Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

プレースホルダーの自動調整オプションボタンの使い方

投稿日:2017年10月22日 更新日:

PowerPointでプレースホルダーに文字を入力していて、その文字数が多くなって収まりきらなくなると、プレースホルダーの左下に[自動調整オプション]ボタンが表示されます。

既定では、入力オートフォーマットの設定によって、自動で書式が変更されプレースホルダーに文字が収まるようになっています。

参考この自動調整オプションは、テキストボックスには表示されません。

自動調整オプション

自動調整オプションの違い

タイトルを入力するプレースホルダーと、コンテンツを入力するプレースホルダーでは、表示される[自動調整オプション]のメニューは異なっています。

下は、[タイトルとコンテンツ]レイアウトです。

タイトルとコンテンツ

タイトルのプレースホルダー

上段のタイトルを入力するプレースホルダーでは、下のような自動調整オプションです。

参考プレースホルダーへはサンプル文を入力しています。

[=rand()]と入力して[Enter]キーを押すと入力することができます。

タイトルのプレースホルダー

コンテンツのプレースホルダー

下段のコンテンツを入力するプレースホルダーでは、下のような自動調整オプションが表示されます。

コンテンツのプレースホルダー

自動調整オプションのメニュー

既定では、[テキストをプレースホルダーに自動的に収める]が選択されています。

自動で書式が変更されて、プレースホルダーに収まるようになっています。

このプレースホルダーの自動調整をしない]を選択すると、テキストは、プレースホルダーからはみ出して表示されます。

テキストを2つのスライドに分割する

テキストを2つのスライドに分割する]を選択すると、

テキストを2つのスライドに分割する

新しいスライドが挿入され、はみ出したテキストが表示されます。

テキストを2つのスライドに分割する

新しいスライドへ続ける

[新しいスライドへ続ける]を選択すると、

新しいスライドへ続ける

プレースホルダーへ入力したテキストは自動的に収められ、次のテキストから新しいスライドのプレースホルダーへ入力することになります。

新しいスライドへ続ける

スライドを2段組みに変更する

[スライドを2段組に変更する]を選択すると、

スライドを2段組みに変更する

下のように2段組みの表示になります。

2段組みのスライド

オートコレクトオプションの設定

オートコレクトのオプションを選択すると、

オートコレクトオプションの設定

[オートコレクト]オプションの設定ダイアログボックスが表示されます。

[入力オートフォーマット]タブの[テキストをタイトルのプレースホルダーに自動的に収める]と[テキストを本文のプレースホルダーに自動的に収める]のチェックボックスは、既定でオンになっています。

オートコレクトの設定ダイアログボックス

この2つのチェックボックスをオフにすると、テキストをプレースホルダーに自動的に収める機能はオフになります。

入力オートフォーマットでの設定

自動調整オプションに[テキストをプレースホルダーに自動的に収める]のメニューは表示されなくなります。

[テキストをプレースホルダーに自動的に収める]をオフに設定した自動調整オプション

[PowerPointのオプション]の[オートコレクトのオプション]

この[オートコレクトのオプション]の設定は、[PowerPointのオプション]からも設定することができます。

[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリックします。

そして、[文章校正]を選択して、[オートコレクトのオプション]ボタンをクリックして、表示させることができます。

PowerPointのオプション

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.