Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

2つの列の差分を求める(重複しない一意の値を求める)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelで2つの列にデータが入力されていて、そのデータの差分を求めたい場合がありますね。
たとえば、下のようにA列には分析用データとして別表に貼付済みのIDがあって、B列にはシステムからダウンロードしたデータのIDがあるとします。この時、ダウンロードしたデータのうち、まだインポートしていないIDのみを抽出したいということがあります。
データ

範囲選択

差分を求めるというより、範囲選択内の重複しない一意の値を求める方法です。Excel2007以降は、条件付書式が充実していて、こういう場合、とても便利になりました。
まず、一意の値を求めたい範囲を選択します。
範囲選択

条件付き書式から重複する値を選択

範囲選択したまま[ホーム]タブにある[条件付き書式]の[セルの協調表示ルール]から[重複する値]をクリックします。
条件付き書式

スポンサーリンク

一意の値を求めるように変更

[重複する値]ダイアログボックスが表示されます。重複ではなく一意の値を強調表示したいので、プルダウンボタンをクリックして、
重複する値

[一意]を選択します。
一意

このとき書式もプルダウンボタンから他の書式を選択することもできます。
書式選択

ここでは、既定のまま[濃い赤の文字、明るい赤の背景]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
結果は下のようになります。
条件付き書式の結果

選択したセルの色でフィルター

もし、条件付書式で強調されたセルのみ抽出したいのであれば、色付きのセルで右クリック。ショートカットメニューから[フィルター]をポイントして[選択したセルの色でフィルター]をクリックします。
選択したセルの色でフィルター

結果は下のようになります。
フィルターの結果

関数を使わなくても簡単に求めることができて便利です。

以下の記事も参考になると思いますので、状況に合わせてご参照ください。

2つの列を比較して重複値を探すには

2つのセルの文字列を比較して同じ文字列かどうかを確認するには

2つのセルの文字列を比較して同じ文字列かどうかを確認するには

Excelで2つのセルに入力された文字列が合っているかどうかを確認する方法です。 下のようにB列とC列に文字列が入力されています。 B1=C ...

続きを見る

お勧め記事と広告

関連記事

数式を非表示にするには

Excelでセルに入力した数式を非表示にする方法です。 一生懸命考えた複雑数式を盗まれたくない!とか、数式をじっくり見られたら恥ずかしいとか ...

データシートのIDをクリックして単票フォームを開く

Accessのデータシートの[ID]番号をクリックしたら、その[ID]の単票フォームを開く方法です。 データシートのフォーム名は[F_データ ...

値によってテキストボックスの使用可と不可を切り替える

Accessのフォームで1つ目のコンボボックスで選択した値によって、次のテキストボックスの使用を有効にしたり、無効にしたりする方法です。 た ...

ナビゲーションバーがない(連絡先がない)

Outlook2013で連絡先を表示しようとしたのですが、ウィンドウの左下にあるはずの[連絡先]がない。 下のようにナビゲーションバーもなく ...

下線の設定ができない

Word2013では、[ホーム]タブの[フォント]グループにある[下線]ボタンに[なし]というメニューが追加されました。 そのため、下線を設 ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.