Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Access2016

リレーションシップの印刷

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessで作成したテーブル間のリレーションシップは印刷しておくと、役立つことが多いです。

データベースの構成が複雑になればなるほど必要ですし、作成者以外の人へ説明する場合にも便利です。

また、特に前任者が作成したAccessの構造を把握する場合にも必要になってきます。

ここでは、リレーションシップを表示して、印刷用にレポートを作成する方法を紹介します。

リレーションシップの印刷

リレーションシップについての内容は、Microsoftのページを参照されてください。

テーブルのリレーションシップの概要(Access2007、Access2010)

リレーションシップを作成、編集、または削除する(Access2007、Access2010)

リレーションシップを作成する(Access2013、Access2016)

リレーションシップウィンドウの表示

[データベースツール]タブをクリックして、[リレーションシップ]グループにある[リレーションシップ]をクリックします。

ポップヒントには以下のように記されています。

たとえばテーブルどうしでIDフィールドや名前フィールドが一致しなければならないなど、テーブル間のデータの関連付けを定義します。

データベースツールのリレーションシップ

開くと下のようにテーブル間の関連付け、紐づけの様子がよく分かります。

リレーションシップ

もし、ここで下のように何も表示されていない場合は、[リレーションシップ]グループの[すべてのリレーションシップ]をクリックしてください。

テーブルの位置は、ドラッグで移動させることができます。

このリレーションシップウィンドウでフィールドをドラッグしてリレーションシップを作成すると、既存のAccessに影響が出ることがあります。

リレーションシップについての理解ができていない方は、リレーションシップの作成や、編集、削除を行うことはお勧めしません。

リレーションシップウィンドウには、テーブル以外にクエリを表示することもできます。

リレーションシップレポートの作成

このリレーションシップのレポートを作成しておくと、いつでも印刷できて便利です。

[デザイン]タブの[ツール]グループにある[リレーションシップ レポート]をクリックします。

リレーションシップレポート

クリックするだけで、[印刷プレビュー]が表示されます。

一番左にある[印刷]ボタンをクリックすると、すぐに印刷もできますが、レポートを作成しておくと、なお便利だと思います。

印刷プレビュー

[F12]キーをクリックすると、[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されますので、任意の名前を付けて[OK]ボタンをクリックします。

名前を付けて保存ダイアログボックス

レポートが作成されます。

レポートの作成

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Access2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.