Windows10 & Office2016 Excel2016

Print Friendly, PDF & Email

シナリオの登録と管理でシミュレーション

投稿日:2017年6月22日 更新日:

Excelには、[What-If 分析]ツールというのがあり、複数の異なる値を入力して結果をシミュレーションすることができます。[データ]タブの[データツール]にある[What-If分析]のポップヒントには、以下のように記されています。

[シナリオの登録と管理]、[ゴールシーク]、および[データテーブル]を使用して、シート内の数式にさまざまな値を代入してみます。

What-If分析

What-If分析の中には、[シナリオの登録と管理]、[データテーブル]、[ゴールシーク]があります。また、アドインを有効にすることで、[ソルバー]も使用できるようになります。
What-If分析のメニュー

シナリオは入力済みの値を変化させて、数式の結果がどうなるかを比較することができます。複数のシナリオを登録して計算結果を表示することができます。ここでは、賃貸マンションの月額費用を比較したいと思います。

下のようなマンションの月額費用として必要な項目を書き出した表があります。[賃料]、[管理費等]、[駐車料金]を変化させる3つのシナリオを作成したいと思います。セルB7には、合計を求める数式[=SUM(B4:B6)]が入力されています。
賃貸マンションの価格表

シナリオの登録と管理ダイアログボックスの表示

[データ]タブの[データツール]にある[What-If分析]をクリックして、メニューの中から[シナリオの登録と管理]をクリックします。ポップヒントには、以下のように記されています。

値またはシナリオに対して異なるグループを作成し、グループ間を切り替えます。

シナリオの登録と管理

[シナリオの登録と管理]をクリックすると、下のような[シナリオの登録と管理]ダイアログボックスが表示されます。[追加]ボタンをクリックして、シナリオを作成していきます。
シナリオの追加

[シナリオの編集]ダイアログボックスが表示されます。[シナリオ名]には、ここではマンション名を入力します。[変化させるセル]は、ダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリックして、セルB4からセルB6までを指定します。そして、[OK]ボタンをクリックします。
シナリオの編集

[シナリオの値]ダイアログボックスが表示されます。各テキストボックスに変化させる値を入力していきます。
Aマンションの賃料、管理費等、駐車場の各料金を入力します。そして、次のシナリオ(マンション)を追加するため[追加]ボタンをクリックします。
シナリオの値を入力

[シナリオの追加]ダイアログボックスが表示されるので、[シナリオ名]に新しいマンションの名前を入力して、[OK]ボタンをクリックします。
シナリオの追加

同じようにBマンション、Cマンションを登録していきます。

登録したシナリオの表示

Cマンションの値を[シナリオの値]ダイアログボックスで入力して[OK]ボタンをクリックすると、[シナリオの登録と管理]ダイアログボックスが表示されます。[シナリオの登録と管理]は下のようになります。
シナリオ登録後

Aマンションを選択した状態で[表示]ボタンをクリックすると、セルB4からセルB6の値が切り替わり、計算結果が表示されるセルB7の値も変わります。
Bマンションを選択して[表示]ボタンを押すと、Bマンションの値が表示され、計算結果も変わります。
シナリオの表示

シナリオ情報レポートの作成

[情報]ボタンをクリックすると、
情報ボタン

[シナリオの情報]ダイアログボックスが表示されます。ここで、[シナリオの情報]を選択して、[結果を出力するセル]に合計値が表示されるセルB7を指定して[OK]ボタンをクリックします。
シナリオの情報ダイアログボックス

すると、シナリオの情報レポートが新しいシートに作成されます。まとめて表示されるので、比較しやすいですね。
シナリオ情報レポート

[What-If 分析]の中にある[ゴールシーク]と[データテーブル]については、以下の記事を参照してください。

ゴールシークを使って目標を達成するための値を求める

Excelのゴールシークという機能を使うと、目標値を設定して特定のセルの値を変化させて、目標達成に必要な値を求めることができます。ここでは、 ...

続きを見る

データテーブルを使って複数の計算結果を同時に表示する

Excelの[データ]タブにある[What-If 分析]の中にある[データテーブル]を使うと、複数の計算結果を同時に一覧形式で表示することが ...

続きを見る

ソルバーについては、以下の記事で解説しています。

ソルバーを使用して最適値を求める

Excelには、ソルバーという機能があります。ソルバーとは、数式の計算結果を目標値として設定して、その結果を得るために複数の制約条件を指定し ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

バーコードとQRコードの作成

Access2016でバーコードとQRコードをレポートに表示する方法を紹介します。実際、使用するには、バーコードリーダーや諸々の環境でテスト ...

セーフモードで起動するには

Windows10でセーフモードで起動する方法です。 スタートメニューの[電源]をクリックして、[Shift]キーを押したまま[再起動]をク ...

名前を定義して関数で使用する

Excelでは、セル範囲に名前を定義しておくと、関数の引数に名前を利用することができます。定義された名前は、[数式]タブの[数式で使用]ボタ ...

削除ボタンが便利

Windows10のタスクバーのエクスプローラーをクリックして開いて、 [ホーム]タブの[削除]ボタンをみると、下のようにメニューが増えてい ...

アカウントの追加

Windows10にアップグレードしたのはいいのですが、あれこれ不具合に悩まされてしまいました。 Webからファイルを保存しようとすると、ア ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.