Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Access2016

ウィザードを使ったコマンドボタンの作成

投稿日:2017年1月16日 更新日:

Accessで起動時にメニューフォームを表示した後、ボタンをクリックして目的のフォームを開くようにしたいという要望はよくあります。

コマンドボタンをウィザードを使って、簡単にフォームを開くボタンを作成する方法です。

フォームは、[F_新規入力]と[F_売上管理]があります。

ここでは、[新規入力フォームを開く]ボタンをクリックすると、[F_新規入力]フォームが開くように作成します。

フォームのデザインビュー

開くフォームの[ポップアップ]と[作業ウィンドウの固定]を設定

まず、既存の[F_新規入力]フォームをデザインビューで開いて、プロパティの[その他]タブで[作業ウィンドウ固定]を[はい]にします。

作業ウィンドウの固定]で[はい]を選択すると、フォームを閉じない限り別のオブジェクトに移ることはできません。

既定は[いいえ]になっています。

[いいえ]の箇所でダブルクリックすると[はい]になります。

設定が終わったら、保存して閉じておきます。

プロパティの設定

ウィンドウを重ねて表示する設定

また、ここでは[フォーム]タブの[オプション]クリックして、Accessのオプションで[現在のデータベース]の[ドキュメントウィンドウオプション]で[ウィンドウを重ねて表示する]を選択しています。

ウィンドウを重ねて表示する

メニューフォームをモーダルダイアログボックスから作成

メニューフォームを作成します。[作成]タブの[フォーム]グループにある[その他のフォーム]から[モーダルダイアログボックス]をクリックします。

必ず同じようにしなければならないわけではありません。

メニュー用のフォームが作成できればOKです。

できるだけ簡単に作成できる方法を紹介しています。

モーダルダイアログボックス

下のように表示されます。

[OK]ボタンと[キャンセル]ボタンは選択して[Delete]キーで削除します。

ボタンの削除

そして、フォームのプロパティで[ポップアップ]の設定が[はい]になっていると思いますので、[いいえ]にします。

参考[ポップアップ]は、フォームをポップウィンドウとして、いつも前面に表示するかどうかの設定です。

プロパティのポップアップの設定

コントロールウィザードが有効になっているかの確認

ここからコマンドボタンを作成していきますが、まず確認して欲しい箇所があります。

[デザイン]タブの[コントロール]グループにある[その他]ボタンをクリックします。

その他をクリック

そして、[コントロールウィザードの使用]が有効になっているかどうかを確認します。

このボタンが有効になっていないと、ウィザードは使用できません。

既定では有効になっていますが、念のため確認してください。

コントロールウィザードの使用

フォームを開くコマンドボタンの作成

[ボタン]をクリックして任意の場所でドラッグします。

ボタン

下のように[コマンドボタンウィザード]が表示されます。

この後は、ウィザードに従って進んでいきます。

コマンドボタンウィザード

ボタンがクリックされたときに実行する動作を指定します。]とあります。

[種類]から[フォームの操作]をクリックします。

右側の[ボタンの動作]から[フォームを開く]を選択します。

そして、[次へ]のボタンをクリックします。

フォームの操作からフォームを開く

コマンドボタンを使って開くフォームを選択してください。]とあります。

作成済みのフォームの名前が表示されるので、コマンドボタンを使って開くフォームを選択します。

ここでは、[F_新規入力]を選択して[次へ]ボタンをクリックします。

開くフォームの選択

フォームに表示するレコードを限定するかどうかを選択してください。]とあります。

既定では、[すべてのレコードを表示する]が選択されていると思いますので、そのまま[次へ]ボタンをクリックします。

すべてのレコードを表示する

参考ここで[特定のレコードを表示する]を選択して作成する方法については、以下の記事で解説しています。

フォームに表示されている関連付けられたフィールドを別フォームで開く

単票フォームを開いているときに、その中のフィールドについて詳細を知りたいということがあります。 例えば、売上の単票フォームがあって、その売上 ...

続きを見る

ボタンに表示する文字列またはピクチャを指定します。]とあります。

[文字列]か[ピクチャ]を選択するようになっていますが、

ボタン表示に文字列かピクチャかの指定

ここでは、文字列を選択して[新規入力フォームを開く]に書き換えます。

[次へ]ボタンをクリックします。

文字列の入力

ボタン名を指定してください。]とあります。

最後にコマンドボタンの名前を付けます。自動的に[コマンド2]などと付けられていますが、分かりやすい名前に変更しておくことをお勧めします。

[完了]ボタンをクリックします。

ボタン名を指定

ボタンの位置や大きさはドラッグで変更してください。

フォームのデザインビュー

フォームのプロパティで標題を設定します。プロパティの[書式]タブにあります。

空白のままにしておくと、フォーム名が表示されます。

ここでは、「メニューフォーム」にします。

標題の設定

コマンドボタンの動作確認

確認のために[表示]ボタンをクリックして、[フォームビュー]に切り替えて[新規入力フォームを開く]ボタンをクリックしてみてください。

フォームビューに切り替え

下のように[新規入力フォーム]が開くことを確認したら、[新規入力フォーム]は閉じます。

ボタン操作の確認

名前を付けて保存

メニューフォームに名前を付けて保存します。

[F12]キーを押すと、[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されますので、[F_menu]など分かりやすい名前を付けて保存します。

