Windows10 & Office2016 Access2016

オブジェクトの表示形式

投稿日:

Accessのナビゲーションウィンドウには、テーブルやクエリなどのオブジェクトが表示されていますが、このオブジェクトの表示形式を変更することで操作がしやすくなることもあります。
下のようにナビゲーションウィンドウがあります。
ナビゲーションウィンドウ

このナビゲーションウィンドウの[すべてのAccessオブジェクト]と表示されている箇所をクリックすると、下のようにメニューが表示されます。ここでは、[オブジェクトの種類]と[すべてのAccessオブジェクト]がチェックがオンになっていますので、すべてのオブジェクトがオブジェクトの種類ごとに並んでいることが分かると思います。
メニュー表示

スポンサーリンク

[すべてのAccessオブジェクト]と表示されている箇所で、今度は右クリックします。ショートカットメニューの[表示形式]をポイントすると、[詳細][アイコン][リスト]が表示されます。ここでは、[リスト]にチェックがあるので、リスト表示になっていることが分かると思います。
表示形式

この[表示形式]を切り替えると以下のようになります。
[詳細]表示です。各オブジェクトの[作成日]と[更新日]が表示されます。
詳細表示

[アイコン]表示です。シンプルですね。
アイコン表示

オブジェクトは、非表示にすることもできます。こちらで解説しています。

検索して分からなかったら【teratail】に質問!

お勧め記事と広告

関連記事

散布図のラベル表示

Excel2013以降では、標準で散布図にラベル表示ができるようになりました。 下のような表を元にラベルを表示した散布図を作成しようと思いま ...

MovieMakerで動画の結合

Windows10でMovieMakerを使用するには、以下のMicorosoftのページからダウンロードする必要があります。 ムービー メ ...

バーコードとQRコードの作成

Access2016でバーコードとQRコードをレポートに表示する方法を紹介します。実際、使用するには、バーコードリーダーや諸々の環境でテスト ...

リレーションシップの印刷

Accessで作成したテーブル間のリレーションシップは印刷しておくと、役立つことが多いです。データベースの構成が複雑になればなるほど必要です ...

モザイク(ぼかし)をかけるならペイントで

写真にモザイクをかけるためには、Windows標準アプリであるペイントを使うと便利です。モザイクのためにソフトを購入したり、ダウンロードした ...

-Windows10 & Office2016 Access2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.