リンクユニット

Windows8 & Office2013 Access2013

フォームのレコードを並べ替える

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessの分割フォームをよく利用しています。フォームビューとデータシートビューが同時が表示され、Excelのフィルターと同じようにフィルタボタンで様々な抽出や並べ替えができるので重宝しています。
ブログのAccess2007の分割フォームでも紹介しています。

参考分割フォームを利用するとデータシートビューでデータ抽出をすることが多いと思いますが、空白を含むフィールドでは注意が必要です。

フィルターの空白を含む複数選択で抽出数が違う

Access2007からの新機能だと思うですが、テーブルやデータシートビューでフィルターが使用できます。 Excelのフィルターと同じように ...

続きを見る

分割フォーム

私がいくら便利だと思っても、ユーザー側からは追加要求があります。

この分割フォームを表示すると、日付の昇順に並ぶようにしています。フォームのプロパティで[並べ替え]で[日付]を指定しています。プロパティの[並べ替え]での設定については、フォームでのレコードの並べ替えを参照してください。

フォームでのレコードの並べ替え

Accessのフォームでレコードの並べ替えは、フォームのプロパティで行うことができます。 下のようなテーブルを元に作成した帳票フォームがあり ...

続きを見る

フォームのプロパティ

このフォームにボタンを追加して、[商品ID]順で[売上の降順]に並べ替えられるようにしてほしいとのことです。
並べ替えボタン

商品テーブルの確認

[商品]テーブルは下のようになっています。
商品テーブル

分割フォームの[商品]コンボボックス

分割フォームの[商品]コンボボックスは、[商品ID]が連結列となっています。
商品コンボボックス

フォームビューでの表示は商品名が表示されるように[列数]と[列幅]で下のように設定しています。
コンボボックスのプロパティ

[並べ替え]ボタンのクリック時イベント

[並べ替えボタン]のイベントプロシージャのクリック時イベントに下のように入力します。これで、フィールド[商品]の昇順、[売上]の降順となります。[DESC]を付けると降順になります。
イベントプロシージャ

作成した[並べ替え]ボタンをクリックすると、[商品ID]の昇順かつ[売上]の降順で並びます。
並べ替えボタンをクリックした状態

並べ替えの[解除]ボタン

こうなると[解除]ボタンも当然、要求されます。[解除]ボタンを追加して、クリック時のイベントプロシージャに下のように入力します。

Me.OrderByOn = False

[解除]ボタンをクリックすると、並べ替えが解除されて[日付]の昇順になります。
解除ボタンをクリック時の状態

分割フォームについての関連ページです。
分割フォームの列幅を保存するには

分割フォームの列幅を保存するには

Accessで分割フォームをよく利用しています。 単票フォームとデータシートが一つのフォームに作成できて便利です。 ですが、分割フォームを作 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

テキストボックスを含むWeb保存

Excel2013でテキストボックスを含むシートを[Webページ]として保存すると、保存後の[htm]ファイルを開いても、テキストボックスの ...

Office用アプリの追加(カレンダーから日付入力)

Office2013では、Office用のアプリを挿入することができます。 Excel2007までは、簡単にカレンダーを挿入して日付をクリッ ...

ピボットテーブルで前年比を求める

Excel2013のピボットテーブルで下のような前年比を求める方法です。商品(A、B、C)ごとの2010年5月と2011年5月の売上を比較し ...

関数を使って氏名を分割

Excelで氏名の列を姓と名の列に分割したい場合がありますね。 区切り位置ウィザードを使用して分割する方法は、氏名の列を姓と名の列に分割で解 ...

ページ数を1ページ減らすには

Wordには、自動的に圧縮して1ページ分を縮小してくれる機能があります。 Word2007までは、[印刷プレビュー]時に[1ページ分圧縮]と ...

-Windows8 & Office2013 Access2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.