リンクユニット

Windows 7 & Office 2010 Access 2010

検索バーとナビゲーションオプションの表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessのナビゲーションウィンドウで右クリックして、[ナビゲーションオプション]を表示することができます。

ナビゲーションオプションの[表示オプション]で検索バーや隠しオブジェクトの設定ができます。

ナビゲーションウィンドウには、[検索バー]を表示しておくと便利です。オブジェクトが増えてきたら、検索バーはとても役立ちます。

目的のオブジェクトを素早く見つけられます。

ナビゲーションウィンドウの表示/非表示


ナビゲーションウィンドウとは、ウィンドウの左側にあるテーブルなどオブジェクトが並んでいるところです。

ナビゲーションウィンドウ

ナビゲーションウィンドウは、ドラッグで幅を調整できます。

ナビゲーションウィンドウの幅をドラッグで調整

また、[シャッターバーを開く/閉じる]ボタンをクリックして、折りたたむこともできます。

[シャッターバーを開く/閉じる]ボタン

以下は、ナビゲーションウィンドウが折りたたまれた状態です。

再度、[シャッターバーを開く/閉じる]ボタンをクリックして元に戻すことができます。

クリックする箇所は、[ナビゲーションウィンドウ]と表示された箇所であれば、どこでもいいです。

ナビゲーションウィンドウが折りたたまれた状態

[シャッターバーを開く/閉じる]のショートカットキー

ナビゲーションウィンドウは、時々、ドラッグで幅の調整ができなくなります。

こういう場合は、キーボードから[F11]キーを押してください。

[F11]キーは、[シャッターバーを開く/閉じる](ナビゲーションウィンドウを開く/閉じる)のショートカットキーです。

キーボード[F11]

以下の記事でも解説しています。

ナビゲーションウィンドウの調整ができなくなった

ナビゲーションウィンドウについては、以下の記事でも解説しています。

Accessの画面の名称とナビゲーションウィンドウの非表示設定

Accessも2007以降、インターフェースが大きく変わりました。 まず、Accessの画面と各部の名称を解説します。 名称を知っておくと、 ...

続きを見る

検索バーの表示と操作

ナビゲーションウィンドウの上部に[検索バー]を表示することができます。

参考もしかしたら、既定で表示されているかもしれません。

ナビゲーションウィンドウの空いている箇所(下方)で右クリックします。

ショートカットメニューから[検索バー]をクリックします。

ナビゲーションウィンドウで右クリック

または、ナビゲーションの上部で右クリックしても同じショートカットメニューが表示されます。

ナビゲーションウィンドウの上部で右クリック

ナビゲーションウィンドウのトップに[検索バー]を表示できます。

ナビゲーションウィンドウの[検索バー]

検索ボックスにキーワードを入力

検索ボックスにキーワードを入力して確定すると、オブジェクトを抽出できます。

検索ボックスにキーワードを入力

検索結果を解除する場合は、検索バーの右側にある[検索文字列のクリア]をクリックします。

検索結果の解除

ナビゲーションオプションの表示

ナビゲーションウィンドウの何もない箇所で右クリックして、ショートカットメニューから[ナビゲーションオプション]をクリックします。

[ナビゲーションオプション]ダイアログボックスが表示されます。

ナビゲーションバー

または、ナビゲーションウィンドウ上部の[すべてのAccessオブジェクト]と表示されている箇所で右クリックしても、同じショートカットメニューが表示されます。

ナビゲーションウィンドウにオブジェクトが多い場合は、上部で右クリックしたほうが早いと思います。

ナビゲーションウィンドウ上部で右クリック

[Accessのオプション]ダイアログボックスから表示

ナビゲーションオプションは、[Accessのオプション]から表示することもできます。

[ファイル]タブの[オプション]をクリックして、[Accessのオプション]の[カレントデータベース]をクリックします。

そして、[ナビゲーション]から[ナビゲーションオプション]ボタンをクリックします。

ナビゲーションウィンドウの表示/非表示もここで設定できます。

[ナビゲーションウィンドウを表示する]のチェックボックスのオン/オフで切り替えます。

データベース構築が終わって、複数人と共有で操作する場合は、ナビゲーションウィンドウは非表示にしておいた方がいいかもしれませんね。

Accessのオプション-ナビゲーション

ナビゲーションオプションの[表示オプション]

ナビゲーションオプションでは、オブジェクトのグループ化の設定を行うことができます。

ナビゲーションウィンドウのオブジェクトを独自ルールでグループ化

Accessのナビゲーションウィンドウのカテゴリに[ユーザー設定]というのがあります。 これは、オブジェクトを独自にグループ化できるものです ...

続きを見る

また、ナビゲーションオプションの[表示オプション]では、ナビゲーションウィンドウの表示に関する設定を行います。

[検索バー]については、ここでも設定できます。

[検索バーを表示する]のチェックボクックスのオン/オフで切り替えることができます。

隠しオブジェクトの表示]もここで設定します。

ナビゲーションオプションの[表示オプション]

参考[隠しオブジェクト]については以下の記事で解説しています。

【オブジェクトの依存関係】と【隠しオブジェクトの設定】

Accessでデータベースを作りこんでいくと、オブジェクトはだんだん増えていきますね。 このテーブルやこのクエリは、どのオブジェクトに繋がっ ...

続きを見る

オブジェクトを開く方法で[シングルクリック]を選択すると名前の変更ができない

ここで一つ注意していただきたいことがあります。

[ナビゲーションオプション]ダイアログボックスの[オブジェクトを開く方法]で[シングルクリック]を選択すると、

ナビゲーションオプション

テーブルなどの名前の変更ができなくなります。

テーブル名で右クリックします。

ショートカットメニューから[名前の変更]をクリックします。

名前の変更

名前が編集状態になりますが、2秒ほどで反転が解除になり、名前の変更を行うことができません。

名前の変更

Access2007から、変わっていません。

突然、名前の変更ができなくなり、これが原因ということになかなか気がつきませんでした。

どうして、こうなっちゃうんでしょう?Access2007でも記しています。

オブジェクトの名前の変更ができない

関連ナビゲーションウィンドウのオブジェクトの表示形式の変更については、以下の記事で解説しています。

オブジェクトの表示形式の変更とグループの展開/折りたたみ

Accessのナビゲーションウィンドウには、テーブルやクエリなどのオブジェクトが表示されていますが、このオブジェクトの表示形式は変更できます ...

続きを見る

Accessの全体構成とデータベース作成の流れについても解説しています。Accessの大きな流れについて知っておくと学習が楽になると思います。

Accessの全体構成とデータベース作成の流れ

Accessのデータベースは主に4つのオブジェクトから構成されています。 テーブル、クエリ、フォーム、レポートです。なかでも、テーブルは最も ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 7 & Office 2010 Access 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.