Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

最終更新日時を自動的に保存するには

投稿日:2018年4月21日 更新日:

Excelでセルに最終更新日時を自動的に表示できるようにしたいという場合の方法です。

ユーザー定義関数を使う方法

マクロを作成後、ボタンをクリックして日時を更新する方法を紹介します。

シートに最終更新日時を表示

まず、どちらにしても[開発]タブを表示しておいたほうが操作はしやすいと思います。

ここでは、[開発]タブを表示している状態での解説をしています。

[開発]タブの表示については、以下の記事で解説しています。

開発タブの表示

Office2010から[開発]タブを表示する方法が変わりました。Office2010以降は以下の方法で表示します。 [ファイル]タブの[オ ...

続きを見る

ユーザー定義関数を使って更新日時を表示

VBEを起動します。[開発]タブをクリックして左端にある[Visual Basic]ボタンをクリックします。

参考ショートカットキーは、[Alt]+[F11]です。

[開発]タブの[Visual Basic]ボタン

ユーザー定義関数の作成

[挿入]メニューから[標準モジュール]をクリックします。

標準モジュール

そして、以下のコードをコピーして貼り付けします。

Function LastSaveTime()

Application.Volatile LastSaveTime = ThisWorkbook.BuiltinDocumentProperties("Last save time").Value

End Function

標準モジュール

VBEは、閉じるボタンをクリックして閉じます。

ユーザー定義関数については、以下の記事を参考にさせていただきました。

ファイルの最終更新日時を取得したい:エクセルマクロ・Excel VBAの使い方-ユーザー定義関数

セルへユーザー定義関数を入力

最終更新日時を表示したいセルを選択します。そして、数式バーに以下のように入力します。コピーして貼り付けしてもらっても構いません。

=lastsavetime()

セルにユーザー定義関数を入力

または、アクティブセルに[=](イコール)と[L(エル)]を入力すると、下のように関数一覧が表示されますので、その中から[LastSaveTime]を選択してもいいです。

関数を選択するときは、方向キー↓で移動して、[Tab]キーで選択します。

注意[Enter]キーではなく[Tab]キーを使います。

関数の選択

最後に[)](半角の閉じ括弧)を入力します。

ユーザー定義関数の入力

数式バーには、下のように入力されます。

ユーザー定義関数の入力

セルの書式設定の変更

ユーザー定義関数を入力したセルには、何だかわからない数値が入力されていると思います。

これを日付形式に変更します。

ユーザー定義関数を入力したセルを選択して、右クリックします。

ショートカットメニューから、[セルの書式設定]をクリックします。

参考[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示するショートカットキーは、[Ctrl]+[1]です。

セルで右クリック

そして、[表示形式]タブの[日付]を選択します。

[種類]の中から目的にある形式を選択します。

[サンプル]で確認しながら、選択してください。

[OK]ボタンをクリックして閉じます。

[セルの書式設定]ダイアログボックス

セルの表示は下のように日付表示になります。

セルの表示形式が日付に変更

ブックの保存

ブックを保存するときは、[マクロ有効ブック]として保存します。

ブックに名前を付けていない場合は、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示します。

参考キーボードから[F12]キーを押すと、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示することができます。

[ファイルの種類]から[Excel マクロ有効ブック(*.xlsm)]を選択します。ファイル名を付けて保存します。

[名前を付けて保存]ダイアログボックス

もし、既存のブックであれば、閉じるときに以下のメッセージが表示されます。

次の機能はマクロなしのブックに保存できません:

・VB プロジェクト

これらの機能が含まれるファイルを保存する場合は、[いいえ]をクリックし、[ファイルの種類]ボックスでマクロ有効ファイルの種類を選択してください。

マクロなしのブックとして保存する場合は、[はい]をクリックしてください。

このメッセージが表示されたら、[いいえ]を選択してください。

[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されますので、上記と同じように[ファイルの種類]から[Excel マクロ有効ブック(*.xlsm)]を選択して保存してください。

メッセージウィンドウ

保存後、ブックのアイコンは下のようになります。

マクロ有効ブックのアイコン

マクロのセキュリティ

マクロセキュリティが既定のままであれば、[マクロ有効ブック]を開いたときに、下のように[セキュリティの警告]の情報バーが表示されます。

[コンテンツの有効化]ボタンをクリックすると使用できるようになります。

コンテンツの有効化

また、マクロのセキュリティは、[開発]タブを表示している場合は簡単に設定を変更することができます。

[開発]タブの[マクロのセキュリティ]をクリックします。

マクロのセキュリティ

すると、[セキュリティセンター]ダイアログボックスが表示されます。

[マクロの設定]を[すべてのマクロを有効にする]を選択すると、情報バーは表示されなくなります。

ただし、セキュリティは低くなります。

セキュリティセンター

また、[開発]タブを表示しない場合の[マクロのセキュリティ]の設定については、以下の記事で解説しています。

【マクロの設定】画面の表示方法

マクロのセキュリティ設定をカスタマイズするためには、[マクロの設定]画面を表示しなければなりません。 [開発]タブを表示している場合 [開発 ...

