Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Access2016

データベースのプロパティから個人情報を削除

投稿日:2017年10月26日 更新日:

Accessのプロパティには、作成者、管理者、会社名などの個人情報を入力して登録しておくことができます。

[プロパティ]は一般に[属性]と呼ばれることが多いと思います。

作成したデータベースを外部へ配布するような場合は、個人情報を削除しておきたいですね。

データベースのプロパティを表示して削除することもできますが、オプションの設定で保存するときに自動的に削除するようにすることができます。

Accessのプロパティ

データベースのプロパティを表示するには、[ファイル]タブをクリックします。

ファイルタブ

[情報]カテゴリーが表示されると思います。[データベースのプロパティの表示および編集]をクリックします。

情報カテゴリー

下のようなプロパティが表示されます。

[ファイルの概要]タブには、作成者、管理者、会社名が入力されています。

プロパティの概要

個人情報を削除する設定

[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリックします。

オプション

[Accessのオプション]ダイアログボックスが表示されます。

[現在のデータベース]を選択して、[ファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除する]のチェックボックスをオンにします。

[OK]ボタンをクリックして閉じます。

Accessのオプション 現在のデータベース

次に[指定したオプションを有効にするには、現在のデータベースを閉じて再度開く必要があります。]というメッセージが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。

メッセージウィンドウ

プロパティの確認

設定後、プロパティを確認してみます。作成者、管理者、会社名は空白になっています。

プロパティの確認

閉じるときに最適化

この[ファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除する]の設定ですが、[閉じるときに最適化する]のチェックボックスがオフの状態で、[ファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除する]のチェックボックスをオンにすると、[閉じるときに最適化する]のチェックボックスは自動的にオンになります。

Accessのオプション

関連WordやExcel、PowerPointなどでの個人情報を削除する方法は、以下の記事で解説しています。

ドキュメント検査

Office2010には、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。 Office2007からの機能で ...

続きを見る

個人情報のチェックはドキュメント検査で

Office2013にも、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。 ドキュメント検査 [ファイル]タ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。私もこれで学習しました。

-Windows10 & Office2016 Access2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.