブルのフィールド]には、テーブルのフィールドのタイトルが表示されています。

空のピボットテーブル

参考Excel2013以降であれば、[おすすめピボットテーブル]から作成してもいいと思います。

[挿入]タブの[テーブル]グループにある[おすすめピボットテーブル]をクリックします。

おすすめピボットテーブル

以下の記事では、[おすすめピボットテーブル]について解説しています。

おすすめピボットテーブルは簡単便利

Excel2013には、[挿入]タブに[おすすめピボットテーブル]というのがあります。おすすめグラフと同じようにとても便利なものです。これま ...

続きを見る

性別、年代別の集計

まず、一番簡単な男女別の集計をしてみたいと思います。

[ピボットテーブルのフィールド]の[№]を[値]エリアへドラッグします。

そして、[性別]を[行]エリアにドラッグします。

ピボットテーブルは下のようになります。

ここから、少し修正していきます。

参考値エリアに設置したのが数値の場合は合計文字列や日付の場合は個数が集計されます。

性別の集計レイアウト

データの個数を求めるには

合計値をデータの個数の集計に変更します。

ピボットテーブルの合計値が表示されているセルで右クリックします。

ショートカットメニューの中から、[値フィールドの設定]をクリックします。

右クリックのショートカットメニューから値フィールドの設定

または、[値]エリアの[合計/№]で右クリックして、[値フィールドの設定]をクリックします。

どちらかで設定します。

値エリアのフィールドをクリックして値フィールドの設定

[値フィールドの設定]ダイアログボックスが表示されます。

[集計方法]から[個数]を選択します。

そして、[名前の指定]のテキストボックスに表示したいフィールド名を入力します。(ピボットテーブルを作成後に、フィールド名のセルを選択して直接変更することもできます。)

