Google検索

Windows10 & Office2016 Access2016

リンクテーブルマネージャーに【Excelにエクスポート】ボタン

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Access2016では、リンクテーブルマネージャーに[Excelにエクスポート]ボタンが追加されています。

Access2016のリンクテーブルマネージャー

下は、Access2013のリンクテーブルマネージャーです。

Access2013のリンクテーブルマネージャー

リンクテーブルマネージャーの表示

リンクテーブルマネージャーを表示するには、[外部データ]タブの[インポートとリンク]グループにある[リンクテーブルマネージャー]をクリックします。

あるいは、テーブルで右クリックしてショートカットメニューから[リンクテーブルマネージャー]をクリックします。

テーブルのショートカットメニュー

Excelにエクスポート

リンクテーブルを全て選択して、[Excelにエクスポート]ボタンをクリックしてみます。

名前を付けて保存ダイアログボックスが表示されますので、任意の名前を付けて保存すると、自動的にExcelが起動します。

リンクテーブルマネージャーのリスト一覧が表示されます。

エクスポートされたリスト一覧

しかし、リンクテーブルマネージャーは3つあるのに、リストには2つしかありません???

リストとして、出力できなかったリンクテーブルだけ、チェックをオンにしてエクスポートすると、ちゃんとエクスポートできました。

エクスポートされたリスト一覧

複雑なデータベースの場合は、かなり役立つと思います。

参考以下は、リンクテーブルマネージャーに関する記事です。

リンクテーブルの作成

Accessでは、テーブルを他のデータベースからリンクして使用することができます。 リンク先のデータが更新されると、元データも更新されます。 ...

続きを見る

リンクテーブルのリンク先変更

Accessのテーブルで下のようにアイコンの左側に矢印がついていれば、これはリンクテーブルです。 メッセージの表示 このリンクテーブルを開こ ...

続きを見る

データベースをテーブルとその他のファイルに分割

Accessで作成したデータベースをテーブルとその他のファイルに分割する方法です。 データベース分割ツールを使って簡単に作成できます。 複数 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Access2016

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.