Windows10 & Office2016 Access2016

リレーションシップの印刷

投稿日:

Accessで作成したテーブル間のリレーションシップは印刷しておくと、役立つことが多いです。データベースの構成が複雑になればなるほど必要ですし、作成者以外の人へ説明する場合にも便利です。また、特に前任者が作成したAccessの構造を把握する場合にも必要になってきます。
ここでは、リレーションシップを表示して、印刷用にレポートを作成する方法を紹介します。
リレーションシップについての内容は、Microsoftのページを参照されてください。
テーブルのリレーションシップの概要(Access2007、Access2010)
リレーションシップを作成、編集、または削除する(Access2007、Access2010)
リレーションシップを作成する(Access2013、Access2016)

リレーションシップウィンドウの表示

[データベースツール]タブをクリックして、[リレーションシップ]グループにある[リレーションシップ]をクリックします。ポップヒントには「たとえばテーブルどうしでIDフィールドや名前フィールドが一致しなければならないなど、テーブル間のデータの関連付けを定義します。」と記されています。
データベースツールのリレーションシップ

開くと下のようにテーブル間の関連付け、紐づけの様子がよく分かります。リレーションシップ

もし、ここで下のように何も表示されていない場合は、[リレーションシップ]グループの[すべてのリレーションシップ]をクリックしてください。

テーブルの位置は、ドラッグで移動させることができます。

このリレーションシップウィンドウでフィールドをドラッグしてリレーションシップを作成すると、既存のAccessに影響が出ることがあります。リレーションシップについての理解ができていない方は、リレーションシップの作成や、編集、削除を行うことはお勧めしません。リレーションシップウィンドウには、テーブル以外にクエリを表示することもできます。

スポンサーリンク

リレーションシップレポートの作成

このリレーションシップのレポートを作成しておくと、いつでも印刷できて便利です。[デザイン]タブの[ツール]グループにある[リレーションシップ
レポート]をクリックします。
リレーションシップレポート

クリックするだけで、[印刷プレビュー]が表示されます。一番左にある[印刷]ボタンをクリックすると、すぐに印刷もできます。でも、レポートを作成しておくと、なお便利だと思います。
印刷プレビュー

[F12]キーをクリックすると、[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されますので、任意の名前を付けて[OK]ボタンをクリックします。
名前を付けて保存ダイアログボックス

レポートが作成されます。
レポートの作成

検索して分からなかったら【teratail】に質問!

お勧め記事と広告

関連記事

前年対比ができる積み上げグラフはおすすめグラフで

Excelで下のような積み上げ縦棒グラフを横に並べて前年対比ができるようなグラフの作成方法です。Excel2013から[おすすめグラフ]とい ...

レポートウィザードでレポートを作成

Accessのテーブルやクエリを基にレポートウィザードを使用してレポートを作成することができます。ウィザードで作成した後、より見やすいレポー ...

PDFの幅を揃えるには

Windows10に標準搭載のEdgeは、PDFビューワーとしての機能もあります。 Windows10ではAdbeReaderが不要で、解説 ...

画像を重ねて加工

Windowsには、標準でペイントという画像編集ソフトが搭載されています。[Windowsアクセサリー]をクリックして展開すると[ペイント] ...

Office2016の更新オプション

Office2016では、更新オプションから最新の更新プログラムを確認したりインストールすることができます。 ここでは、Word2016で解 ...

-Windows10 & Office2016 Access2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.