Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

3Dマップにフィールドリストを追加、不要なフィールドリストを削除

投稿日:2018年5月29日 更新日:

Excel2016では、3Dマップという地図上にグラフを作成できる機能があります。

ちょっと操作すると、リアルに変化が楽しめて面白いですね。

3Dマップについては、以下の記事で解説しています。

3Dマップを使って地図上にグラフを簡単作成

Excel2016の新機能です。 3Dマップというコマンドを使って、下のように地図上にグラフを簡単に作成することができます。 下の画像は、福 ...

続きを見る

3Dマップの編集とビデオの作成

Excel2016では、3Dマップという機能が追加されました。 3Dマップの作成とフィールドリストの追加と削除についても解説しています。 こ ...

続きを見る

リストをもとに3Dマップを作成したのはいいけど、複数のフィールドリストができてしまい、その中のリストを削除したいという場合も出てくると思います。

リストで右クリックしてもショートカットメニューは表示されませんし、[Delete]キーを押しても削除できなくて悩まれる方も多いようです。

3Dマップのフィールドリスト

3Dマップで使用するデータは、[データモデルの管理]で管理されています。

以下、3Dマップの簡単な作成方法と一緒に解説します。

3Dマップの自動作成

以下のデータをもとに3Dマップを作成します。

A列には県名が入力されています。

参考表に県名や地名が入力されていると、自動的に3Dマップの県名や地名に関連付けされます。

正確な地名が入力されていることを確認します。

リスト

範囲選択して、[挿入]タブの[ツアー]グループにある[3Dマップ]ボタンをクリックします。

表内の1つのセルをクリックして[3Dマップ]のボタンをクリックすると、自動的に範囲選択されます。

自動で選択されても問題ない場合は、表内のセルをクリックして[3Dマップ]のボタンをクリックしてもいいです。

[挿入]タブの[3Dマップ]ボタン

[3Dマップ]のポップヒントには以下のように記されています。

3Dマップ 時間の経過によって変化する3Dマップで地理データを参照します。

いろいろな機能を試して分析して、時間とともに変化するアニメーションやビデオを作成します。

3Dマップの作成と調整

[3Dマップ]が自動的に起動します。

データが自動的に読みとられて、地図上の該当の県に青い■が表示されます。

3Dマップの初期

参考3Dマップには、[ツアー]と[シーン]と[レイヤー]というのが出てきます。[ツアー] > [シーン] > [レイヤー]という階層になります。

ツアーに名前付け

ツアー名は、既定は[ツアー1]になっています。

ここでは、[2010年度売上]としておきます。

[ツアー1]の箇所をクリックして直接入力します。

ツアーに名前付け

シーンに名前付け

ツアーには1つのシーンが設定されています。

1つのツアーにたいして複数のシーンを作成することができます。

歯車マークをクリックします。

ポイントすると、[シーンオプションを変更します。]と表示されます。

シーンに名前付け

[シーンのオプション]ダイアログボックスが表示されます。

[シーン名]に入力します。

ここでは、[製品A]としておきます。

入力後は、右上の閉じるボタン[×]をクリックして閉じます。

参考[変更]ボタンは押しません。

[シーンのオプション]ダイアログボックス

下のように[ツアー名]と[シーン名]を付けることができました。

[ツアー名]と[シーン名]

