Google検索

Windows8 & Office2013 Access2013

コンボボックスの2列目の値を取得

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessのフォームでコンボボックスの2列目の値を取得する方法です。

フォーム コンボボックス

参考ここでは、ウィンドウの表示は[ウィンドウを重ねて表示する]の設定にしています。

[タブ付きドキュメント]と[ウィンドウを重ねて表示する]の違い

Access2007以降、オブジェクトを表示すると、タブ付きウィンドウで表示されるようになっています。従来からAccessを使用している方に ...

続きを見る

テーブルの確認

商品テーブルは下のように[ID]、[商品]、[単価]となっています。

商品テーブル

売上テーブルは下のようになっています。

売上テーブル

参考データ型の[集計]はAccess2010からの機能です。

テーブルのデータ型に【集計】が追加された!集計フィールドが簡単作成

Access2010では、テーブルのデータ型に[集計]が追加され、テーブルに集計フィールドを作成できるようになりました。 注意拡張子が[.a ...

続きを見る

フォームの商品コンボボックス

テーブル[T_売上]をもとにフォームを作成しています。

フォームの商品コンボボックスには[商品]と[単価]を表示するようにしています。

フォーム

コンボボックスのプロパティ

[商品]コンボボックスのプロパティです。

プロパティの[列幅]で、[0cm;3cm;3cm]として、商品テーブルの1列目の[商品ID]は表示しないようにしています。

商品コンボボックスのプロパティ

参考プロパティシートは、[F4]キーで表示/非表示の切り替えができます。

コンボボックスの更新後処理

[商品]コンボボックスの[更新後処理]で設定します。

商品コンボボックスのプロパティ

コードビルダーを開いて、下のように入力します。

Me.単価.Value=Me.商品.Column(2)

コードビルダー

参考Column の引数は列数です。

この値は 0 から始まります。

これでフォームの[単価]には、[商品]の単価が表示され、その値を取得することができます。

Access コンボボックスの2列目の値を取得

関連以下の記事では、フォームの非連結のテキストボックスにコンボボックスの2列目の値を表示する方法を解説しています。

テキストボックスのコントロールソースへ入力する方法で解説しています。

コンボボックスの2列目を表示(テキストボックスのコントロールソースで設定)

コンボボックス内にカーソルをおくだけでリストを表示するようにすることもできます。

コンボボックス内にカーソルを置いてリストを表示するには

Accessの入力フォームでコンボボックスを使うことは多いと思います。 コンボボックスって、▼ボタンを押してリストを表示しますが、コンボボッ ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Access2013

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.