Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly, PDF & Email

ユーザー設定リストの編集

投稿日:2017年1月9日 更新日:

オートフィルとは、連続性のあるデータを複数のセルに一括して入力する機能のことです。オートフィルでは、独自に作成したデータをユーザー設定リストに登録しておくことができます。以前からある機能ですが、ここではExcel2013で解説します。

オートフィルによるデータの入力

オートフィルは元になるセルの■(フィルハンドル)をドラッグして、上下左右の隣り合ったセルにデータを入力します。 文字列や数値のコピーもできま ...

続きを見る

ユーザー設定リストの作成

1つのセルに[1月]と入力してフィルハンドルをドラッグすると、
1月と入力

[1月、2月、3月・・・]と自動的に入力されて便利ですね。これがオートフィル機能です。
オートフィル

頻繁に使うリストはユーザー設定リストに登録しておくと効率的ですし、ミスもなくなります。

リストの作成

まず、リストとして設定したい一覧を作成します。ここでは、下のような一覧を準備しました。
事前準備

[ファイル]タブをクリックします。
ファイルタブ

ユーザー設定リストの編集

[オプション]をクリックします。
オプションをクリック

[Excelのオプション]から[詳細設定]をクリックして、スクロールバーを一番下までドラッグします。そして、[ユーザー設定リストの編集]ボタンをクリックします。
ユーザー設定リストの編集

リストのインポート

[ユーザー設定リスト]から[インポート]ボタンの左にある[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。
ダイアログボックス拡大/縮小ボタン

リストとして登録したい範囲をドラッグして範囲選択します。再度、ダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリックします。
範囲選択

[インポート]ボタンをクリックします。
インポート

[リストの項目]に一覧が表示されたことを確認して、[OK]ボタンをクリックします。
OKボタン

ユーザー設定リストの確認

[総務部]と入力して、フィルハンドルボタンをドラッグしてみてください。リストが表示されると思います。便利になりましたね♪
リストの確認

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

アドセンス記事内広告1個

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

削除済みアイテムフォルダーを空にする

Outlook2013で削除済みアイテムフォルダーを空にする方法です。 終了時に削除済みアイテムフォルダーを空にする Outlookを終了す ...

数式が表示されて計算結果が表示されない

Excelで、A列に入力している日付(8桁の数字)から年だけをB列に表示したいとの質問を受けました。 LEFT関数 セルB1を選択して、数式 ...

表のミニツールバーにコマンドが追加

Word2013では、表内で右クリックして表示されるミニツールバーに[挿入]と[削除]のコマンドが追加されました。 下は、Word2010の ...

表を削除して文字列だけ残すには

表は削除したいけど、セル内の文字列は残したいということがあります。 こういう場合は、[表の解除]ボタンを使います。 表の解除 まず、表内でク ...

Ctrl+左クリックで先頭のシートにスクロール

Excel2013では、シート見出しの左端に(三角マーク)が表示され、その(三角マーク)をポイントすると、下のようにメニューが現れます。 C ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.