リンクユニット

Windows7 & Office2010 Access2010

変更履歴テーブルの作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

追加クエリを使用して、テーブルに変更履歴を残す方法です。
テーブル

[T_売上]テーブルは、下のようになっています。[ID]が主キーとなっています。
デザインビュー

売上履歴テーブルの作成

この[T_売上]テーブルをコピーして、[T_売上の履歴]テーブルを作成します。[ID]の主キーは削除して、重複のレコードが保存できるようにします。
履歴テーブル作成

[F_帳票]フォームの[開く]ボタンをクリックすると[F_単票]フォームが開くように設定しています。
これについては、帳票フォームから単票フォームを起動するにはを参照してください。

帳票フォームから単票フォームを起動するには

Accessで、帳票フォームから同じIDの単票フォームをボタンで起動する方法を解説します。画像は、Acess2010ですが、他のバージョンで ...

続きを見る

この[F_単票]フォームで[担当者]や[数量][商品]を変更したら、更新日時が自動取得され、そのデータが[T_売上の履歴]に保存されるようにします。
単票フォーム

[更新日時]が自動的に取得されるように[担当者][数量][商品]コントロールの[更新後処理]イベントに以下のように入力します。
VBA

追加クエリの作成

追加クエリを作成します。[T_売上]テーブルを元に下のように設定します。[デザイン]タブにある[クエリの種類]グループにある[追加]ボタンをクリックします。[追加]ダイアログボックスで[追加先]の[テーブル名]に[T_売上の履歴]を選択します。[OK]ボタンをクリックしてクエリに名前を付けて保存します。
追加クエリ

マクロの作成

[追加クエリ]を実行するためのマクロを下のように作成します。
マクロ

このまま[F_単票]の更新後処理にマクロを指定してもいいのですが、このままだと
プロパティシート 更新後処理

[追加クエリを実行すると、テーブルのデータが変更されます]と[1件のレコードを追加します]という、以下のメッセージがクエリを実行する度に表示されるようになります。
メッセージウィンドウ

メッセージウィンドウ

マクロの編集

面倒なので、マクロを下のようの編集します。マクロは右側にマウスをポイントすると[↑][↓]の矢印が表示されますので、この矢印で順番を変更することができます。
アクションクエリ実行時の確認メッセージを非表示にするも参考になると思います。
履歴 マクロ

テーブル[T_売上の履歴]を表示すると、下のようにデータを更新したレコードが追加されています。[更新日]がないレコードは削除するように削除クエリもマクロに取り込むといいですね。また、このテーブルを元にフォームを作成し、ボタンをクリックして履歴を閲覧できるようにすると、より便利です。
履歴テーブル

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

ウィンドウの最大化

ウィンドウのタスクバーを画面の右上、左上にドラッグするとウィンドウが最大化になります。 でも、従来通りタスクバーをダブルクリックしても最大化 ...

起動時のスライドを白紙レイアウトにしたい

PowerPointを起動すると、一枚のスライドが表示されます。 そして、そのスライドのレイアウトは、[タイトルスライド]になっています。 ...

ピボットテーブルのグループの下に空白行を入れる

ピボットテーブルの各グループの下に空白行を挿入すると、グループを目立たせることができます。 アイテムの後ろに空行を入れる [ピボットテーブル ...

オプショングループの作成

Access2010でオプショングループを作成する方法です。画像はAccess2010ですが、ほかのバージョンもほとんど変わらないと思います ...

iPhoneのメールをパソコンで接続

Outlook2010を起動して、[ファイル]タブから[情報]の[アカウントの追加]をクリックします。手動設定を選択して、[次へ]ボタンをク ...

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.