Windows10 & Office2016 Excel2016

Print Friendly

3Dマップの編集とビデオ保存

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2016では、 3Dマップという機能が追加されました。

3Dマップを使って地図上にグラフを簡単作成

Excel2016の新機能です。 3Dマップというコマンドを使って、下のように地図上にグラフを簡単に作成することができます。福岡市の各区の人 ...

続きを見る

この3Dマップは、シーンを作成後 長さや効果をつけてメディアとして保存することができます。
作成済みの3Dマップを開く場合は、[挿入]タブの[3Dマップ]の[3D Maps を開く]をクリックします。

下のように[3D Maps の起動]ウィンドウが開きますので、開きたいツアー名を選択してクリックします。

スポンサーリンク

3Dマップが起動します。左側のウィンドウが[ツアーエディター]、右側のウィンドウが[レイヤーウィンドウ]と呼ばれます。ツアーエディター、レイヤーウィンドウ、フィールドリストは右側にある[表示]グループから表示/非表示の設定ができます。閉じる場合は、各ウィンドウの右上にある✖ボタンでもできます。

ツアー名は、ツアーエディターから変更できます。

シートの時間や効果を付ける場合は、[シーンのオプション]をクリックします。

または、ツアーエディターのシーンをポイントして右下にある歯車マークをクリックします。

シーンの長さは既定では、10秒です。ここで[シーン名]をつけることができます。

また、効果は円、ドリー、8の字形、フライオーバー、プッシュイン、地球儀の回転です。[切り替え効果の再生時間]は、前のシーンからこのシーンへ移動する時間を設定します。

効果を円にしてみます。効果の種類により、その下に表示される項目は[効果の速度]や[効果の距離]に変わります。[円]の場合は、[効果の速度]です。

設定した効果を再生するには、左上にある[ツアーの再生]ボタンをクリックするか、シーンをポイントして表示される右下にある再生ボタンをクリックします。

下のようにシーンを回転させることができます。

また、作成したツアーは、ビデオとして保存することができます。ビデオにしたいツアーを選択して、[ビデオの作成]ボタンをクリックします。

[ビデオの作成]ダイアログボックスが表示されますので、目的にあったものを選択して作成します。[プレゼン手―ションおよびHDモニター]を選択して[作成]ボタンをクリックすると、

[ビデオファイル(*.mp4)]ファイルとして保存されます。

ビデオの作成が終わると、開くボタンをクリックしてすぐ確認することができます。

お勧め記事と広告

関連記事

バーコードとQRコードの作成

Access2016でバーコードとQRコードをレポートに表示する方法を紹介します。実際、使用するには、バーコードリーダーや諸々の環境でテスト ...

開始日から指定した営業日後の日付を求めるWORKDAY関数

土日と祝日などを除いて、開始日から指定した日数の経過した日付を求める方法です。WORKDAY関数を使います。 ここでは、下のような表があって ...

テーブルの活用

Excelのテーブルはとても便利なものです。通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分析 ...

イラストの背景を透明に

Word、Excel、PowerPoint、Outlookには透明色を指定して、透明にする機能があります。イラストの背景を透明にしたい場合な ...

作業ウィンドウの操作

WordやExcelで作業をしていると、コマンドボタンをクリックした時にウィンドウの左右どちらかに[作業ウィンドウ]が現れることがあります。 ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.