リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Excel2003

条件付き書式の活用(土日のセル背景に色をつける)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelの条件付き書式は便利ですね。

たとえば、毎月の予定表をExcelで作成しているとします。
土曜日は、薄い水色の塗りつぶし、日曜日はローズの塗りつぶしで文字も赤くしたい。
土日のみ書式設定

毎月、1日の曜日が変わってオートフィルをかけてもこの土、日の書式設定は有効にしたい場合などに使うといいです。

条件付き書式の設定

下のようなExcelのシートがあります。曜日を 入力しているセル[B1]からセル[B31]までを範囲選択します。
そして、メニューバーの[書式]から[条件付き書式]をクリックします。
書式メニュー

土曜日の書式設定

[条件付き書式の設定]ダイアログボックスが表示されます。
[セルの値]=[次の値に等しい]=[土]と設定します。[書式]ボタンをクリックします。
条件付き書式の設定ダイアログボックス

[セルの書式設定]ダイアログボックスが表示されます。[パターン]タブから[薄い水色]を選択します。[OK]ボタンをクリックします。
セルの書式設定ダイアログボックス

日曜日の書式設定

下のようになりました。続いて日曜日の設定をしたいので、[追加]ボタンをクリックします。
条件付き書式の設定ダイアログボックス

[セルの値]=[次の値に等しい]=[日]と設定します。[書式]ボタンをクリックします。
条件2

[フォント]タブの[色]から[赤]を選択します。
セルの書式設定ダイアログボックス

[パターン]タブから[ローズ]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
セルの書式設定ダイアログボックス

下のようになります。[OK]ボタンをクリックします。
条件付き書式の設定ダイアログボックス

条件付き書式の設定後

条件付書式設定したとおりに、土日にだけ書式が設定されました。
土日だけに書式が設定された表

では、セル[B1]を[金]に変更してオートフィルをかけてみます。セル[B1]のフィルハンドルをダブルクリックするといいですね。
フィルハンドル

オートフィルをかけても、ちゃんと土日は書式が設定されています。
土日のみ書式設定

参考条件付き書式は3つまで設定できます。(Excel2003)

関連下の図のように、日付のセルも一緒に色をつけたい場合は、Blogの条件付き書式(同じ行にも色をつける)を参照してください。
日付のセルにも色付け

また、下のように曜日が別の列にない場合の方法については、Blogの土日のセルの背景に色をつけるを参照してください。
曜日が同じセルの表

条件付き書式の削除

条件付き書式を削除したい場合は、セル範囲を選択して メニューバーの[書式]から[条件付書式]をクリックします。
[条件付き書式]ダイアログボックスの[削除]ボタンをクリックします。削除する条件のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。
条件付き書式の削除

関連条件付き書式を使った下のような縞々の表の作り方は縞々の表_条件付き書式で設定で解説しています。
縞々の表

数式のエラーを非表示にしたい場合も利用できます。
Blogの数式のエラーを非表示にしたいを参照してください。

Blogの条件の部分に色をつけたいでは、数値を条件として解説しています。

関連以下は、条件付き書式に関する記事です。Excel2007以降、条件付き書式は大きく進歩しています。ぜひ、ご活用ください。

アクティブセルの行に色を付ける

Excelで横に長い表を操作する場合、[ウィンドウ枠の固定]を使って列を固定して見やすくすることもできますが、それでも似たような数字が並んで ...

続きを見る

条件付き書式のデータバーを活用して点数をグラフ化

Excel2010で試験の点数をデータバーを使ってグラフ化した方から、2つの質問を受けました。 作成された表は下図のようになっていました。 ...

続きを見る

条件付き書式のアイコンセットの区分け

Excel2010以降の条件付き書式の[アイコンセット]は便利ですが、アイコンセットのアイコンの種類を区分けする範囲は既定で決められています ...

続きを見る

条件付き書式のコピー

Excel2010に限ったことではありませんが、条件付き書式は、コピー、貼り付けして使用することができます。 条件付き書式の設定 たとえば、 ...

続きを見る

条件付き書式のデータバーにマイナスの値も表示可能

Excel2010の条件付書式のデータバーでは、マイナスの値も表示可能になりました。 条件付き書式のデータバー まず[条件付き書式]のデータ ...

続きを見る

2つの列の差分を求める(重複しない一意の値を求める)

Excelで2つの列にデータが入力されていて、そのデータの差分を求めたい場合がありますね。 たとえば、下のようにA列には分析用データとして別 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。
Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る


管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数を学び直したい人はぜひ!

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

空白セルに一気に斜線を引く

空白セルに斜線を引きたいと思っても、空白セルの数が多いと面倒ですね。一気に斜線を引く方法です。 下のような表があります。 空白セルを含んで範 ...

履歴を消したい

ツールバーの履歴ボタンを押すと、前に見たWebページをもう一度、確認することができます。 初期設定では20日前までの履歴を残せるようになって ...

選択範囲を拡大

プレゼンテーションや、プロジェクターを使って解説するときに便利な機能があります。 ズームボックスの選択範囲 たとえば下のように説明したい個所 ...

ピボットグラフの作成

ピボットテーブルをもとにピボットグラフを作成することができます。 グラフウィザード ピボットテーブル内をクリックします。[ピボットテーブル] ...

お気に入りをスタートメニューに

IE(インターネットエクスプローラー)のお気に入りをスタートメニューに表示させると便利です。 タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ ...

-Windows Xp & Office2003 Excel2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.