リンクユニット

Windows7 & Office2010 Excel2010

複数シートのデータ集計

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelでは、異なる複数のシートの合計を簡単に求めることができます。3つの方法を紹介します。

ただし、同じ形の表であることが前提となります。たとえば下のような4つの表があります。

シート名[東京]です。
東京シート

シート名[大阪]です。
大阪シート

シート名[名古屋]です。
名古屋シート

シート名[福岡]です。
福岡シート

集計シートの合計値を求めたい範囲を選択して、集計したいシートの合計を求める方法

集計シートの追加

[集計]シートを追加します。同じレイアウトのシートです。
集計シートの合計値を求めたい範囲を選択して集計する方法です。
[集計]シートで合計値を求めたい範囲を選択します。
集計シート

集計シートにSUM関数を入力

[ホーム]タブの[編集]グループにある[オートSUM]ボタンをクリックします。
入力対象になっているセル(ここでは、セル[B2])に数式[=SUM()]が入力されます。
オートSUM

集計したい左端のシートを選択して合計を求めたい左上のセルをクリック

一番左端にあるシート見出し[東京]をクリックして、セル[B2]をクリックします。
東京シート

[Shift]キーを押して集計したい最後のシート見出しを選択

[Shift]キーを押したまま、[福岡]シート見出しをクリックします。
数式バーの表示が変わります。
福岡シート

オートSUMボタンをクリック

再度、[ホーム]タブの[オートSUM]ボタンをクリックします。
あるいは、[Ctrl]キーと[Enter]キーを押します。
オートSUM

これで[集計]シートに[東京]、[大阪]、[名古屋]、[福岡]シートの各セルの合計値が表示されます。
集計結果

参考シートの数に増減がある場合は、新規シートを2枚追加して、シート名は[start]と[end]とします。
そして、この2枚のシートの間に集計したいシートを挟んで上記操作を行います。そうすると、各セルの関数は[=SUM(start:end!B2)]などのようになります。その後、[start]シートと[end]シートは、非表示にしておくといいと思います。

ここまでの操作は、Excel2003でも解説しています。串刺し計算

串刺し計算

同じレイアウトの表であれば異なるシート間でも 簡単に集計することができます。 各シートの確認 1つのブックの中に下のような4枚のワークシート ...

続きを見る

集計シートの1つのセルに集計したいシートの合計値を求めた後に数式をコピーする方法

集計シートの集計を求めたい左上のセルを選択して[オートSUM]ボタンをクリック

[集計]シートを追加します。同じレイアウトのシートです。
[集計]シートのセル[B2]を選択して、[オートSUM]ボタンをクリックします。
集計シート

集計したいシートの左端のシートを選択して合計を求めたい左上のセルをクリック

一番左端にあるシート見出し[東京]をクリックして、セル[B2]をクリックします。
東京シート

[Shift]キーを押して集計したい最後のシート見出しをクリック

[Shift]キーを押したまま、[福岡]シート見出しをクリックします。
数式バーの表示が変わります。
福岡シート

オートSUMボタンをクリック

再度、[ホーム]タブの[オートSUM]ボタンをクリックします。
あるいは、[Enter]キーを押します。
[集計]シートのセル[B2]に合計値が表示されます。
集計シート

数式のコピー

後は、オートフィルで数式をコピーします。
セル[B2]のフィルハンドルをセル[C2]からセル[E2]までドラッグして、セル[E2]ではフィルハンドルをダブルクリックすると効率的です。
数式のコピー

すべてのセルに数式がコピーされ、合計値が表示されます。
集計結果

[統合]機能を使って集計

[データ]タブにある[統合]という機能を使って複数シートの合計を求める方法です。注意この場合の方法は、各シートのセルの値が変更されても合計値は変わりません。数式ではなく、値のみの表示になります。設定によって、データをリンクする方法もあります。

[データ]タブの[統合]ボタンをクリック

[集計]シートのセル[B2]をアクティブにして[データ]タブの[データツール]グループにある[統合]ボタンをクリックします。
[データ]タブの[統合]

統合の設定

[統合の設定]ダイアログボックスが表示されます。[集計の方法]はメニューから[合計]を選択します。
[統合の設定]ダイアログボックス

[統合元範囲]の[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。
[ダイアログボックスの拡大/縮小]ボタン

[東京]シートを選択して、セル[B2]からセル[E4]までを範囲選択します。下のようになったら、再度[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。
範囲選択

[統合の設定]ダイアログボックスに戻ります。[追加]ボタンをクリックして、[統合元]へ追加します。
[統合の設定]ダイアログボックスの[追加]ボタンをクリック

同様にして、[大阪]シート、[名古屋]シート、[福岡]シートのセル範囲を追加していきます。
各シートのセル範囲を追加

[統合の設定]ダイアログボックスの[統合元]に4つのシートのセル範囲が表示されていること確認して[OK]ボタンをクリックします。
[統合の設定]ダイアログボックス

これで[集計]シートに各シートの同一セルの合計値が表示されます。
ただし、この場合は、値のみです。数式バーを見ていただくと分かると思いますが、数式バーにはセル[B2]の値のみが表示されています。数式ではないので、データ元の値が変更されても[集計]シートの値は変更されません。
集計シートの完成

統合元データをリンクする

もし、[統合]機能を使ったときに、データをリンクしたい場合は、統合元に各シートのセル範囲を追加した後に、[統合元データとリンクする]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。
[統合の設定]ダイアログボックス

こうすると、データがリンクされているので、各ワークシートのセルの値が変わると、集計値も変わります。
データをリンクした集計シートの完成

関連複数の表で、項目や位置が一致しない場合でも1つのワークシートに集計することができます。
データの統合(Excel2003)

データの統合

複数の同じレイアウトの表の合計は串刺し計算が便利ですが、複数のブックやシートの表で、項目の数や位置が一致しない場合でも 1つのワークシートに ...

続きを見る

以下の記事では、統合するワークシートの項目名の数と並び順が一致している場合と、異なる場合の方法を分けて解説しています。(Excel2016)

データの統合(表の項目名の数と並び順が一致している場合)

Excelには複数の表を統合してくれるデータの統合という機能があります。各店舗や各支店の異なるブックのデータをまとめたり、複数のワークシート ...

続きを見る

データの統合(表の項目名の数と並び順が異なる場合)

Excelのデータ統合という機能を使うと、複数シートの項目名の数や並び順が違っていても一つのワークシートにまとめることができます。 統合には ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

数式をセルに表示するには

数式をワークシートのセルに表示したいということはありますね。 数式のエラーを見つけたい、どこに数式が入っているのかわからない、などという時に ...

サブフォームのソースオブジェクトの変更

サブフォームのソースオブジェクトを変更する方法です。 下のようなフォームを作成しています。サブフォームの名前は、[受注サブフォーム]です。 ...

ピボットグラフのフィールドボタンを非表示にするには

Excelでピボットグラフを作成すると、自動的に「フィールドボタン」が表示されます。このフィールドボタンを非表示にする方法です。 フィールド ...

文字列を自動修正しない例外処理の設定

Wordには、オートコレクトという文字列を自動修正してくれる機能があります。その例外処理の設定方法です。どのバージョンにもある機能です。 オ ...

最終版にしてファイルを編集できないようにする

Office2010で最終版として保存する方法です。 Word2010で解説しますが、ExcelやPowerPointも同じです。 Back ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.