レイヤー名の設定

既定では[レイヤー1]となっています。

1つのシーンに複数のレイヤーを設定することができます。

[レイヤー1]の鉛筆マークをクリックします。

ポイントすると、[このレイヤーの名前を変更します。]と表示されるボタンです。

レイヤーの鉛筆ボタン

ここでは、[支店別]としておきます。

レイヤー名

レイヤーの設定

レイヤーの設定をすると、地図上にデータが表示されます。

簡単にここでは、高さのみ設定します。

[場所]には[県名]が設定されているので、そのままにします。

[高さ]の[フィールドの追加]をクリックするとメニューが表示されますので、[製品A]をクリックします。

レイヤーのフィールドの追加

[高さ]に[製品A]が表示されて、地図上に[棒グラフ]と[凡例]が表示されます。

[凡例]はドラッグで移動させることができますし、大きさもサイズ変更ボタンをドラッグして調整することができます。

また、ナビゲーションボタンを使って地図やグラフの傾きを調整することができます。

[拡大]と[縮小]ボタンを使って、大きさを調整することもできます。

3Dマップをドラッグして日本地図の位置も調整できます。

グラフの見栄えが良くなるように諸々調整してください。

3Dマップの地図の調整

選択したデータを3Dマップに追加

代理店のデータをレイヤーに追加したいので、3Dマップは閉じずにそのままにして、ワークシートに切り替えます。

追加したい代理店のデータを範囲選択します。

そして、[挿入]タブの[3Dマップ]ボタンの下側をクリックして、メニューから[選択したデータを3DMapsに追加]をクリックします。

選択したデータを3DMapsに追加

フィールドリストの追加

3Dマップの[フィールドリスト]に新しいリストが追加されます。

もし、[フィールドリスト]が表示されていなければ、[ホーム]タブの[表示]グループにある[フィールドリスト]をクリックしてオンの状態にします。

[レイヤー2]が追加されていると思います。

追加されたフィールドリスト

レイヤーに[代理店別]と入力します。

レイヤーの名前付け

レイヤー[代理店別]も[高さ]に[製品A]を設定します。

レイヤー[代理店別]の▶ボタンをクリックして、設定を展開します。

[高さ]の[フィールドの追加]をクリックするとメニューが表示されますので、[製品A]をクリックします。

レイヤーのオプションでグラフの色を設定

[支店別]の棒グラフの色が似ているので、[代理店]のグラフの色を変更します。

[レイヤーのオプション]をクリックします。

レイヤーのオプション

[レイヤーオプション]の[色]から[製品A]の色を選択します。

カラーボックスを表示して、任意の色を選択します。

カラーボックスの表示

ここでは、赤系の色を選択しておきます。

下のように[支店]と[代理店]が分かりやすくなったと思います。

色分けされたグラフ

レイヤーの表示と非表示

レイヤーはクリック1つで、表示/非表示の設定ができます。

レイヤーの目の玉のマークをクリックすると、非表示になります。

下の画像は、レイヤー[支店別]の目の玉マークをクリックして、非表示にしています。

表示する場合は、また、目の玉マークをクリックします。

簡単に表示/非表示を切り替えることができます。

レイヤーの表示と非表示

複数のフィールドリスト

フィールドリストは、同じ表のデータでも範囲を変更して、追加することもできますし、別のシートから追加することもできます。

ワークシートで範囲選択して3Dマップに追加していくと、下のように複数のフィールドリストが表示されるようになります。

複数のフィールドリスト

フィールドリストの更新

フィールドリストの項目やデータ内容に変更があった場合は、[更新]ボタンを押して更新することができます。

[レイヤー]グループに[データの更新]ボタンがありますので、そのボタンをクリックすると、最新のデータに更新されます。

ポップヒントには以下のように記されています。

データの更新 すべてのシーンのすべてのレイヤーを更新して、最新のデータを表示します。

フィールドリストのデータの更新

フィールドリストの削除

フィールドリストに追加したのはいいけど、不要になったリストは削除したいということもあると思います。

その場合の方法です。

フィールドリストで右クリックしても、ショートカットメニューは表示されません。

Power Pivot ウィンドウから

ワークシートに切り替えます。[データ]タブの[データツール]グループにある[Power Pivot ウィンドウに移動]ボタンをクリックします。

[Power Pivot ウィンドウに移動]ボタン

参考[Power Pivot]タブを表示している場合は、[Power Pivot]タブをクリックして、[データモデル]グループの[管理]ボタンをクリックしてもいいです。

[Power Pivot ]タブ

削除したいフィールドのシートで右クリックして、[削除]をクリックします。

ここでは、[範囲2]を削除します。

シートの削除

以下のメッセージウィンドウが表示されます。

[はい]をクリックします。

関連付けられたメジャーも含めて、このテーブルを完全に削除しますか?

メッサ―ジウィンドウ

ブックの接続から

[データ]タブの[接続]グループにある[接続]をクリックします。

[ブックの接続]ダイアログボックスが表示されます。

シート名が表示されていると思います。

削除したいリストを選択して、[削除]ボタンをクリックします。

ブックの接続

以下のメッセージウィンドウが表示されます。

[OK]をクリックします。

接続を削除すると、このブックがデータソースから分離され、ブックのデータの更新が正しく機能しなくなります。接続を保持する場合は[キャンセル]をクリックしてください。接続を削除する場合は[OK]をクリックしてください。

メッセージウィンドウ

3Dマップのフィールドリストをみると、[範囲2]は消えています。

フィールドリスト

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.