リンクユニット

Windows8 & Office2013 Access2013

分割フォームの列幅を保存するには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessで分割フォームをよく利用しています。
単票フォームとデータシートが一つのフォームに作成できて便利です。
分割フォーム

ですが、分割フォームを作成した後、データシートの列幅を調整するため、列幅の境界線をドラッグして調整するのですが、列幅を保存できない場合があります。

分割フォームの列幅を調整しても保存されない現象

下のようにドラッグで列幅を調整して
列幅をドラッグ

目的の幅になったら、フォームを閉じます。
分割フォーム

再度 開くと、元の幅になっています。調整した列幅が保存されていません。
注意現在は列幅が保存されないという現象は起きていません。どこかの更新プログラムで修正されたのだと思います。(環境はWindows10、Access2013)

詳しくいうと、フォームによって、列幅の調整ができるものと出来ないものがあるんですね。
なぜ、こういうことが起きるのか?本当に悩みました。
分割フォームを再表示

分割フォームの列幅を保存する解決方法

で、やっとわかったのですが、
[読み込み時]イベント、または[開く時]のイベントに下のようにコードを書いていると、列幅の調整はできません。
このコードをコメントブロックすると、列幅は保存されます。
開く時イベント

ですが、[読み込み時]イベントは消せないという場合もありますね。
その場合の方法です。
フォームビューで列幅を調整した後に[分割バー]をちょっと移動させます。移動して元の位置にもどしても構いません。
プロパティで[分割フォームの分割バー]を[いいえ]にしている場合は、[はい]にしてください。
分割フォーム

これで列幅を保存できるようになります。

注意現在は列幅が保存されないという現象は起きていません。どこかの更新プログラムで修正されたのだと思います。(環境はWindows10、Access2013)

分割フォームを利用する際、データシートビューでデータ抽出をすることが多いと思いますが、空白を含むフィールドでは注意が必要です。
フィルターの空白を含む複数選択で抽出数が違う

フィルターの空白を含む複数選択で抽出数が違う

Access2007からの新機能だと思うですが、テーブルやデータシートビューでフィルターが使用できます。 Excelのフィルターと同じように ...

続きを見る

分割フォームのデータシートビューにあるプルダウンで抽出したデータをそのままレポートへ出力することができます。
フォームのフィルター実行後のデータをレポートへ

フォームのフィルター実行後のデータをレポートへ

Accessのフォームでフィルターを実行した後、そのフィルターのデータをそのままレポートへ出力する方法です。 分割フォームの作成 テーブルや ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

前回のセッションのタブから開始する

IE10のインターネットオプションには、[前回のセッションのタブから開始する]という設定があります。 インターネットオプションの表示 ウィン ...

前にコピーしたものを貼りつけたい時はクリップボードを表示して活用

コピーは、直前のものしか貼り付けできないと思っていませんか? そんなことはありません。数回前にコピーしたものでも貼り付けすることができます。 ...

添付ファイル型の表示方法

Access2007から登場した添付ファイル型ですが、フォームでの表示方法の違いを紹介します。 下のようなテーブル(デザインビュー)を作成し ...

送受信の間隔を設定する

Outlook2013で送受信の間隔を設定する方法です。 [送受信グループ]ダイアログボックスの表示 [送受信]タブの[送受信]グループにあ ...

PowerPivotの更新はピボットテーブルの更新ボタンをクリックするだけ

PowerPivotからデータを取り込んでピボットテーブルを作成した場合、データを更新するには、Excel2010では[PowerPivot ...

-Windows8 & Office2013 Access2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.