Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

オプションボタンの挿入

投稿日:

Excelでオプションボタンを挿入する方法です。
オプションボタンは、複数の選択肢の中から1つを選択するときに使用します。
また、ワークシート内でオプションボタンをグループ化して複数のグループを作成することができます。

[開発]タブをクリックします。[開発]タブが表示されていない場合は、開発タブの表示を参照してください。
[開発]タブの[コントロール]グループにある[挿入]から[フォームコントロール]の[オプション(フォームコントロール)]をクリックして、ワークシート内にオプションボタンを挿入します。
ここでは、4個のオプションボタンを挿入しています。
フォームコントロール
分かりやすいように、ワークシートの枠線は、[表示]タブの[表示]グループにある[枠線]のチェックボックスをオフにして非表示にしています。
枠線の非表示
挿入したままだと、4個のオプションボタンから1つだけが選択できるようになっています。
これをグループ分けするには、[挿入]から[グループボックス(フォームコントロール)]をクリックして、グループ化したいオプションボタンを範囲選択します。
グループボックス
スポンサーリンク

このグループの書式設定などは、右クリックしたショートカットメニューの[コントロールの書式設定]から行うことができます。
コントロールの書式設定
グループの名前は、グループ名でカーソルを表示して変更することができます。
このグループの枠線を非表示にしたいという質問を受けることがあります。

その方法です。
[ホーム]タブの右端にある[オブジェクトの選択と表示]をクリックします。
オブジェクトの選択と表示
選択の一覧から[Group Box 15]と[Group Box 14]の目玉マークをクリックします。これで枠線を非表示にすることができます。
グループボックスの非表示
[開発]タブの同じ[挿入]には、もう一つ[ActiveXコントロール]があり、ここにもオプションボタンがあります。
※できれば、こちらを使用されることをお勧めします。種々のカスタマイズができます。
ActiveXコントロール
[ActiveXコントロール]の[オプションボタン(ActiveX コントロール)]をクリックして、オプションボタンを挿入すると下のようになります。
この場合、オプションボタンをグループ化するには、オプションボタンを選択して、[プロパティ]をクリックして表示します。[GroupName]で任意の名前を入力します。
プロパティ
[ActiveXコントロール]のオプションボタンの場合、枠線は表示されません。
ActiveXコントロールのオプションボタン
Word2013でも解説しています。
オプションボタンのグループ化

[フォームコントロール]と[ActiveXコントロール]の違いについては、マイクロソフトのページを参照してください。
ワークシート内のフォーム、フォーム コントロール、および ActiveX コントロールの概要

お勧め記事と広告

関連記事

積み上げ縦棒グラフに合計値を表示

Excelで下のような表を元に積み上げ縦棒グラフを作成しました。その作成した積み上げグラフに合計値を表示する方法です。グラフの作成は、Exc ...

行と列の交差するセルの値を求める

Excelで下のようなマトリックス表があって、このマトリックス表の行と列の交差する値を関数を使って自動的に求める方法です。早見表などでも使用 ...

リンクテーブルのリンク先変更

Accessのテーブルで下のようにアイコンの左側に矢印がついていれば、これはリンクテーブルです。 メッセージの表示 このリンクテーブルを開こ ...

関数を使って氏名を分割

Excelで氏名の列を姓と名の列に分割したい場合がありますね。 区切り位置ウィザードを使用して分割する方法は、氏名の列を姓と名の列に分割で解 ...

コンボボックスの2列目の値を取得

Access2013のフォームでコンボボックスの2列目の値を取得する方法です。他のバージョンでも同じです。 商品テーブルは下のように[ID] ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.