ここでは、[回答数]としておきます。[OK]ボタンをクリックします。

注意集計方法を設定した後、名前の指定をしてください。

[名前の指定]テキストボックスに入力した後に、集計方法を設定すると、元の名前になってしまいます。

値フィールドの設定ダイアログボックス

結果、ピボットテーブルは下のようになります。

ピボットテーブル

レイアウトの変更

ピボットテーブルの左上に[行ラベル]と表示されているのが、目障りに感じる方が多いと思います。

セルを直接編集して、別の名前を表示することもできますが、レイアウトを変更してフィールドの名前を表示することもできます。

ピボットテーブル内のセルをアクティブにして、[デザイン]タブの[レイアウト]グループにある[レポートのレイアウト]をクリックします。

既定では、おそらく[コンパクト形式で表示]になっていると思います。

アウトライン形式で表示]、または[表形式で表示]を選択するとフィールド名が表示されます。

ここでは、[表形式で表示]を選択します。

レポートのレイアウト

ピボットテーブルは、以下のようになります。

こちらのほうが分かりやすいですね。

これも立派な集計です。

表形式で表示 行ラベルはフィールド名に変更

年代別の集計を追加

上記のピボットテーブルの[列]エリアに年代別の集計を追加したいと思います。

[ピボットテーブルのフィールド]で[年代]フィールドを[列]エリアへドラッグします。これだけです。

ここで気になるのは、空白セルだと思います。

ここでは、40代と60代の女性のセルが空白になっています。

年代フィールドを列エリアにドラッグ

空白セルに0を表示

空白のセルに0を表示したいと思います。

ピボットテーブル内のセルをアクティブにして、[分析]タブの左端にある[ピボットテーブル]グループの[オプション]をクリックします。

分析タブのオプション

[ピボットテーブル オプション]ダイアログボックスが表示されます。

[レイアウトと書式]タブの[空白セルに表示する値]のテキストボックスに[0]を入力します。

[空白セルに表示する値]のチェックボックスはオンになっていることを確認します。

[OK]ボタンをクリックします。

ピボットテーブルのオプション

これで、空白セルに0が表示されるようになります。

空白セルに0を表示

質問の評価に対する性別の回答数

質問1の1から5までの評価は、どれが多かったのか知りたいですね。

先に作成したピボットテーブルを編集すれば早いですが、[年代別/性別]のピボットテーブルも残しておきたいですね。

ピボットテーブルをコピーして貼り付け

こういう場合は、ピボットテーブルをコピー&ペーストすると効率的です。

作成済みのピボットテーブルを範囲選択して、コピーします

そして、貼り付け先のセルを選択して、[貼り付け]ボタンをクリックします。

もちろん、ショートカットキーを使ってもいいです。

コピーは[Ctrl]+[C]、貼り付けは[Ctrl]+[V]ですね。

ピボットテーブルをコピーして貼り付け

注意ピボットテーブルどうしが重なるとメッセージが表示されますので、どのくらいの大きさになるか予測して貼り付け先のセル位置を選択してください。

メッセージウィンドウ

ピボットテーブルのレイアウトの変更

貼り付けたピボットテーブル内のセルをアクティブにします。

[ピボットテーブルのフィールド]で[年代]フィールドのチェックボックスをオフにします。

[問1]フィールドを[列]エリアにドラッグします。

クリックではなく、ドラッグします。

列エリアのフィールドを変更

参考各エリアから、フィールドを削除する場合は、フィールドをクリックしてメニューの中から[フィールドの削除]をクリックしてもいいです。

メニューからフィールドの削除

また、エリアの外へドラッグしてもいいです。

ドラッグすると、マウスポインタの右下に[×]が現れますので、その時にマウスから指を離します。

フィールドをドラッグして削除

テーブルのスタイル変更

同じようなスタイルが並ぶと分かりづらいので、スタイルを変更したいと思います。

スタイルを変更したいピボットテーブル内のセルをアクティブにします。

そして、[デザイン]タブにある[ピボットテーブル スタイル]の[その他]ボタンをクリックしてスタイルの一覧を展開します。

デザインタブ

マウスでポイントする(合わせる)だけで、スタイルを設定したときの結果を確認することができます。

リアルタイムプレビューという機能です。

確定前に結果を確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。

スタイルの変更

フィルター機能

ピボットテーブルでは、一つのデータから、レイアウトを変更して、様々な角度から分析できることが分かると思います。

以下は、問1の年代別の回答数を表示しています。

[フィルター]エリアに[性別]を設置しています。

フィルターエリアに性別フィールドを設置

[フィルター]に設定したフィールドは、ピボットテーブルの左上にボタンが表示されます。

▼ボタンをクリックしてメニューを表示します。

[女]を選択して、[OK]ボタンをクリックすると、

フィルターで女を選択

女性のみのデータが集計されたピボットテーブルになります。

[男]を選択すると男性のみのデータになります。

元のピボットテーブルに戻すは、フィルターボタンをクリックした時のメニューから[(すべて)]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。

女性のみのデータ(ピボットテーブル)

レポートフィルターページの表示

もう一つ、お役立ちの機能があります。

このフィルターに設定したフィールドは、各シートにフィルターごとのシートを作成することができます。

ピボットテーブル内のセルをアクティブにして、[分析]タブの左端にある[オプション]の▼ボタンをクリックして、[レポートフィルターページの表示]をクリックします。

レポートフィルターページの表示

[レポートフィルターページの表示]ダイアログボックスが表示されます。

[レポートフィルターページフィールド]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。

参考ここでは、表示されているフィールドは1つしかないですが、複数のフィールドを[フィルター]に設定している場合は、複数のフィールドが表示されますので選択してください。

[レポートフィルターページの表示]ダイアログボックス

フィルターごとのシートが作成されます。

シート名もフィルターの名前になっています。

以下は、[女]シートです。

作成された女シート

以下は、[男]シートです。

作成された男シート

フィルター項目が多数あっても、一瞬で複数シートにフィルターごとのピボットテーブルが作成されますので非常に便利です。

以下の記事でも解説しています。

ピボットテーブルのフィルター項目を各シートに分割(レポートフィルター ページの表示)

Excel2010のピボットテーブルで、Excel2003のときに使用していた[ページの表示]はどこだろうと探してしまいました。 [ページの ...

