Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Excel2003

オートフィルによるデータの入力

投稿日:2017年1月9日 更新日:

オートフィルは元になるセルの■(フィルハンドル)をドラッグして、上下左右の隣り合ったセルにデータを入力します。

文字列や数値のコピーもできますし、数式を入力した場合も簡単にコピーできます。

また、規則性のある連続したデータを自動的に入力することができます。

その方法は、連続データの簡単入力日付の入力を参考にしてください。書式はコピーしたくないも関連ページです。

連続データの簡単入力

Excelで連続データを簡単に入力する方法です。いくつかの方法がありますので、目的にあった方法で入力してください。 フィルハンドルをドラッグ ...

続きを見る

連続した日付を簡単入力

Excelなら、連続した日付も簡単に入力できます。 セルA1に[4/1]と半角で入力してみましょう。 [Enter]キーを押すと、[4月1日 ...

続きを見る

書式はコピーしたくない

Excelで作成済みの表を編集する場合、オートフィルをかけてコピーしたら書式までコピーされて困ったということはないですか? 下のような表があ ...

続きを見る

ユーザー設定リストの確認

では、どんなデータが連続データとして入力できるのかを見てみましょう。

メニューバーの[ツール]から[オプション]をクリックします。

ツールメニュー

[オプション]ダイアログボックスが表示されます。[ユーザー設定リスト]タブをクリックします。

オプションダイアログボックス

面白いものでは、[子、丑、寅・・]、[睦月、如月、弥生・・]などもありますね。

実際にやってみましょう。

セル[A1]に[子]と入力してオートフィル

セル[A1]に[子]と入力して、確定します。

セル右下のフィルハンドル(■)をポイントすると、マウスポインタの形が(+)の形に変わります。

このときに下へドラッグします。

フィルハンドル

十二支を簡単に入力することができました。

十二支の入力

リストを追加登録

このリストを新たに登録することも出来ます。

ユーザー設定リストの中から、[新しいリスト]をクリックします。

リスト項目の中にデータを入力します。[Enter]キーで改行しながら入力します。

[追加]ボタンをクリックします。

新しいリスト作成

リストとして追加されました。

オプションダイアログボックス

リストをインポート

あるいは、既存のファイルからインポートすることもできます。

まず、インポートしたいデータのシートを開いておきます。

ユーザー設定リストの中から、[新しいリスト]をクリックします。

リストの取り込み元範囲:テキストボックスの中でクリックします。

新しいリストのインポート

取り込みたい範囲をドラッグします。

リストの取り込み元範囲に参照範囲が表示されました。 [インポート]をクリックします。

登録したいデータをドラッグ

リストとして追加されました。[OK]ボタンをクリックします。

1つのセルに[A店]と入力して、フィルハンドルをドラッグすると、[B店]、[C店]、[D店]、[E店]と入力されるようになります。

リストの削除

また、削除する場合は 削除したいリストを選択して右側の[削除]ボタンをクリックします。

ユーザー設定リストの削除

関連Excel2007や、Excel2013でも解説しています。

ユーザー設定リストの作成(Excel2007)

ユーザー設定リストの編集

オートフィルとは、連続性のあるデータを複数のセルに一括して入力する機能のことです。 オートフィルでは、独自に作成したデータを[ユーザー設定リ ...

続きを見る

オートフィル機能について

また このオートフィルの機能として、ダブルクリックすると自動的に隣接する列の最終行まで連続データや数式のコピーができます。

ただし、これは縦にしかできません。

数式のコピー

下の表のようにセル[H4]に数式が入力されています。

セル[H4]のフィルハンドルにマウスポインタをあわせて+の形になったときにダブルクリックします。

オートフィルハンドルのダブルクリック

最後の行まで、簡単に入力することができました。長い行の表の場合には便利ですね。

結果

縞々の表(1行おきに色がついた表)

また、縞々の表(1行おきに色がついた表)にしたい場合にも使えます。

たとえば、下のように2月の行だけ水色の塗りつぶしをつけました。

行に塗りつぶし

1月の行とセルに色をつけた2月の行を範囲選択します。

フィルハンドルにマウスポインタを合わせて、ダブルクリックします。

フィルハンドルのダブルクリック

[オートフィルオプション]ボタンをクリックして、[書式のみコピー(フィル)]を選択します。

オートフィルオプションボタン

あるいは、フィルハンドルにマウスポインタを合わせて、マウスの右ボタンを押したままドラッグします。

メニューの中から、[書式のみコピー]をクリックします。

書式のみコピー

下のようになります。

縞々の表

関連便利なオートフィル機能ですが、フィルハンドルを非表示にして機能を使えなくすることもできます。

フィルハンドルがない

フィルハンドルってご存知ですか?Excelのワークシートでアクティブセルの右下に現れる小さい四角の形のものです。 これって便利ですよね?この ...

続きを見る

Q1と入力した場合は、Q4までしかオートフィルが有効になりません。

Q1からQ4までしかオートフィルが効かない

Excelのオートフィル機能は便利ですね。ですが、あれ?と思うことがありました。 Q1と入力してオートフィル でも セルに[Q1]と入力して ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

-Windows Xp & Office2003 Excel2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.