Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly, PDF & Email

ユーザー設定リストの編集

投稿日:2017年1月9日 更新日:

オートフィルとは、連続性のあるデータを複数のセルに一括して入力する機能のことです。オートフィルでは、独自に作成したデータをユーザー設定リストに登録しておくことができます。以前からある機能ですが、ここではExcel2013で解説します。

オートフィルによるデータの入力

オートフィルは元になるセルの■(フィルハンドル)をドラッグして、上下左右の隣り合ったセルにデータを入力します。 文字列や数値のコピーもできま ...

続きを見る

ユーザー設定リストの作成

1つのセルに[1月]と入力してフィルハンドルをドラッグすると、
1月と入力

[1月、2月、3月・・・]と自動的に入力されて便利ですね。これがオートフィル機能です。
オートフィル

頻繁に使うリストはユーザー設定リストに登録しておくと効率的ですし、ミスもなくなります。

リストの作成

まず、リストとして設定したい一覧を作成します。ここでは、下のような一覧を準備しました。
事前準備

[ファイル]タブをクリックします。
ファイルタブ

ユーザー設定リストの編集

[オプション]をクリックします。
オプションをクリック

[Excelのオプション]から[詳細設定]をクリックして、スクロールバーを一番下までドラッグします。そして、[ユーザー設定リストの編集]ボタンをクリックします。
ユーザー設定リストの編集

リストのインポート

[ユーザー設定リスト]から[インポート]ボタンの左にある[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。
ダイアログボックス拡大/縮小ボタン

リストとして登録したい範囲をドラッグして範囲選択します。再度、ダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリックします。
範囲選択

[インポート]ボタンをクリックします。
インポート

[リストの項目]に一覧が表示されたことを確認して、[OK]ボタンをクリックします。
OKボタン

ユーザー設定リストの確認

[総務部]と入力して、フィルハンドルボタンをドラッグしてみてください。リストが表示されると思います。便利になりましたね♪
リストの確認

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

検索して分からなかったら【teratail】に質問!

あなたへのおすすめ

関連記事

重複データの入力を禁止するには

Excelで1つの列に重複した値を入力できないように規制する方法を紹介します。Excel2013で解説しますが、他のバージョンも同じ方法で設 ...

Wordのマクロを全ての文書で使えるようにしたい

Wordで作成したマクロを全ての文書で使えるようにする方法です。 まず、マクロを作成した文書を開きます。そして[開発]タブの[マクロ]をクリ ...

閲覧モードで開かないようにする

Word2013の新機能です。 旧バージョンで作成済みのファイルなどををWord2013で開くと、[閲覧モード]で表示されることがあります。 ...

奇数偶数ページでページ番号を別指定したい

Word2013で、奇数ページと偶数ページでページ番号の位置などを別指定する方法です。 下のような4ページの文章があります。 奇数ページは上 ...

ページ設定はスライドのサイズで

PowerPoint2013では、ページ設定ダイアログボックスの名称が[スライドのサイズ]に変わりました。 今日、作成したスライドのページ番 ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.