Windows8 & Office2013 Access2013

Print Friendly, PDF & Email

重複しないデータの個数を求める

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessのフォームに重複しないデータの個数を表示する方法を紹介します。
下のようにフォームヘッダーのテキストに部署数の重複しない個数を表示する方法です。
フォーム

元になるテーブルは下のようになっています。
テーブル

クエリの作成

まず、テーブルを元にクエリを作成します。個数を求めたい[部署]フィールドをフィールド行に表示します。そして、クエリプロパティを開いて、[固定の値]を[はい]に変更します。クエリを保存します。
参考クエリプロパティは、プロパティシートを表示しておき、クエリの何もないところでダブルクリックすると表示することができます。
クエリのデザイン

フォームの作成

テーブルを元にフォームを作成します。下は分割フォームです。
非連結のテキストボックスを作成し、そのテキストボックスのコントロールソースに以下のように入力します。
[=Dcount("部署","Q_count")]

Dcountについての詳細は、DCount 関数(Microsoft)を参照してください。
これで重複しないデータの個数を表示することができます。
Dcount

重複しないデータを求める方法は、以下のページでも紹介しています。
コンボボックスに重複しないデータを表示する

コンボボックスに重複しないデータを表示する

Accessでコンボボックスを使用して抽出する方法はいくつかありますが、テーブル内の重複しないデータをコンボボックスに表示する方法を紹介しま ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

PowerPivotの更新はピボットテーブルの更新ボタンをクリックするだけ

PowerPivotからデータを取り込んでピボットテーブルを作成した場合、データを更新するには、Excel2010では[PowerPivot ...

フォームヘッダー/フッターの表示

Access2013のフォームで[フォームのヘッダー/フッター]を表示する方法です。 フォームをデザインビューで開くと、下のようになっていま ...

コンボボックスでレコードの抽出

Accessの分割フォームのデータシートビューには、Excelのフィルターと同じようにフィルタボタンがあり、Excelの操作と同じように様々 ...

表のミニツールバーにコマンドが追加

Word2013では、表内で右クリックして表示されるミニツールバーに[挿入]と[削除]のコマンドが追加されました。 下は、Word2010の ...

ピボットテーブルのフィルタリング

Excelでデータを抽出したり、絞り込みを行うために[データ]タブの[フィルター]をよく利用している方、またはテーブルを作成してフィルターコ ...

-Windows8 & Office2013 Access2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.