続きを見る

ボタンをクリックして最終更新日時を更新

ユーザー定義関数でセルに最終更新日時を表示して保存できるようになるのですが、更新日時を保存しなくてもいいケースも出てきます。

例えば、列幅の調整をしただけという場合などです。

更新日時を保存したい場合のみ、簡単に保存できるようにできないかという質問を受けます。

ただし、ボタンを押し忘れるというリスクも出てきます。

マクロボタンをクリックして、現在の日時を表示して保存する方法です。

マクロの作成

更新日時を表示するセル番地を確認しておきます。

ここでは、[営業部]シートのセル[A2]に表示したいと思います。

営業部シート

VBEを起動します。[開発]タブをクリックして左端にある[Visual Basic]ボタンをクリックします。

参考ショートカットキーは、[Alt]+[F11]です。

[開発]タブの[Visual Basic]ボタン

VBEの[挿入]メニューから[標準モジュール]をクリックします。

標準モジュール

更新日時を入力するマクロを作成します。

以下のコードを標準モジュールに入力します。コピーして貼り付けてもらってかまいません。

参考["営業部"]はシート名で、["A2"]はセル番地です。

ここの2つは編集してください。

また、日付だけを表示したい場合は、[Now]を[Date]に変更してください。

Sub 現在の日時()

Sheets("営業部").Range("A2").Value = Now

End Sub

標準モジュール

VBEは、閉じるボタンで閉じます。

マクロの確認

営業部シートを表示します。

[開発]タブをクリックして、[コード]グループにある[マクロ]をクリックします。

[開発]タブの[マクロ]

下のように[現在の日時]マクロが作成されていることを確認します。[実行]ボタンをクリックします。

[マクロ]ダイアログボックス

一瞬で、[営業部]シートのセル[A2]に現在に日時が表示されたと思います。

今の日時が表示されたワークシート

マクロボタンの作成

ボタンを作成して、そのボタンにマクロを登録します。

[挿入]タブの[図]グループにある[図形]をクリックして、[四角形:角度付き]をクリックします。

参考ほかの図形でも構いません。

[挿入]タブの[図形]

ドラッグして、四角形を描きます。大きさや位置は後で調整することができます。

四角形の挿入

ボタンを選択した状態で右クリックします。ショートカットメニューから[マクロの登録]をクリックします。

右クリックのショートカットメニュー

すると、[マクロの登録]ダイアログボックスが表示されます。

[現在の日時]を選択して[OK]ボタンをクリックします。

マクロの登録

一度、他のセルをクリックして、四角形から選択を解除します。

確認のため四角形のボタンをクリックしてみてください。日時が更新されると思います。

ボタンをクリック

ボタンに文字列を入力します。

ボタンで右クリックして、ショートカットメニューから[テキストの編集]をクリックします。

ショートカットメニューの[テキストの編集]

ボタンに分かりやすい名前を付けます。

文字列がボタンの上下中央になるように、[ホーム]タブの[配置]グループにある[上下中央揃え]と[中央揃え]のボタンをクリックします。

[上下中央揃え]と[中央揃え]

マクロの編集

マクロを編集する必要が出てきた場合は、[開発]タブの[コード]グループにある[マクロ]をクリックします。

参考マクロの表示のショートカットキーは、[Alt]+[F8]ですね。

[開発]タブの[コード]グループにある[マクロ]

今度は、[マクロ]ダイアログボックスが表示されます。

目的のマクロ名を選択して、[編集]ボタンをクリックします。

[マクロ]ダイアログボックス

参考マクロボタンは、[表示]タブの右端にもあります。

[表示]タブの[マクロ]

VBEが起動しますので、ここで編集します。

[開発]タブの[Visual Basic]ボタンをクリックしても同じです。

VBE

マクロを作成した場合も[マクロ有効]ブックとして保存してください。

[名前を付けて保存]ダイアログボックスの[ファイルの種類]から[Excel マクロ有効ブック(*.xlsm)]を選択して、ファイル名を付けて保存します。

参考キーボードから現在の日付と現在に時間を入力することもできます。

キーボードから今日の日付・現在の時刻を簡単入力

Excelで簡単に現在の日付と時刻を入力してみましょう。 日付を入力したいセルをクリックしてアクティブにします。 今日の日付を入力 キーボー ...

続きを見る

Wordでも更新日時を自動的に保存することができます。

最終更新日時を自動で表示

文書を開いたときに、最終更新日が分かると便利ですね。特に複数人で利用する文書なら、尚更です。 フィールドの挿入 [挿入]タブの[クイックパー ...

続きを見る

以下の記事では、Accessでレコードの更新日時を自動的に保存する方法を解説しています。

レコードの更新日時を保存する

Accessで更新日時を保存したいということは多いですね。 テーブルに[更新日時]フィールドを追加 まずテーブルに[更新日時]という[日付/ ...

続きを見る

また、PowerPointのスライドには[オブジェクトの挿入]機能を使って、Wordのフィールドコードを挿入して最終更新日時を表示することができます。

スライドに最終更新日時を挿入するには

PowerPointには、ヘッダーとフッターに自動更新日を表示することができますが、更新していなくてもファイルを開くたびに更新されてしまいま ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

記事を更新しました

【Ctrl】キーでマウスポインターの位置を表示する

Windows10で [Ctrl]キーを押して、マウスポインターの位置を表示できるようにする設定です。 設定から検索 [スタート]ボタンをク ...

スマート検索

Office2016の新機能です。 [校閲]タブの[インサイト]グループに[スマート検索]というボタンがあります。 ポップヒントには、以下の ...

Officeテーマ

Office2016のOfficeテーマは、[カラフル][濃い灰色][白]の3種類です。 既定はカラフルです。 アカウントから変更 Offi ...

ページ幅が異なるPDFの幅を揃えるには印刷設定で

Windows10に標準搭載のEdgeは、PDFビューワーとしての機能もあります。 Windows10ではAdobe Readerが不要で、 ...

受信メールの一部分を印刷したい時はメッセージの編集が便利

受信したメールの一部分を印刷したい時ってありますね。 たとえば、レストランや列車の予約をしたら、お知らせのメールが届きます。 その受信メール ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.