Windows Xp & Office2003 Excel2003

Print Friendly

連続データの簡単入力

投稿日:

Excelで連続データを簡単に入力する方法です。

フィルハンドル
セルA1に[1]が入力されています。
セルの右下にあるフィルハンドルをポイントします。

マウスポインタの形がになっていることを確認します。
マウスポインタ
そして そのまま下へドラッグします。

右下に[オートフィルオプション]ボタンが表示されたと思います。
オートフィルオプションボタン

スポンサーリンク

この[オートフィルオプション]ボタンをクリックすると下のように表示されます。
[連続データ]をクリックします。
連続データ
連続データの入力 範囲選択解除
連続データが入力できました。
範囲選択以外のセルをクリックして、範囲選択を解除しましょう。
このオートフィルオプションボタンは、次の操作にはいると消えるのですが
邪魔に思われる方は、他のセルを選択したあと[スペース]キーを押すといいです。
詳しいことは、Blogの[オートフィルオプション]ボタンをを消したいで解説しています。


※フィルハンドルは上下左右にドラッグして、データを入力できます。

左へ
フィルハンドルを左へドラッグ
右へ
フィルハンドルを右へドラッグ
上へ
フィルハンドルを上へドラッグ


今度は セルの右下のフィルハンドルにマウスを合わせて マウスポインタの形がになったら、
[Ctrl]キーを押したまま ドラッグしてみましょう。連続データが入力できました。
マウスポインタの形Ctrlキーを押したままドラッグ


もう一つの方法です。
今度は 1,2と連続して入力します。
各セルへ[1][2]を入力そして、右下のフィルハンドルにマウスを合わせて マウスポインタの形が+になったら、
そのまま下へドラッグします。
連続データが入力できました。
フィルハンドル       下へドラッグ


メニューバーを使っての操作です。
セルA1に[1]と入力します。そして、連続データを表示したい行までドラッグして範囲選択します。
1を入力後範囲選択
メニュバーの[編集]から[フィル]→[連続データの作成]をクリックします。
編集メニュー
[連続データ]ダイアログボックスが表示されます。
増分値が[1]になっているのを確認して、[OK]ボタンをクリックします。
この増分値の数値を指定することができます。
連続データダイアログボックス
できましたね♪
連続データの入力


今度は、右ドラッグを使いましょう。セルA1に[1]と入力します。
セルの右下のフィルハンドルにマウスを合わせて マウスポインタの形がになったら、
右ボタンをを押したまま ドラッグしましょう。
ショートカットメニューから[連続データ]をクリックします。(上の[連続データ]と同じです。)

右ボタンを押したままドラッグ
できましたね♪
連続データの入力
日付の入力オートフィルも関連した内容です。

Blogのオートフィルの右ドラッグ1.2.3.1.2.3と続けたい等も参照してくださいね。

お勧め記事と広告

関連記事

最近使用したファイル

WordやExcel、PowerPointなどでは、最近使用したファイルの一覧が表示されます。 Wordの文書を開きます。 メニューバーの[ ...

読めない漢字を入力する

1.IMEツールバーの[IMEパッド]をクリックします。 2.[手書き]をクリックします。 表示されましたか? [消去]ボタンをクリックしま ...

行区切りを一気に削除

Webページの文章をコピーしてWordに貼り付けすると、改行マークがたくさんあって邪魔に感じることがありますね。 Internet Expl ...

ウィンドウを見やすくしたい

ウィンドウの文字の大きさは、設定で大きくすることができます。デザインを変えてみましょう。 デスクトップの何もないところで右クリックします。 ...

文書の周りを飾ろう

文書の周りを飾りましょう。 メニュバーの[罫線]から[線種とページ罫線と網掛けの設定]をクリックしてください。 [線種とページ罫線と網掛けの ...

-Windows Xp & Office2003 Excel2003

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.