リンクユニット

Windows10 & Office2016 Access2016

バーコードとQRコードの作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Access2016でバーコードとQRコードをレポートに表示する方法を紹介します。実際、使用するには、バーコードリーダーや諸々の環境でテストをしっかりやらないと失敗するような気がしますが、Accessがあれば簡単に作成できるということを知っていただければと思います。
Windows10 Pro 64bit 、Access2016での操作です。レポートにバーコードとQRコードを作成します。
バーコード、QRコード

レポートの作成

下のようなテーブルを作成しています。このテーブルを元にレポートを作成します。
テーブル

テーブルは閉じたまま、目的のテーブルを選択して、[作成]タブの[レポート]をクリックします。レポートの作成方法はいろいろありますが、これが一番簡単に作成する方法だと思います。
レポートの作成

下のようにレポートがレイアウトビューで表示されますので、コントロールはドラッグで任意の大きさに調整します。
レポートのレイアウトビュー

[デザイン]タブの[表示]から[デザインビュー]をクリックして、デザインビューに切り替えます。
デザインビュー

ActiveX コントロールから[Microsoft BarCode Control 16.0]を選択

[詳細]部分をクリックして、[デザイン]タブの[コントロール]グループにある[その他]ボタンをクリックして、非表示になっているボタンを表示させます。
コントロールのその他ボタン

そして、[ActiveX コントロール]をクリックします。
ActiveXコントロール

[ActiveX コントロールの挿入]ダイアログボックスが表示されますので、一覧の中から[Microsoft BarCode Control 16.0]を選択して[OK]ボタンをクリックします。[Microsoft BarCode Control 16.0]は、スクロールバーを下へ少し移動したところにあります。
ActiveX コントロールの挿入ダイアログボックス

レポートのデザインビューの[詳細]部分にバーコードが表示されます。ドラッグで位置を調整します。
バーコードの挿入

プロパティからコントロールソースの設定

挿入したバーコードを選択したまま、[デザイン]タブの[プロパティシート]をクリックします。
プロパティシートボタン

プロパティシートの[コントロ―ル]でバーコードに表示したい[商品コード]を選択します。
コントロールソースの選択

[Micosoft BarCode Control 16.0 オブジェクト]の[プロパティ]の設定

そして、今度はバーコードを右クリックしてショートカットメニューの中から[Micosoft BarCode Control 16.0 オブジェクト]の[プロパティ]をクリックします。
Micosoft BarCode Control 16.0 オブジェクトのプロパティ

下のようなプロパティが表示されます。
Micosoft BarCode Control 16.0 オブジェクトのプロパティダイアログボックス

[スタイル]と[データの確認]を変更します。まず、[スタイル]のプルダウンメニューから[6-Code-39]を選択します。そして、[データの確認]で[1-スタート/ストップ文字を付加]を選択します。[OK]ボタンをクリックします。
スタイルの変更

下のようになれば完成です。
バーコード挿入完成

QRコードの作成

続けてQRコードを作成します。バーコードと並べてQRコードを表示させることは、まず無いと思いますが、QRコードは、作成したバーコードから簡単に変更することができます。
バーコードをコピーして、バーコードの隣に貼り付けます。そして、上記と同じ方法で[Micosoft BarCode Control 16.0 のプロパティ]を表示します。
バーコードのコピー

そして、[スタイル]から[11-QRコード]を選択します。[データの確認]は、誤り訂正レベルですので任意で選択してください。[OK]ボタンをクリックします。
スタイルの変更

下のようになります。
QRコードの完成

印刷プレビューで確認

[表示]から[印刷プレビュー]をクリックして確認してみます。
印刷プレビューボタン

このまま印刷して読み取れるかどうか試してみてください。QRコードをスマホのアプリで読み取るとちゃんと読み取ることができました。
作成したレポートは名前を付けて保存することもお忘れなく。
印刷プレビュー

バーコードやQRコードをラベル印刷すると、物販と同じように使えるのかもしれませんが、安易に考えるは止したほうが良いかもしれません。様々なパターンでテストされることをお勧めします。
バーコードコントロールがサポートするスタイル一覧は、Microsoftのページを参照してください。
Access でバーコードを使用する - Office のサポート

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

作成済みマクロへのショートカットキーの割り当て

Wordでマクロを作成した後、そのマクロにショートカットキーを割り当てる方法です。 マクロの記録方法については、Wordの記録マクロを参照さ ...

Windows10で顔文字を使うには

Windows10で顔文字を入力する方法です。標準でかなりの顔文字が入っていますので、ぜひお試しください。 WordやExcel、Outlo ...

グラフの代替テキストの設定

Excelで作成したグラフに代替テキストを設定する方法です。 代替テキストとは何?と言う方は、代替テキストからお読みください。 グラフエリア ...

既定のフォントが游ゴシックに

Excel2016では、既定のフォントが「游ゴシック」になっています。Excel2013までは、「MSPゴシック」だったのですが。 游ゴシッ ...

折れ線グラフの種類と積み上げ折れ線グラフについて

Excelには、多くのグラフの種類があります。用途や目的に合わせてグラフを選択することができます。以下は、Microsoftのページです。 ...

-Windows10 & Office2016 Access2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.