Windows 7 & Office 2010 Excel 2010

書式設定済みグラフをテンプレートとして保存するには

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2010で書式設定済みのグラフをテンプレートとして保存する方法とその使い方です。

書式設定済みのグラフをテンプレートとして保存しておくと、グラフを新規作成した場合や、複数のグラフに同じ書式を適用したい場合に便利です。

テンプレートから呼び出すだけでグラフに書式を適用できます。

[グラフツール]-[デザイン]タブの[テンプレートとして保存]

作成したグラフの確認

以下のデータを基に集合縦棒グラフを作成しています。

このグラフの書式をそのまま、ほかのグラフに使うにはテンプレートとして保存します。

グラフ元のデータと書式設定済みのグラフ

グラフをテンプレートとして保存

グラフを選択して、[グラフツール]-[デザイン]タブの[種類]グループから[テンプレートとして保存]をクリックします。

[グラフツール]-[デザイン]タブの[種類]グループにある[テンプレートとして保存]

[グラフテンプレートの保存]ダイアログボックスが開きます。

[ファイルの種類]が[グラフテンプレートファイル(*.crtx)]になっていることを確認します。

[ファイル名]のテキストボックスに任意の名前を入力して、[保存]ボタンをクリックします。

[グラフテンプレートの保存]ダイアログボックス

グラフテンプレートを使ってグラフを作成

別のデータを基にグラフテンプレートを使って、グラフを作成します。

データを選択して、[挿入]タブの[グラフ]グループにある[ダイアログボックス起動ツール]をクリックします。

[挿入]タブの[グラフ]グループにある[ダイアログボックス起動ツール]

[グラフの挿入]ダイアログボックスから、[テンプレート]を選択します。

マイテンプレートから、目的のテンプレートを選択して、[OK]ボタンをクリックします。

テンプレートには、複数のグラフを登録できます。

グラフテンプレートの名前は、ポイントするとポップヒントに表示されます。

[グラフの挿入]ダイアログボックスから[テンプレート]

簡単に同じ書式のグラフを作成することができます。

同じ書式のグラフが完成

作成済みのグラフにテンプレートを適用するには

作成済みのグラフにテンプレートのグラフを適用したい場合は、[グラフツール]-[デザイン]タブの[種類]グループにある[グラフの種類の変更]をクリックします。

[グラフツール]-[デザイン]タブの[種類]グループにある[グラフの種類の変更]

または、グラフで右クリックしてショートカットメニューから[グラフの種類の変更]をクリックします。

ショートカットメニューから[グラフの種類の変更]

[グラフの種類の変更]ダイアログボックスが表示されますので、[テンプレート]をクリックして目的のグラフを選択して適用します。

[グラフの種類の変更]ダイアログボックスの[テンプレート]

参考グラフテンプレートを[標準グラフ]に設定することもできます。

グラフテンプレートを[標準グラフ]に設定すると、ショートカットキー[Alt]+[F1]でグラフテンプレートのグラフを作成できるようになります。

書式設定済みのグラフを標準グラフにしてショートカットキーでグラフを作成

グラフは、ショートカットキーで作成することができます。 ただし、作成できるグラフは[標準グラフ]です。既定の[標準グラフ]は集合縦棒グラフで ...

続きを見る

グラフテンプレートの削除と名前の変更

グラフテンプレートの名前を変更したり、削除する場合は、[グラフの挿入]ダイアログボックスの[テンプレートの管理]をクリックします。

[グラフの挿入]ダイアログボックスの[テンプレートの管理]

保存先フォルダーが表示されますので、名前の変更や削除などを行うことができます。

グラフテンプレートの保存先フォルダー

参考グラフテンプレートについては、以下の記事でも解説しています。

複数のグラフに同じ書式設定を適用するにはグラフテンプレートを活用(Excel2010)

Excel2013以降はショートカットメニューから

Excel2013以降は、右クリックのショートカットメニューに[テンプレートとして保存]があります。

Excel2013のショートカットメニュー[テンプレートとして保存]

テンプレートを適用する場合は、Excel2010と同じく[グラフの挿入]や[グラフの種類の変更]ダイアログボックスの中にある[テンプレート]から選択します。

[グラフの挿入]ダイアログボックスの表示

[挿入]タブの[グラフ]グループにある[すべてのグラフを表示]をクリックして表示します。

[挿入]タブの[グラフ]グループにある[すべてのグラフを表示]

Excel2013以降であれば、[挿入]タブの[グラフ]グループにある[おすすめグラフ]をクリックしても[グラフの挿入]ダイアログボックスを表示できます。

おすすめグラフ]は、Excel2013で追加された機能です。

[挿入]タブの[グラフ]グループにある[おすすめグラフ]

[グラフの挿入]ダイアログボックスの[すべてのグラフ]タブをクリックすると[テンプレート]があります。

[マイテンプレート]に保存されていますので、選択して適用します。

[グラフの挿入]ダイアログボックスの下方にある[テンプレートの管理]をクリックすると、テンプレートが保存されているフォルダーが表示されますので、選択してテンプレートの名前を変更したり削除できます。

また、[マイテンプレート]のグラフで右クリックすると、[標準グラフに設定]のメニューが表示されます。

Excel2013の[グラフの挿入]ダイアログボックスの[テンプレート]

以下の記事でも解説しています。

グラフの「テンプレートとして保存」はショートカットメニューから

Microsoft提供のグラフテンプレートをダウンロードして使用するには

Microsoft提供のグラフテンプレートを利用するのもおすすめです。

非常に多くのテンプレートが提供されていますので、ぜひチェックしてみてください。

便利に使うだけでなく、どういう書式設定になっているのかを確認するのも面白いですよ。

ダウンロードするには、Excelを起動して、[ファイル]タブをクリックしてBackstageビューから[新規作成]をクリックします。

Backstageビューの[新規作成]

[Office.comテンプレート]の検索ボックスに[円グラフ]と入力して検索します。

そして、[21 世紀円グラフ]を選択して、[ダウンロード]ボタンをクリックします。

その後、グラフをテンプレートとして保存しておくと便利です。

また、グラフテンプレートを[標準グラフ]に設定すると、ショートカットキー[Alt]+[F1]でグラフテンプレートのグラフを作成できるようになります。

書式設定済みのグラフを標準グラフにしてショートカットキーでグラフを作成

グラフは、ショートカットキーで作成することができます。 ただし、作成できるグラフは[標準グラフ]です。既定の[標準グラフ]は集合縦棒グラフで ...

続きを見る

注意現在(2020/03/27)では、[21 世紀の円グラフ]という名前になっています。以下のExcel2019の記事で解説しています。

オンライン上のテンプレートを利用するには

追記:グラフテンプレート[21 世紀円グラフ]の提供は終了しているようです。(2023/05/25)

[21世紀ドーナツグラフ]というのは提供されています。

21 世紀ドーナツ グラフ(Microsoft)

[Office.comテンプレート]で[円グラフ]を検索

参考使い方は、以下のページで解説しています。

21世紀円グラフをグラフテンプレートにする(Excel2007)

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Access / Excel / PowerPoint / Word

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Excel 2010

Copyright © 2001-2023 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2023 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.