Windows8 & Office2013 Access2013

Print Friendly

レコードの更新日時を保存する

投稿日:

Accessで更新日時を保存したいということは多いですね。

まずテーブルに[更新日時]というフィールドを追加します。
テーブルのデザインビュー
フォームに[更新日時]フィールドを追加します。
単票フォーム

スポンサーリンク

フォームをデザインビューで開いて、フォームの[更新前処理]でイベントプロシージャを表示します。
フォームのプロパティ
[更新日時]=Now()と入力します。これで、レコードが更新された日時を保存することができます。
フォームにテキストボックス[更新日時]がなくてもテーブルには保存されます。
イベントプロシージャ
これまで私は、フォームのテキストボックスの更新後処理に書き込んでいたのですが、更新前処理に書き込むほうが正しいようです。
また、テキストボックスではなく、フォームの更新前処理に書き込むと1行だけで済みます。
下記はMicrosoftのページですが、マクロを使用する方法で解説してあります。
レコード変更時に日時を保存する

お勧め記事と広告

関連記事

スライドを抜いてもスライド番号は連続したい

PowerPointでプレゼンテーションを作成した後、その中の一部のスライドを抜いてプレゼンしたいということがあります。非表示スライドの設定 ...

おすすめグラフに複合グラフを表示するには

Excel2013のおすすめグラフはとても便利です。 複合グラフの作成ならExcel2013の「おすすめグラフ」が便利 複合グラフですが、あ ...

コンボボックスの値をボタンで切替

Accessのフォームでコンボボックスの値集合ソースをボタンで切り替える方法です。 下のようなフォームを作成しています。 [日本食]ボタンを ...

Excelのデータをインポート

AccessにExcelのデータをインポートしてテーブルを作成する方法です。操作は簡単なのですが、なかなか思うように行かないこともあります。 ...

削除できない名前がある

Excelのワークシートで使用していない名前があるので、削除したいと思い[数式]タブにある[名前の管理]をクリックして、[名前の管理]ダイア ...

-Windows8 & Office2013 Access2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.