Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Access2013

添付ファイル型のフィールド名変更

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Access2007からデータ型に[添付ファイル]が登場しました。

データ型に添付ファイル

この添付ファイル型のフィールド名はデザインビューで設定したフィールド名が反映されないと思っていたのですが、フィールドプロパティの[標題]で設定すると変更できることがわかりました。

データ型の添付ファイル

テーブルのデザインビューです。

添付ファイル型のフィールド名は[添付ファイル]になっています。

デザインビュー

データシートビューではフィールド名はクリップマークになります。

データシートビュー

フィールドプロパティの標題で変更

このフィールド名をクリップマークではないものに変更したい場合は、デザインビューのフィールドプロパティの[標準]タブにある[標題]で変更します。

ここでは、[添付]と入力します。

フィールドプロパティ

テーブルのデータシートビューに切り替えると、フィールド名は[添付]となっています。

データシートビュー

単票フォーム

テーブルを元にフォームを作成してみます。

単票フォームは、[添付]となっています。

単票フォーム

データシート

フォームのデータシートでは、クリップマークとなります。

データシートビュー

分割フォーム

分割フォームにすると、上の単票フォームでは、[添付]となりますが、下のデータシートビューではクリップマークとなります。

分割フォーム

帳票フォーム

帳票フォームでも、[標題]に付けた名前が反映されます。

帳票フォーム

参考添付ファイル型を使用せずにイメージコントロールにパスを入力して画像を表示する方法も紹介しています。

イメージコントロールに外部の画像ファイルを表示

Accessのフォームに画像を表示する方法としては、テーブルのデータ型で[添付ファイル]を選択するのが一番簡単ですが、イメージのコントロール ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。私もこれで学習しました。

-Windows8 & Office2013 Access2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.