リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly, PDF & Email

ユーザー設定リストの編集

投稿日:2017年1月9日 更新日:

オートフィルとは、連続性のあるデータを複数のセルに一括して入力する機能のことです。オートフィルでは、独自に作成したデータをユーザー設定リストに登録しておくことができます。以前からある機能ですが、ここではExcel2013で解説します。

オートフィルによるデータの入力

オートフィルは元になるセルの■(フィルハンドル)をドラッグして、上下左右の隣り合ったセルにデータを入力します。 文字列や数値のコピーもできま ...

続きを見る

ユーザー設定リストの作成

1つのセルに[1月]と入力してフィルハンドルをドラッグすると、
1月と入力

[1月、2月、3月・・・]と自動的に入力されて便利ですね。これがオートフィル機能です。
オートフィル

頻繁に使うリストはユーザー設定リストに登録しておくと効率的ですし、ミスもなくなります。

リストの作成

まず、リストとして設定したい一覧を作成します。ここでは、下のような一覧を準備しました。
事前準備

[ファイル]タブをクリックします。
ファイルタブ

ユーザー設定リストの編集

[オプション]をクリックします。
オプションをクリック

[Excelのオプション]から[詳細設定]をクリックして、スクロールバーを一番下までドラッグします。そして、[ユーザー設定リストの編集]ボタンをクリックします。
ユーザー設定リストの編集

リストのインポート

[ユーザー設定リスト]から[インポート]ボタンの左にある[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。
ダイアログボックス拡大/縮小ボタン

リストとして登録したい範囲をドラッグして範囲選択します。再度、ダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリックします。
範囲選択

[インポート]ボタンをクリックします。
インポート

[リストの項目]に一覧が表示されたことを確認して、[OK]ボタンをクリックします。
OKボタン

ユーザー設定リストの確認

[総務部]と入力して、フィルハンドルボタンをドラッグしてみてください。リストが表示されると思います。便利になりましたね♪
リストの確認

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

Excelを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

[書式のコピー/貼り付け]のポップヒント(スーパーツールチップ)

Excel、Word、PowerPoint、Accessなどにある[書式のコピー/貼り付け]ボタンですが、このボタンをポイントすると現れるポ ...

複数オブジェクトの選択が可能

Word2013では、複数オブジェクトの選択が[オブジェクトの選択]ボタンのドラッグ操作で可能になりました。 オブジェクトの選択 画像や、テ ...

段落罫線に色をつける

Word2013で段落罫線に色を付ける方法です。 段落罫線は、段落に対して罫線を引くので、ページ幅に罫線をひくことができます。 段落記号まで ...

埋め込みマクロのコード変換

Access2007以降(拡張子accdb)では、[コマンドボタンウィザード]や[マクロビルダー]を使ってボタンを作成すると、[埋め込みマク ...

未読メッセージの色を変える

Office2013でメールを受信すると、下のようになります。ビュー設定はシングルにしています。テスト2とテスト3が未読メッセージです。 条 ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.