Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

ピボットテーブルで日付のグループ化ができない

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelでピボットテーブルを作成しても、日付フィールドで[月]ごとのグループ化をしようと、右クリックのショートカットメニューで[グループ化]をクリックしても、
グループ化

[選択対象をグループ化することはできません。]となることがあります。
選択対象をグループ化することはできません。

ピボットテーブルの元データの日付フィールドを見ても、間違いなく日付に見えます。
元データ

スポンサーリンク

ですが、[セルの書式設定]で確認すると、日付であれば、[標準]にすると、シリアル値になるはずなのですが、変化がありません。これは、日付ではなく文字列になっています。
セルの書式設定

文字列を日付型にする方法

この見た目日付の文字列を日付型にする方法です。
日付にしたいフィールドを選択します。[データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[区切り位置]をクリックします。
区切り位置

[区切り位置指定ウィザード 1/3]が表示されます。
そのまま[次へ]ボタンをクリックします。
区切り位置指定ウィザード 1/3

[区切り位置指定ウィザード 2/3]が表示されます。ここも[次へ]ボタンをクリックします。
区切り位置指定ウィザード 2/3

[区切り位置指定ウィザード 3/3]が表示されます。
[列のデータ形式]から[日付]を選択して、[完了]ボタンをクリックします。
※この区切り位置指定ウィザードは、複数列を選択した状態では操作できません。一列ずつ行う必要があります。
区切り位置指定ウィザード 3/3

確認方法

セルの書式設定で確認すると、日付になっています。
セルの書式設定

標準に切り替えると、シリアル値が表示されます。
セルの書式設定

ピボットテーブルで更新

ピボットテーブルで更新します。
日付フィールドで右クリックして、[グループ化]をクリックすると、
グループ化

[グループ化]ダイアログボックスが表示され、今度は月ごとのグループ化にすることができます。
(うまく行かない場合は、更新して再度 日付を列フィールドに設定してみてください。)
[グループ化]ダイアログボックス
Excel2013で解説していますが、他のバージョンも同じです。

Excel2016では、日付のグループ化が自動になりました。ピボットの日付のグループ化が自動に

ピボットテーブルの日付のグループ化が自動に

Excel2016では、ピボットテーブルを作成した時に日付のグループ化が自動で設定されるようになりました。 例えば下のような売上数一覧の表か ...

続きを見る

また、日付だけでなく、ピボットテーブルを作成する場合、元になる表で気をつけなければならないことがあります。テーブルやピボットテーブルに変換する時の注意点で解説しています。

テーブルやピボットテーブルに変換する時の注意点

Excelのテーブルやピボットテーブルは、データベースとしての管理が簡単にできるようになる、とても便利な機能です。でも、既存の表をテーブルや ...

続きを見る

お勧めのテキストです。

お勧め記事と広告

関連記事

空白をグラフに反映させたくない

Excelで下のような表を元に複合グラフを作成しました。 2011年度のデータは、7月までしかありません。E列では、累積を求める式を入れて参 ...

ページの入れ替え

Wordでページごと、入れ替えたいということがありますね。その場合の便利な方法です。 まず見出しの設定が必要です。これさえ設定しておくと、後 ...

段組みの境界線

長い文章は段組みにすると、ページ数を少なくすることができます。 段組みにしたい範囲を選択して、[ページレイアウト]タブにある[段組み]から[ ...

罫線もリアルタイムプレビュー

Word2013では、罫線もリアルタイムプレビュー表示になりました。 とても便利だと思います。 たとえば、左余白にマウスポインタを移動させて ...

前回終了した位置から再開

Word2013の新機能です。 Word2013で上書きした文書を開くと、右の垂直スクロールバーの横に下のようなメッセージが表示されます。 ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.