Windows8 & Office2013 Access2013

Print Friendly

コンボボックスの2列目の値を取得

投稿日:

Access2013のフォームでコンボボックスの2列目の値を取得する方法です。他のバージョンでも同じです。

商品テーブルは下のように[ID][商品][単価]となっています。
商品テーブル

売上テーブルは下のようになっています。
データ型の[集計]はAccess2010からの機能です。データ型に[集計] 売上テーブル

フォームの商品コンボボックスには[商品]と[単価]が表示するようにしています。
フォーム

スポンサーリンク
[商品]コンボボックスのプロパティです。
商品コンボボックスのプロパティ

[商品]コンボボックスの[更新後処理]で設定します。
商品コンボボックスのプロパティ

コードビルダーを開いて、下のように入力します。
Me.単価.Value=Me.商品.Clumn(2)
コードビルダー

Column の引数は列数です。この値は 0 から始まります。
これでフォームの[単価]には、[商品]の単価が表示され、その値を取得することができます。
フォームの非連結のコントロールにコンボボックスの2列目の値を表示する方法は、
コンボボックスの2列目を表示で解説しています。

お勧め記事と広告

関連記事

マウスで罫線を引く

Word2013で[罫線を引く]コマンドは3か所にあります。 ①まず、[ホーム]タブの[段落]グループにあります。[罫線]の▼ボタンをクリッ ...

マクロをアドインにして他のブックで使用する

面倒な作業であっても、少しでも効率よくミスがないように行いたいですね。作業を自動化するマクロを作成しても、マクロはそのブックでしか動作しませ ...

65000行以上のエクスポート

Access2013で7万行以上あるテーブルをExcelへエクスポートするマクロを作成しようとしました。 [作成]タブの[マクロ]から、[書 ...

迷惑メールを一気に削除

Outlook2013で迷惑メールを一気に削除する方法です。 迷惑メールの設定をするには、 [ホーム]タブの[削除]グループにある[迷惑メー ...

検索用コンボボックスの作成

Accessのフォームで検索用コンボボックスを作成する方法です。ウィザードを使って簡単に作成します。 下のようなテーブルがあります。このテー ...

-Windows8 & Office2013 Access2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.