Google検索

Windows8 & Office2013 Access2013

グループ化で重複レコードを削除したテーブルを作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Access2013で、1つのテーブルで重複したレコードを削除してマスターテーブルを作成する方法です。

テーブルの作成

テーブルの確認


以下のようなテーブル(テーブル名は受注)があります。

社員IDの重複レコードを削除して、社員テーブルを作成します。

受注テーブル

クエリの作成

クエリで受注テーブルの[社員ID]をデザイングリッドにドラッグします。

クエリ デザインビュー

集計をクリック

デザインタブにある[集計]をクリックします。

集計ボタン

デザイングリッドの集計に[グループ化]と表示されます。

デザインビュー

クエリを実行して確認

[デザイン]タブの[実行]をクリックして、結果を確認します。

実行ボタン

重複レコードはないですね。

そのまま、またデザインビューに戻ります。

クエリの実行

テーブルの作成

[デザイン]タブの[クエリの種類]グループにある[テーブルの作成]をクリックします。

クエリの種類:テーブルの作成

クエリを使用してデータベースのレコードを選択し、新しいテーブルとして保存します。

テーブルの作成

[テーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。

[テーブル名]に任意の名前を入力します。

[OK]ボタンをクリックします。

テーブルの作成ダイアログボックス

アクションクエリの実行

[実行]ボタンをクリックします。

実行ボタン

メッセージウィンドウが表示されますので、[はい]ボタンをクリックします。

メッセージウィンドウ

テーブルが作成されます。

クエリは、再度使う予定があれば、名前を付けて保存してください。

テーブル

別の方法もあります。Access2010で解説しています。

重複レコードを削除してマスターテーブルを作成

Access2010でテーブルから、重複レコードを削除してマスターとなるテーブルを作成する方法です。 いくつかの方法があるようですが、1つの ...

続きを見る

参考グループ化については、以下の記事でも解説しています。

クエリでデータをグループ化して集計

クエリのデザイングリッドに[集計]セルを表示すると、データをグループ化して、グループごとに集計することができます。 製品ごとに数量や売上の合 ...

続きを見る

以下は、アクションクエリ関連の記事です。

追加クエリの作成と追加先テーブルの変更

1つのテーブルに別のテーブルのレコードを追加する方法です。 3個テーブルがあって、各テーブルのフィールド名は同じです。 ここでは例として、テ ...

続きを見る

変更履歴テーブルの作成

追加クエリを使用して、テーブルに変更履歴を残す方法です。 参考ここでは、ウィンドウの表示は[ウィンドウを重ねて表示する]の設定にしています。 ...

続きを見る

アクションクエリ実行時の確認メッセージを非表示にする

以下のメッセージウィンドウは、追加クエリを実行したときに表示されるメッセージです。このメッセージを非表示にする方法です。 場合によっては、確 ...

続きを見る

差分を追加(追加クエリ)

Accessで2つのテーブルの不一致レコードを抽出した後、その差分レコードをテーブルへ追加する方法です。 参考ここでは[ドキュメントウィンド ...

続きを見る

以下の記事ではアクションクエリについてもまとめています。

削除クエリを使ってすべてのレコードを削除するには

Accessでテーブルのすべてのレコードを削除するには、すべてのレコードを選択して削除する方法もありますが、削除クエリを使って簡単に削除する ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Access2013

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.