Windows 7 & Office 2010 Access 2010

更新履歴の表示(メモ型/長いテキスト型の履歴を表示)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Access2007からのファイル形式である[.accdb]では、データ型の[メモ型]で変更履歴を保存することができます。

参考Access2013以降は、[長いテキスト]という名称になっています。

履歴ウィンドウの表示

データ型で[メモ型]を選択


テーブルの[備考]フィールドでデータ型[メモ型]を選択します。

フィールドプロパティの[追加のみ]で[はい]を選択します。

右側のヒントには、以下のように記されています。

このフィールドの履歴を収集しますか?

[メモ型]のフィールドプロパティ

参考[商品ID]は数値型です。オートナンバー型でも構いません。

また、Access2013以降は、[メモ型]は[長いテキスト]という名前になっています。

以下の画像はAccess2013です。

Access2013の[長いテキスト]のフィールドプロパティ

参考ここではウィンドウの表示は、[タブ付きドキュメント]の設定にしています。

[タブ付きドキュメント]と[ウィンドウを重ねて表示する]の違い

Access2007以降、オブジェクトを表示すると、タブ付きウィンドウで表示されるようになっています。従来からAccessを使用している方に ...

続きを見る

コマンドボタンの[クリック時]イベントに入力

このテーブルを基にフォームを作成します。

フォームにコマンドボタンを設置して、コマンドボタンのプロパティを表示します。

プロパティは[F4]キーで表示/非表示を切り替えられます。

[イベント]タブの[クリック時]のビルドボタンをクリックします。

[ビルダーの選択]ウィンドウが表示されますので、[コードビルダー]を選択して[OK]ボタンをクリックします。

コマンドボタンのクリック時イベント

ColumnHistory(テーブル名,フィールド名,条件)とします。

Application.ColumnHistory メソッド (Access) | Microsoft Docs(Microsoft)

新規入力フォームでボタンをクリックした時にエラーが出ないようにNz関数を使用しています。

Nz 関数 - Access(Microsoft)

MsgBox ColumnHistory("T_商品", "備考", "[商品ID]=" & Nz([商品ID], 0))

コードの入力

プロパティには、以下のように[イベントプロシージャ]と表示されます。

コマンドボタンのプロパティ

フォームビューに切り替えて、[履歴の表示]ボタンをクリックすると、以下のようにメッセージウィンドウが表示されます。

履歴メッセージウィンドウ

参考Access2013には、[メモ型]はありません。

[長いテキスト]という名前に変更されていますが同じように履歴を表示することができます。

Access 2013 で廃止、変更された機能 - Access(Microsoft)

以下は、Access2013です。

Access2013のメッセージウィンドウ

変更履歴テーブルを作成することもできます。以下の記事で解説しています。

変更履歴テーブルの作成

追加クエリを使用して、テーブルに変更履歴を残す方法です。 参考ここでは、ウィンドウの表示は[ウィンドウを重ねて表示する]の設定にしています。 ...

続きを見る

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Access 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.