名前を付けて保存

フォームを閉じると、ナビゲーションウィンドウに[F_menu]が表示されていると思います。

参考起動時にメニューフォームを開く設定は、起動時に特定のフォームを開くにはを参考にしてください。

Access2007でも解説しています。起動時の設定はアプリケーションオプションで

また、ボタンの背景色などを変更する方法は、以下の記事で解説しています。

コマンドボタンの背景色の設定

Access2010から、フォームで作成したコマンドボタンの背景色が設定できるようになりました。 Access2007までは出来なかったので ...

続きを見る

コマンドボタンのスタイルも変更することができます。

コマンドボタンのスタイル変更

Access2013のフォーム(デザインビュー)でコマンドボタンを挿入すると、既定では下のようなデザインとなります。このコマンドボタンのスタ ...

続きを見る

フォームを開くボタンの完成

コントロールウィザードで作成できるボタンの種類と動作

同じように、コントロールウィザードを使用して他のボタンも作成することができます。

【レコードの移動】には、以下の動作があります。

  • レコードの検索
  • 先頭のレコードに移動
  • 前のレコードに移動
  • 最後のレコードに移動
  • 次のレコードに移動
  • 次を検索

レコードの移動

【レコードの操作】には、以下の動作があります。

  • レコードの保存
  • レコードの削除
  • レコードの印刷
  • レコードの複製
  • レコードを元に戻す
  • 新しいレコードの追加

レコードの操作

【フォームの操作】には、以下の動作があります。

  • カレントフォームの印刷
  • フォームデータの再表示
  • フォームフィルターの実行
  • フォームの印刷
  • フォームを閉じる
  • フォームを開く

フォームの操作

【レポートの操作】には、以下の動作があります。

  • レポートのプレビュー
  • レポートの印刷
  • レポートの送信
  • レポートをファイルに出力
  • レポートを開く

レポートの操作

【アプリケーション】には、[アプリケーションの終了]があります。

アプリケーション

【その他】には、以下の動作があります。

  • オートダイヤラー
  • クエリの実行
  • テーブルの印刷
  • マクロの実行

その他

参考コマンドボタンは、ウィザードを使って作成すると簡単に作成できますが、少し注意しなければならないことがあります。

以下の記事で解説しています。

ウィザードによるボタン作成後の埋め込みマクロ

Accessでは、ウィザードを使用して簡単にボタンを作成することができます。 これについては、ウィザードを使ったコマンドボタンの作成で解説し ...

続きを見る

フォームを開くマクロを作成してコマンドボタンを作成する方法も紹介しています。

マクロを使ったコマンドボタンの作成

Accessで作成済みのフォームをボタンをクリックして開くようにする方法です。 ここでは、マクロを作成してボタンに登録する方法です。 起動時 ...

続きを見る

マクロビルダーで埋め込みマクロを作成する方法も解説しています。

マクロビルダーで埋め込みマクロを作成

Accessで作成済みのフォームをボタンをクリックして開くようにする方法です。 ここでは、埋め込みマクロで設定する方法を紹介します。 ボタン ...

続きを見る

コマンドボタンウィザードを使用して、単票フォームに表示されている関連付けられたフィールドを別フォームで開く方法も解説しています。

フォームに表示されている関連付けられたフィールドを別フォームで開く

単票フォームを開いているときに、その中のフィールドについて詳細を知りたいということがあります。 例えば、売上の単票フォームがあって、その売上 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

文書内の特定の書式の文字列のみを印刷したくない(隠し文字の設定)

Wordで文書内の特定の書式の文字列のみを印刷したくない場合の方法です。 一部の文字列のみを印刷したくない場合は、その文字列を隠し文字にする ...

段落の先頭文字を大きくするドロップキャップ

Wordには段落の先頭文字だけを大きくするドロップキャップという機能があります。 ドロップキャップの文字はレイアウト枠の設定になるので、自由 ...

くまモン(画像)をページ背景として印刷するには

Wordで画像をページ背景として設定して印刷する方法です。 ここでは、くまモンの画像をダウンロードして設定します。 画像の準備 まず、くまモ ...

差し込み印刷用のデータ(リスト)を作成

Excelで住所録を作成される方は多いと思います。 しかし、その住所録はExcelにデータ(リスト)として認識されているでしょうか? セル番 ...

ダウンロードしたファイルの保存先の変更

Windows10のAnniversary Updateを実施すると、Edgeでダウンロードしたファイルの保存先を変更することができます。 ...

-Windows10 & Office2016 Access2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.