Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Access2016

オブジェクトの表示形式

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessのナビゲーションウィンドウには、テーブルやクエリなどのオブジェクトが表示されていますが、このオブジェクトの表示形式を変更することで操作がしやすくなることもあります。

ナビゲーションウィンドウ

下のようにナビゲーションウィンドウがあります。

ナビゲーションウィンドウ

[すべてのAccessオブジェクト]をクリックしてメニューを表示

このナビゲーションウィンドウの[すべてのAccessオブジェクト]と表示されている箇所をクリックすると、下のようにメニューが表示されます。

ここでは、[オブジェクトの種類]と[すべてのAccessオブジェクト]がチェックがオンになっていますので、[すべてのオブジェクト]が[オブジェクトの種類]ごとに並んでいることが分かると思います。

メニュー表示

[すべてのAccessオブジェクト]を右クリックしてメニューを表示

[すべてのAccessオブジェクト]と表示されている箇所で、今度は右クリックします。

ショートカットメニューの[表示形式]をポイントすると、[詳細]、[アイコン]、[リスト]が表示されます。

ここでは、[リスト]にチェックがあるので、リスト表示になっていることが分かると思います。

表示形式

この[表示形式]を切り替えると以下のようになります。

詳細表示

以下は、[詳細]表示です。各オブジェクトの[作成日]と[更新日]が表示されます。

詳細表示

アイコン表示

[アイコン]表示です。シンプルですね。

アイコン表示

関連オブジェクトは、非表示にすることもできます。

以下の記事で解説しています。

オブジェクトの依存関係と非表示設定

Accessでデータベースを作りこんでいくと、オブジェクトはだんだん増えていきますね。 このテーブルは、このクエリは、どのオブジェクトに繋が ...

続きを見る

以下の記事では、アクセスの画面の名称なども解説しています。

ナビゲーションウィンドウの非表示設定とオブジェクトの表示形式

Accessも2007以降、インターフェースが大きく変わりました。 まず、Accessの画面と各部の名称を解説します。 名称を知っておくと、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。私もこれで学習しました。

-Windows10 & Office2016 Access2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.