Windows8 & Office2013 Access2013

Print Friendly

65000行以上のエクスポート

投稿日:

Access2013で7万行以上あるテーブルをExcelへエクスポートするマクロを作成しようとしました。
[作成]タブの[マクロ]から、[書式設定を保持したままエクスポート]をクリックして
マクロの作成

下のようにマクロを作成しました。
マクロの設定

そして、そのマクロを実行しようとすると、[選択しているレコードの数が多すぎるため、一度にクリップボードにコピーできません。コピーおよび貼り付けの操作を、いくつかのレコードに分けて行ってください。一度に貼り付けることができるレコードの数は、約65,000です。」というメッセージが表示されました。
メッセージウィンドウ

スポンサーリンク

調べてみると、Microsoftの以下のページがヒットしました。
65,000 を超える行が含まれる Access 2007 のテーブルを Excel ブックにエクスポートしようとすると、エラー メッセージ
選択しているレコードの数が多すぎるため、一度にクリップボードにコピーできません が表示される

[書式設定を保持したままエクスポート]を選択すると出力できないようです。試しに[外部データ]タブから[エクスポート]グループの[Excel]をクリック。
外部データ

[エクスポート-Excelスプレッドシート]で、[書式設定とレイアウトを保持したままデータをエクスポートする]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックすると、マクロの時と同じように[選択しているレコードの数が多すぎるため、一度にクリップボードにコピーできません。]というメッセージが表示されます。このメッセージが表示されたら、[OK]ボタンを押して、[Esc]キーを押して解除してください。
データのエクスポート先の選択

では、エクセルへ出力するマクロを作成するには、[エクスポート-Excelスプレッドシート]で、[書式設定とレイアウトを保持したままデータをエクスポートする]のチェックボックスをオフにして[OK]ボタンをクリックします。既定ではオフになっています。
データのエクスポート先の選択

そして、最後の[エクスポート操作の保存]で[エクスポート操作の保存]のチェックボックスをオンにして、[エクスポートの保存]ボタンをクリックします。
エクスポート操作の保存

そして、マクロを作成する時、[デザイン]タブで[すべてのアクションを表示]をクリックして、[保存済みのインポート/エクスポート操作の保存]をクリックします。
すべてのアクションを表示

このままマクロを保存します。
マクロの作成

これで、フォームのボタンなどにマクロを登録して、クリックだけでデータをExcelへエクスポートできるようになります。

お勧め記事と広告

関連記事

ページ数を1ページ減らすには

Wordには、自動的に圧縮して1ページ分を縮小してくれる機能があります。 Word2007までは、[印刷プレビュー]時に[1ページ分圧縮]と ...

2つのテーブルの差分を求める

Accessで2つのテーブルの不一致レコードを抽出する方法です。 下のように[テーブルA]と[テーブルB]があります。テーブルのオブジェクト ...

Wordの表で計算

Wordでも表のセルに簡単な数式や関数を入力して計算をすることができます。 [売上件数]の合計を求めたいと思います。 合計の隣のセルにカーソ ...

PowerPivotの更新はピボットテーブルの更新ボタンをクリックするだけ

PowerPivotからデータを取り込んで、ピボットテーブルを作成した場合、 データを更新するには、Excel2010では[PowerPiv ...

Excel2010とExcel2013が混在でのPowerPivot

Excel2010のPowerPivotでデータを取り込んで作成したブックをExcel2013のPowerPivotタブでデータモデルの[管 ...

-Windows8 & Office2013 Access2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.