Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Access2013

重複しないデータの個数とレコードの抽出件数を自動表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessのフォームに重複しないデータの個数を表示する方法を紹介します。

下のようにフォームヘッダーのテキストに部署数の重複しない個数を表示して、現在表示されているレコード件数を表示する方法です。

分割フォーム

テーブルの確認

元になるテーブルは下のようになっています。

テーブル

クエリの作成

まず、テーブルを元にクエリ(Q_count)を作成します。

個数を求めたい[部署]フィールドをフィールド行に表示します。

そして、クエリプロパティを開いて、[固定の値]を[はい]に変更します。

クエリを保存します。

参考クエリプロパティは、プロパティシートを表示しておき、クエリの何もないところでダブルクリックすると表示することができます。

クエリのデザイン

フォームの作成

テーブルを元にフォームを作成します。

下は分割フォームです。

非連結のテキストボックスを作成し、そのテキストボックスのコントロールソースに以下のように入力します。

=Dcount("部署","Q_count")

Dcountについての詳細は、DCount 関数(Microsoft)を参照してください。

これで重複しないデータの個数を表示することができます。

Dcount

フォームビューに切り替えて確認すると、下のように表示されます。

フォームビュー

抽出された件数を自動表示

分割フォームでは、データシートビューのフィルターボタンでデータを抽出することも多いと思います。

そのき、フォームのコントロールにフィルターで抽出された件数を表示したい場合は、非連結のテキストボックスに以下のように入力します。

=Count(*)

非連結のテキストボックス

フォームに切り替えると、フィルターをかけていないので、すべてのレコード件数が表示されます。

フォームビュー レコード件数

データシートビューのフィルターボタンでフィルターを実行すると、抽出されたレコード数が表示されます。

以下の画像では、[出身地]フィールドで[東京]を抽出しています。

抽出後のレコード件数

関連重複しないデータを求める方法は、以下の記事でも解説しています。

コンボボックスに重複しないデータを表示して絞り込み

Accessでコンボボックスを使用して抽出する方法はいくつかありますが、テーブル内の重複しないデータをコンボボックスに表示する方法を紹介しま ...

続きを見る

以下は、Dcount関連の記事です。

重複データが入力されたらメッセージを出す

受付番号を入力したときに、既に入力済みの番号であればメッセージを表示して、注意を促したい場合がありますね。 その場合の方法です。 フォームの ...

続きを見る

データがない時にメッセージを表示する

Accessで、データがないときに[データがありません]というメッセージウィンドウを表示する方法です。 下の例では、[生産停止商品]ボタンを ...

続きを見る

0を除く平均値を求めるには

Accessでアンケート集計を作成することになりました。 各質問に[0から5]の5段階の評価をつけもらうことにしました。 ただし、[0]は、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Access2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.