Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

ユーザー設定リストの編集

投稿日:2017年1月9日 更新日:

オートフィルとは、連続性のあるデータを複数のセルに一括して入力する機能のことです。オートフィルでは、独自に作成したデータをユーザー設定リストに登録しておくことができます。以前からある機能ですが、ここではExcel2013で解説します。

オートフィルによるデータの入力

オートフィルは元になるセルの■(フィルハンドル)をドラッグして、上下左右の隣り合ったセルにデータを入力します。 文字列や数値のコピーもできま ...

続きを見る

ユーザー設定リストの作成

1つのセルに[1月]と入力してフィルハンドルをドラッグすると、
1月と入力

[1月、2月、3月・・・]と自動的に入力されて便利ですね。これがオートフィル機能です。
オートフィル

頻繁に使うリストはユーザー設定リストに登録しておくと効率的ですし、ミスもなくなります。

リストの作成

まず、リストとして設定したい一覧を作成します。ここでは、下のような一覧を準備しました。
事前準備

[ファイル]タブをクリックします。
ファイルタブ

ユーザー設定リストの編集

[オプション]をクリックします。
オプションをクリック [Excelのオプション]から[詳細設定]をクリックして、スクロールバーを一番下までドラッグします。そして、[ユーザー設定リストの編集]ボタンをクリックします。
ユーザー設定リストの編集

リストのインポート

[ユーザー設定リスト]から[インポート]ボタンの左にある[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。
ダイアログボックス拡大/縮小ボタン

リストとして登録したい範囲をドラッグして範囲選択します。再度、ダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリックします。
範囲選択

[インポート]ボタンをクリックします。
インポート [リストの項目]に一覧が表示されたことを確認して、[OK]ボタンをクリックします。
OKボタン

ユーザー設定リストの確認

[総務部]と入力して、フィルハンドルボタンをドラッグしてみてください。リストが表示されると思います。便利になりましたね♪
リストの確認

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

記事を更新しました

レポートはxlsxファイル形式に出力できない

Access2013でレポートを作成して、これをこのままExcelに出力できたら便利だなぁと思い、レポートを表示して、[外部データ]タブの[ ...

マウスで罫線を引く

Word2013で[罫線を引く]コマンドは[ホーム]タブ、[レイアウト]タブ、[デザイン]タブの3か所にあります。 [ホーム]タブの[罫線] ...

Excelのテキストボックスでのタブ設定

Excelでテキストボックスを挿入した後、そのテキストボックス内の文字列にタブ設定をする方法を紹介します。 テキストボックスの挿入 [挿入] ...

フォームヘッダー/フッターの表示

Access2013のフォームで[フォームのヘッダー/フッター]を表示する方法です。 フォームをデザインビューで開くと、下のようになっていま ...

100%積み上げグラフにパーセンテージを表示

Excelで100%積み上げ縦棒(横棒)グラフを作成したけど、データラベルにパーセンテージを表示できなくて困ったという経験がある方は多いと思 ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.