Windows 10 & Office 2016 Excel 2016

枠線(目盛線)の表示/非表示と枠線のダブルクリック操作

投稿日:2017年7月6日 更新日:

ワークシートの枠線を非表示にすると、表やオブジェクトが見やすくなる場合があります。枠線の非表示設定は、とても簡単です。

また、枠線をダブルクリックすると、データ範囲内の上端、下端、左端、右端へ移動できます。

枠線のダブルクリックでデータの端へ移動

枠線と目盛線


Excel2016、Excel2019では、[表示]タブの[表示]グループに[目盛線]という項目があります。

何かというと、ワークシートの枠線のことなんですね。

Excel2013までは、[枠線]となっていました。

【Excel2016】

Excel2016の目盛線

【Excel2013】

Excel2013の枠線

枠線(目盛線)がオンの状態とオフの状態

枠線、目盛線がオン

枠線、目盛線

枠線、目盛線がオフ

枠線の非表示

[ページレイアウト]タブで枠線の表示/非表示

[ページレイアウト]タブの[シートのオプション]グループに[枠線]というコマンドがあります。

これは、Excel2013も同じです。

このチェックボックスをオン、またはオフにすると、枠線の表示/非表示を切り替えることができます。

ページレイアウトタブ

シートのオプションの[枠線]の[印刷]はセルの枠線印刷

[ページレイアウト]タブの[シートのオプション]グループには、[枠線]-[印刷]という項目があります。

これは、表に罫線を引いていなくても、印刷時のみ枠線を表示して印刷できるというものです。

例えば、以下のような表があります。罫線は引いていません。

[シートのオプション]の[枠線]-[印刷]のチェックボックスをオンにします。

枠線の印刷

行と行の間、列と列の間の線を印刷し、シートを読みやすくします。

[ページレイアウト]タブの枠[線の印刷]

印刷プレビューで確認します。以下のように自動的に枠線が印刷されるというものです。

[枠線の印刷]をオンにした時の印刷プレビュー

シートのオプションの[見出し]とは行列番号のこと

[シートのオプション]グループにある[見出し]の[表示]と[印刷]は、列見出しと行番号の表示/非表示と、印刷するかしないかの設定になります。

以下は、[見出し]の[表示]をオフにしている状態です。

参考見出しの設定は、[表示]タブの[表示]グループにもあります。

見出しの表示

列見出しと行番号を表示します。列見出しは、シートの列の上に表示される文字または数字です。

[シートのオプション]グループにある[見出し]の[表示]

[見出し]の[印刷]をオンにすると、列見出しと行番号を印刷できるということです。

以下は、[見出し]の[印刷]をオンにして、印刷プレビューで表示したものです。

[列見出し]の[印刷]をオンにして、印刷プレビューで確認

参考[シートのオプション]グループにある[シートのページ設定]をクリックすると、[ページ設定]ダイアログボックスの[シート]タブが表示されます。

[印刷]にある[枠線]と[行列番号]と連動します。

[ページ設定]ダイアログボックスの[シート]タブ

[Excelのオプション]の[詳細設定]から

Excelのオプションにも設定があります。

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。

[Excelのオプション]ダイアログボックスが表示されます。

[詳細設定]カテゴリーにある[枠線を表示する]のチェックボックスのオン、オフで切り替えることができます。

ここでは、[枠線の色]も設定できます。

参考枠線の色を[白]にすると、まるで枠線が非表示に設定されたように見えます。

Excelのオプション

参考[表示]タブ、[ページレイアウト]タブ、[Excelのオプション]の3箇所に設定箇所があります。どこを設定しても、この3つは連動します。

チェックはオンになっているのに枠線が表示されない

[表示]タブ、[ページレイアウト]タブ、[Excelのオプション]のいずれかを確認して、枠線の表示はオンになっているのに枠線が表示されないという場合は、[ホーム]タブから[塗りつぶしの色]を確認してください。

例えば、全セル選択ボタンをクリックします。

全セル選択ボタン

そのまま[ホーム]タブの[塗りつぶしの色]から[白]を選択すると、下のように枠線が非表示にされたように見えます。

塗りつぶしの色

枠線のダブルクリックでデータの端へ移動

また、データ範囲内のセルの枠線をダブルクリックすると、アクティブセルがデータの端へ移動します。

アクティブセルの上の枠線をダブルクリックすると、データの最上部のセルへ、セルの下側の枠線をダブルクリックすると、データの最下部のセルへ移動します。

枠線の左側なら、データの左端へ、枠線の右側なら、データの右端のセルへ移動します。

枠線のダブルクリックでデータの端へ移動

参考範囲内に空白のセルがあると、空白セルの前までの移動になります。移動するのは、連続したセルの範囲内です。

関連Excel2003でも、枠線について解説しています。

Excelの枠線について(非表示設定と枠線の色)

Excelの枠線は非表示にすることができます。場合によっては、そのほうが見やすくなることもあります。 また オブジェクトを編集する場合も、枠 ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 10 & Office 2016 Excel 2016

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.