Windows8 & Office2013 Access2013

Print Friendly

埋め込みマクロのコード変換

投稿日:

Access2007以降(拡張子accdb)では、[コマンドボタンウィザード]や[マクロビルダー]を使ってボタンを作成すると、[埋め込みマクロ]が作成されます。
通常の独立マクロであれば、[マクロをVisualBasicに変換]でコードに変換できるのですが、この埋め込みマクロは変換できません。ただ、埋め込みマクロの仕様は見ることができるので、一度 埋め込みマクロをマクロ作成で作成し直し、VisualBasicに変換することはできます。

※拡張子がmdbの場合は、イベントプロシージャとなりますのでコードを確認できます。

レコードの検索ボタンをウィザードで作成

ここでは、[レコードの検索]ボタンを作成します。
フォームをデザインビューで開き[デザイン]タブの[ボタン]をクリックします。このとき[コントロールウィザードの使用]はオンにしています。(既定)
コマンドボタンの作成

[コマンドボタン ウィザード]から[レコードの移動]と[レコードの検索]を選択して[次へ]ボタンをクリックします。
コマンドボタンウィザード

[文字列]を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。
コマンドボタンウィザード

ボタン名をつけて、[完了]ボタンをクリックします。
コマンドボタンウィザード

スポンサーリンク

フォームのデザインビューには、レコードの検索ボタンが作成され、ボタンのプロパティ、イベントには、[クリック時]に[埋め込みマクロ]と表示されます。
埋め込みマクロ

フォームビューに切り替えて、[レコードの検索]ボタンをクリックすると、[検索と置換]ダイアログボックスが表示されます。
レコードの検索

埋め込みマクロの詳細

デザインビューで、この埋め込みマクロの詳細をみてみます。[埋め込みマクロ]右横の[…]ボタンをクリックします。
プロパティ

下のようになっています。
埋め込みマクロ

埋め込みマクロの[マクロをVisualBasicに変換]ボタンは無効

でも、コードに変換しようとしても[マクロをVisualBasicに変換]ボタンは無効です。
マクロをVisualBasicに変換ボタン

独立マクロの作成

通常のマクロであればコードに変換は出来るので、埋め込みマクロを参照して同じマクロを作成します。[作成]タブの[マクロ]をクリックします。
マクロの作成

埋め込みマクロと同じようにアクションを設定して、マクロに名前を付けて保存します。
マクロに名前を付けて保存

独立マクロをVisualBasicに変換

作成したマクロをデザインビューで開き、[マクロをVisualBasicに変換]ボタンをクリックします。
VisualBasicに変換

ウィンドウが表示されますので、[変換]ボタンをクリックします。
マクロの変換

VBEが開き、変換されたコードを見ることができます。
変換されたコード

お勧め記事と広告

関連記事

フォームを開く時に前回のフィルターの状態で開きたい

Accessの分割フォームでデータシートのフィルターを使って絞り込みを行います。 絞り込みの結果は下のようになります。 この絞り込んだ状態の ...

Wordのマクロを全ての文書で使えるようにしたい

Wordで作成したマクロを全ての文書で使えるようにする方法です。 まず、マクロを作成した文書を開きます。そして[開発]タブの[マクロ]をクリ ...

ドキュメントの場所

クイックアクセスツールバーは、タブを切り替えずに使用できるので便利ですね。 その他のコマンドの中に[ドキュメントの場所]というのがあります。 ...

複数ページの表示

Word2013で複数ページを表示する方法です。 [表示]タブの[ズーム]グループにある[複数ページ]をクリックします。 自動で縮小されて、 ...

ページ数を1ページ減らすには

Wordには、自動的に圧縮して1ページ分を縮小してくれる機能があります。 Word2007までは、[印刷プレビュー]時に[1ページ分圧縮]と ...

-Windows8 & Office2013 Access2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.