続きを見る

関連以下は、ピボットテーブルとピボットグラフに関する主なページです。

ピボットグラフのフィールドボタンを非表示にするには

Excelでピボットグラフを作成すると、自動的に「フィールドボタン」が表示されます。このフィールドボタンを非表示にする方法です。 フィールド ...

続きを見る

ピボットテーブルの列幅を固定する

ピボットテーブルで列幅を調整しても、[オプション]タブの[更新]ボタンを押すと、列幅が元に戻ってしまいます。列幅を固定する方法です。 [ピボ ...

続きを見る

ピボットテーブルのレイアウト変更

Excel2010でピボットテーブルを作成し、行ラベルに2つ以上のフィールドがある場合、行ラベルは縦に並びます。 レポートのレイアウトの変更 ...

続きを見る

ピボットテーブルの小計を末尾に表示する

ピボットテーブルで小計行を各グループの末尾に表示する方法です。 [デザイン]タブの[小計] 小計行を各グループの末尾に表示するには、[ピボッ ...

続きを見る

ピボットテーブルの元データにはテーブルを適用すると便利

ピボットテーブルを作成した後、ピボットテーブルの元データの範囲が変わると、その度に[オプション]タブの[データソースの変更]をクリックしてダ ...

続きを見る

ピボットテーブルのフィルター項目を各シートに分割(レポートフィルター ページの表示)

Excel2010のピボットテーブルで、Excel2003のときに使用していた[ページの表示]はどこだろうと探してしまいました。 [ページの ...

続きを見る

ピボットテーブルで日付のグループ化ができない

Excelでピボットテーブルを作成して、日付フィールドで[月]ごとのグループ化をしようとしてもできないことがあります。これは、見た目は日付に ...

続きを見る

おすすめピボットテーブルは簡単便利

Excel2013には、[挿入]タブに[おすすめピボットテーブル]というのがあります。おすすめグラフと同じようにとても便利なものです。これま ...

続きを見る

ピボットテーブルの月単位、週単位

ピボットテーブルで日付を月単位や週単位にグループ化する方法です。 下のようなピボットテーブルを作成しました。 ピボットテーブルについては、以 ...

続きを見る

ピボットテーブルの日付のグループ化が自動に

Excel2016では、ピボットテーブルを作成した時に日付のグループ化が自動で設定されるようになりました。 例えば下のような売上数一覧の表か ...

続きを見る

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成

Excel2013以降には、ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成できるコマンドがあります。 ピボットテーブルの作成に慣れた方なら、グ ...

続きを見る

ピボットテーブルで2個以上の値のレイアウトを変更する

ピボットテーブルでの四半期

超おすすめピボットテーブルを学習するなら、お勧めのテキストです。

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

記事を更新しました

数式を手書きで挿入

Office2016の新機能です。 Excel2016、PowerPoint2016、Word2016で手書きの数式を挿入することができます ...

ごみ箱をタスクバーにピン留め

Windows10で[ごみ箱]をタスクバーにピン留めする方法です。 ごみ箱をスタート画面にピン留めする方法は簡単ですが、ごみ箱をタスクバーに ...

Ctrl+Fで【検索と置換】ダイアログボックスを表示する方法

Word2010以降、[Ctrl]+[F]を押すと、[検索と置換]ダイアログボックスではなくて、画面の左側に[ナビゲーションウィンドウ]が表 ...

データモデルのデータを使ってピボットテーブルを作成する方法

Excel2013以降にはPowerPivotというビッグデータを分析できるアドイン機能が標準で搭載されています。 ただし、既定では有効にな ...

オブジェクトの配置

PowerPointでは、図形や画像を扱うことは多いと思います。 オブジェクトを配置するコマンドを上手に使って効率よく配置したいですね。 オ ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.