リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Excel2003

書式はコピーしたくない

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelで作成済みの表を編集する場合、オートフィルをかけてコピーしたら書式までコピーされて困ったということはないですか?

下のような表があります。セルE3には、A店とB店の平均を求める式が入力されています。
表

[平均]ではなく、[合計]を表示したいと思い、セルE3をオートSUMボタンを使って合計を求める式に変更しました。
オートSUM

数式のコピー

表の一番上のセルの数式が出来たら、あとはオートフィルで表の一番下までドラッグ(ダブルクリック)すればいいですね。
オートフィル

ダブルクリックしてみます。
あれ?せっかく作った縞々の表が・・・罫線も二重線が消えてますね。
書式がクリアされた表

オートフィルオプションの書式なしコピー

でも、慌てないでくださいね。
表の右下にオートフィルオプションがあります。このボタンをクリックします。
そして、[書式なしコピー(フィル)]をクリックします。
書式なしコピー

そうすると、書式はそのままで数式は合計に変更できました。
書式はそのまま

ショートカットメニューの書式なしコピー

あるいは、オートフィルハンドルを表示させて、表の一番下まで右ドラッグします。
そして、ショートカットメニューの中の[書式なしコピー(フィル)]を選択します。
フィルハンドルを右クリック

オートフィル 日付の入力 連続データの簡単入力 も関連したページです。

オートフィルによるデータの入力

オートフィルは元になるセルの■(フィルハンドル)をドラッグして、上下左右の隣り合ったセルにデータを入力します。 文字列や数値のコピーもできま ...

続きを見る

連続した日付を簡単入力

Excelなら、連続した日付も簡単に入力できます。 セルA1に[4/1]と半角で入力してみましょう。[Enter]キーを押すと、[4月1日] ...

続きを見る

連続データの簡単入力

Excelで連続データを簡単に入力する方法です。いくつかの方法がありますので、目的にあった方法で入力してください。 フィルハンドルをドラッグ ...

続きを見る

Blogの書式はそのままにしてオートフィルも参考にしてくださいね。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。
Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る


管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数を学び直したい人はぜひ!

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

予定表の作り方(1)

Excelで、A4の用紙に簡単な予定表を作成してみましょう。 印刷範囲の確認 まず、A4サイズの印刷範囲を確認しましょう。 標準ツールバーの ...

ボタンの変更

ツールバーのボタンが見づらい場合は、大きいアイコンにすることができます。 ユーザー設定ダイアログボックスの表示 メニューバーの[ツール]から ...

迷惑メールの受信拒否

登録した覚えのないダイレクトメールなどが届くことがありますね。 迷惑メールを受信しないようにする方法を紹介します。 相手が複数のメールアドレ ...

ファイルを探す

フォルダの中のファイルやフォルダを探すとき、目的のファイルやフォルダの頭文字をキーボードから押すだけで探すことができます。 もし、ドライブや ...

複製コマンド

移動した位置と同じ間隔で複製することができる機能があります。 複製コマンド オブジェクトを一つ選択して、メニューバーの[編集]から[複製]を ...

-Windows Xp & Office2003 Excel2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.