Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

ユーザー設定リストの編集

投稿日:2017年1月9日 更新日:

オートフィルとは、連続性のあるデータを複数のセルに一括して入力する機能のことです。

オートフィルでは、独自に作成したデータを[ユーザー設定リスト]に登録しておくことができます。

以前からある機能ですが、ここではExcel2013で解説します。

オートフィルによるデータの入力

オートフィルは元になるセルの■(フィルハンドル)をドラッグして、上下左右の隣り合ったセルにデータを入力します。 文字列や数値のコピーもできま ...

続きを見る

ユーザー設定リストの作成

オートフィルとは

1つのセルに[1月]と入力してフィルハンドルをドラッグすると、

1月と入力

[1月、2月、3月・・・]と自動的に入力されて便利ですね。

これがオートフィル機能です。

オートフィル

頻繁に使うリストは[ユーザー設定]リストに登録しておくと効率的ですし、ミスもなくなります。

リストの作成

まず、リストとして設定したい一覧を作成します。

ここでは、下のような一覧を準備しました。

事前準備

[ファイル]タブをクリックします。

ファイルタブ

ユーザー設定リストの編集

[オプション]をクリックします。

オプションをクリック

[Excelのオプション]から[詳細設定]タブをクリックして、スクロールバーを一番下までドラッグします。

そして、[ユーザー設定リストの編集]ボタンをクリックします。

ユーザー設定リストの編集

リストのインポート

[ユーザー設定リスト]から[インポート]ボタンの左にある[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。

ダイアログボックス拡大/縮小ボタン

リストとして登録したい範囲をドラッグして範囲選択します。

再度、ダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリックします。

範囲選択

[インポート]ボタンをクリックします。

インポート

リストの編集

[リストの項目]に表示されたリストは、直接入力したり、修正することができます。

リストのミスに気が付いたら、直接編集することができます。

例えば、[第三事業部]を追加し忘れたと思ったら、[第二事業部]の末尾にカーソルを置いて、[Enter]キーを置いて改行します。

そして、[第三事業部]と入力します。

編集後は、[追加]ボタンをクリックします。

OKボタン

確認したら、[OK]ボタンをクリックして閉じます。

参考既定で設定されているリストは編集することはできません。

リストの項目を直接入力

インポートではなく、はじめから入力することもできます。

[ユーザー設定リスト]の一番上にある[新しいリスト]をクリックします。

そして、右の空白の[リストの項目]にリストを入力していきます。

リストの区切りは、[Enter]キーを押します。

そして、最後に[追加]ボタンをクリックします。

ユーザー設定リスト

ユーザー設定リストの確認

セルに[総務部]と入力して、フィルハンドルボタンをドラッグしてみてください。

リストが表示されると思います。

便利になりましたね♪

リストの確認

参考ピボットテーブルの並べ替えにもユーザー設定リストを使用することができます。

ピボットテーブルの行や列の並べ替え

Excelのピボットテーブルで、行や列を並べ替えするときに知っておくと便利な機能があります。 ユーザー設定リストに登録したリストで並べ替える ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.