Windows10 & Office2016 Excel2016

Print Friendly, PDF & Email

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成

投稿日:2017年6月8日 更新日:

Excel2013以降には、ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成できるコマンドがあります。ピボットテーブルの作成に慣れた方なら、グラフも同時に作成できるコマンドは便利ではないでしょうか?ここでは、Excel2016で解説します。
ピボットグラフとピボットテーブル

サンプルのデータは以下のようなものです。ピボットテーブルをテキストなどで学習された方が、実務で実践されると「思うように出来ません」と言われる方が多くいらっしゃいます。原因はピボットテーブルを作成する元データが綺麗に整備されていないということがほとんどです。もし、ピボットテーブルの作成に躓いたら、以下の記事を読んで、該当箇所がないかどうかチェックしてみてください。人の目ではデータであっても、Excelがデータとして認めてくれないものがあります。

テーブルやピボットテーブルに変換する時の注意点

Excelのテーブルやピボットテーブルは、データベースとしての管理が簡単にできるようになる、とても便利な機能です。でも、既存の表をテーブルや ...

続きを見る

サンプルデータ

[ピボットグラフとピボットテーブル]をクリック

まず、表内のセルをどこでもいいので、クリックしてアクティブにします。[挿入]タブの[グラフ]グループにある[ピボットグラフ]の▼をクリックして、[ピボットグラフとピボットテーブル]をクリックします。ポップヒントには以下のように記されています。

ピボットグラフを使うと、データがグラフィカルにわかりやすく表示されるため、複雑なデータを調べるときに便利です。また、ピボットテーブルを使うと、そのデータを簡単に集計し表に並べることができます。

[ピボットグラフとピボットテーブル]をクリック

[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。自動的にデータ範囲が選択されます。問題なければこのままでいいですが、修正が必要であれば[ダイアログボックスの拡大/縮小]ボタンをクリックして、手動でデータ範囲を修正します。ピボットテーブル レポートを配置する場所は、ここでは既定のまま[新規ワークシート]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
ピボットテーブルの作成ダイアログボックス

フィールドの配置

新規シートに以下のようにピボットテーブルとピボットグラフ作成の準備ができます。ここでは、機種ごとに年別の売上を比較できるようにします。
新規シートにピボットテーブルとピボットグラフ作成

各フィールドを下のようにドラッグして配置すると、あっという間にピボットテーブルとピボットグラフが完成します。
ここでは、[フィルター]ボックスに[店舗名]、[凡例(系列)]ボックスに[年]、[軸(分類項目)]ボックスに[機種]、[値]ボックスに[売上額]を配置します。
参考Excel2016では、日付が自動でグループ化されるようになりました。日付フィールドがあると、[月]、[四半期]、[年]が自動的に追加されます。

ピボットテーブルの日付のグループ化が自動に

Excel2016では、ピボットテーブルを作成した時に日付のグループ化が自動で設定されるようになりました。 例えば下のような売上数一覧の表か ...

続きを見る

各フィールドをエリアへドラッグ

注意ピボットグラフを選択しているときの[凡例(系列)]は、ピボットテーブルを選択しているときは、[列]になります。
ピボットグラフを選択しているときの[軸(分類項目)]は、ピボットテーブルを選択しているときは、[行]になります。
下は、ピボットテーブル選択時のボックスです。
ボックスの名前

フィールドの移動と削除

各ボックスのフィールドはドラッグで他のボックスへ移動させることができます。

エリアボックスのフィールドを削除する場合は、フィールドをエリア外へドラッグします。
ドラッグで削除

あるいは、フィールドで右クリックして、ショートカットメニューから[フィールドの削除]をクリックします。
フィールドで右クリックしてショートカットメニューから

ピボットテーブルの構成要素

レポートフィルターエリア

このエリアに配置されたデータを絞りこんで集計することができます。

列ラベルエリア

このエリアに配置された項目のデータが列単位で表示され、ピボットグラフの凡例となります。

行ラベルエリア

このエリアに配置された項目のデータが行単位で表示され、分類項目となります。

値エリア

このエリアに配置された項目のデータが集計されます。データの種類によって集計方法は変わります。初期設定では、[数値]の場合は[合計][文字列]や[日付]の場合は[データの個数]になります。集計方法は後から変更することができます。

ピボットテーブルの構成要素

ピボットグラフの構成要素

フィールドボタン

ピボットグラフのフィールドボタン

ピボットグラフ上でデータを絞り込んだり、並べ替えを行うことができます。ピボットテーブルも連動します。下の画像は、軸フィールドボタンである[機種]ボタンをクリックしたところです。
フィールドボタンをクリック

下の画像は、レポートフィルターフィールドボタンである[店舗名]ボタンをクリックしたところです。[複数のアイテムを選択]のチェックボックスをオンにすると、データを絞りこむことができます。
レポートフィルターボタン

凡例(系列)エリア

ピボットテーブルの列ラベルエリアの項目が凡例として表示されます。

軸(項目)エリア

ピボットテーブルの行ラベルエリアの項目が表示されます。

値エリア

このエリアに配置される項目のデータがデータ系列として表示されます。
ピボットグラフの構成要素

以下はExcel2013のピボットテーブルの関連記事です。どんどん便利になっていますので、ぜひご参照ください。

おすすめピボットテーブルは簡単便利

Excel2013には、[挿入]タブに[おすすめピボットテーブル]というのがあります。 おすすめグラフと同じようにとても便利なものです。これ ...

続きを見る

ピボットテーブルのフィルタリング

Excelでデータを抽出したり、絞り込みを行うために[データ]タブの[フィルター]をよく利用している方、またはテーブルを作成してフィルターコ ...

続きを見る

Excel2016では、ピボットグラフに[展開/折りたたみボタン]が追加されました。

ピボットグラフに展開/折りたたみボタン

Excel2016では、ピボットグラフに[フィールド全体の展開ボタン]と[フィールド全体の折りたたみボタン]が追加されました。 フィールド全 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

アドセンス記事内広告1個

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

名前を付けて保存を元の大きさに戻す

名前を付けて保存ダイアログボックスが画面いっぱいに広がってしまった時に、元の大きさに戻す方法を解説します。 Windows10のメモ帳をサン ...

長方形の画像を丸くするには

Wordで長方形の画像を挿入した後、その画像をまん丸く(真円)にする方法です。 Word2016で解説していますが、Word2010以降であ ...

ナビゲーションウィンドウの非表示設定とオブジェクトの表示形式

Accessも2007以降、インターフェースが大きく変わりました。まずAccessの画面と各部の名称を解説します。名称を知っておくと、何かト ...

Excel2016のおすすめグラフ

Excel2013から追加された機能に、「おすすめグラフ」というのがあります。集合縦棒グラフと折れ線グラフの複合グラフも数回のクリックで作成 ...

ごみ箱をタスクバーにピン留め

Windows10で[ごみ箱]をタスクバーにピン留めする方法です。 ごみ箱をスタート画面にピン留めする方法は簡単ですが、ごみ箱をタスクバーに ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.