リンクユニット

Windows 7 & Office 2010 Excel 2010

ブック間の数式のコピーは同一ウィンドウ内で

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelのバージョンが2010までのブック間で数式をコピーする時には、同一ウィンドウ内で行ってください。

Excel2010までは、別ウィンドウで開いた状態では値の貼り付けになってしまいます。

Excel2013以降では問題ありません。

Excel2010とExcel2013では、インターフェイスが異なります。

そのため、Excel2013では利用できなくなった機能もあります。

参考Officeのバージョンについては、以下の記事で解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも長い時間を経て、大きく様変わりしてきました。 トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すと ...

続きを見る

現象の再現


Book1とBook2を別ウィンドウで起動して、Book1の数式をBook2のセルへコピー&ペーストしようとすると

ブック間のコピー&貼り付け

[貼り付けのオプション]の種類も下のように少ないですね。

貼り付けオプション

そして、貼り付けようとすると、メッセージウィンドウが表示されます。

メッセージには、下のように記されています。

貼り付け元の範囲には、Excelのこのインスタンスに貼り付けられない数式が含まれています。

これらの数式は値として貼り付けられます。

この原因として、貼り付け元が、保護されたビュー、Excelの別のインスタンス、または他のアプリケーションだったことが考えられます。

メッセージウィンドウ

[OK]ボタンをクリックすると、メッセージどおり値が貼り付けられます。

値の貼り付け

ブック間で数式をコピーする場合は、同一ウィンドウ内で並べて操作されることをお勧めします。

Excel2010までは、MDI(マルチドキュメントインターフェイス)なので、保存したブックをダブルクリックで起動すると、同じウィンドウ内にブックが表示されます。

ですが、Excelをスタートメニューのアプリケーションから起動すると別ウィンドウとして開くことができます。

こうした状態で数式のコピーをすると、上記のような問題が起きてしまいます。

同一ウィンドウ内での操作

2つのブックをダブルクリックで起動します。

[表示]タブにある[整列]をクリックします。

[ウィンドウの整列」ダイアログボックスが表示されます。

[左右に並べて表示]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。

ウィンドウの整列

同じウィンドウ内に2つのブックが左右に並びます。

ブックの整列

この状態で上記と同じようにBook1のセル[C1]をコピーして、Book2のセル[C1]へ貼り付けようとすると、[貼り付けオプション]もいつものようにたくさん表示されます。

[数式]をポイントして確認します。

貼り付けオプション

Book2のセル[C1]には、数式が貼り付けられます。

数式の貼り付け

参考シートを並べて表示する方法については、以下の記事で解説しています。

異なるブックのワークシートや、同一ブックのワークシートを並べて表示

異なるブックのワークシートを左右に並べて表示したい、あるいは同じブックの異なるワークシートを並べたい、同じブックの異なるシートを左右に表示し ...

続きを見る

Excel2013以降は、SDI(シングルドキュメントインターフェイス)となっていて別ウィンドウのままブック間の数式のコピー&貼り付けを行うことができます。

Excel2013以降に利用できなくなった機能

MDI(マルチドキュメントインターフェイス)からSDI(シングルドキュメントインターフェイス)になったことで、利用できなくなった機能もあります。

MDI(マルチドキュメントインターフェイス)からSDI(シングルドキュメントインターフェイス)へ

[シート構成とウィンドウの保護]で[ウィンドウ]

Excel2013以降は、[ブックの保護]の[シート構成とウィンドウの保護]で[ウィンドウ]の利用はできなくなっています。

[ブックの保護]の[シート構成とウィンドウの保護]

参考以下の記事が参考になると思います。

「シートの保護」と「ブックの保護」

作業状態の保存

[表示]タブの[ウィンドウ]グループにある[作業状態の保存]機能も、Excel2013では廃止されました。

[作業状態の保存]とは、複数のブックを開いて、その作業状態のまま保存できる機能です。

Excel2010の[表示]タブの[作業状態の保存]

拡張子は(.xlw)となり、ダブルクリックすると、以前の作業状態で開くことができます。

Excel2010で作成したxlwファイル

Excel2013以降は、この[作業状態の保存]コマンドはありません。

以下は、Excel2013の[表示]タブです。

Excel2013の[表示]タブ

ただし、Excel2010までのバージョンで作成した(xlw)のファイルは、Excel2013以降もダブルクリックで開くことはできます。

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 7 & Office 2010 Excel 2010

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.